当院について
当院について 当院へご来院の皆さまへ
homeトップページ > 当院について > 市民公開講座、患者会等の活動

市民公開講座、患者会等の活動

当院が開催・運営している市民公開講座や患者会等の活動をご紹介します。
開催日等は、トップページの「院内行事・研修会のご案内」をご参照いただくか、当院広報室までお問い合わせください。

01市民公開イベント

名称 対象 開催日 目的
地域がん診療拠点病院
市民公開講座
地域住民
2月
がん等をテーマとした講演を開催し、緩和ケアやがん教育をはじめとするがんに関する普及啓発を行っています。
看護の日記念行事 地域住民
5月
地域住民を対象に、「看護の日」の由来や当院の役割を理解していただき、疾病予防や健康の保持増進について考えていただいています。
講演のほか、看護師による測定(血圧測定、体脂肪測定、超音波骨評価)、栄養士による栄養相談、薬剤師による服薬相談、看護師による看護相談、在宅介護支援指導員による介護相談も行います。
生活習慣病予防フェア 地域住民
年1回
生活習慣病に対する知識を深め、健康への意識を高めていただくことを目指しています。
糖尿病フェスティバル 地域住民
11月
糖尿病に関する展示や体験、講演会を開催。糖尿病やメタボリックシンドロームに興味のある方はどなたでも参加できます。

<他院との共催企画>
名称 対象 開催日 目的
わが街健康プロジェクト。講演会 地域住民
2月
5月
8月
11月
「病院それぞれが役割を担い連携していることを、知っていただきたい…」という願いのもと、急性期といわれる患者さんにとって厳しい時期の治療を担う病院、そこから少し病状が落ち着いて回復に向かう時期を担う病院、療養期間を支える病院、かかりつけ医など、さまざまな役割の医療機関が一緒になって取り組んでいます。講演会では地域医療連携と健康を絡めた講演2題を聴講いただくほか、講演会前に開催する健やかブース(体脂肪・骨密度・血圧・血糖値測定、介護相談、お薬相談、栄養相談、健康相談、脳トレなど)が人気です。


02患者会

名称 対象 開催日 目的
どんぐりの会 当院NICUに入院した極低体重児で、退院後リハビリ的にフォローを要しない歩行可能な2歳児
隔月:土曜・1年間継続
集団の中で遊びを通し、お子さんの社会性や集中力を養い、知的および運動機能の発達を促します。育児相談も行っています。各専門職(医師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士など)からの講義、親子で工作や手遊び、誕生日会を企画しています。
赤ちゃん同窓会 当院で出産し、実施月に3か月を迎えた乳児とその母親・家族(20~30組) 第4土曜日 当院で生まれた赤ちゃんとそのご家族を招待して、情報交換の場の提供しています。赤ちゃんの発育についての知識を提供し今後の育児の参考にしていただいています。
在宅子どもの会 在宅へ移行予定および在宅療養中の人工呼吸器を装着している患者さんとご家族 年1回(夏休みの土曜日) 情報交換・遊びの場の提供等を行っています。
がんサロン
のぞみ会
当院のがん患者さん
偶数月:第3木曜日
当院のがん患者さんとご家族がお話をする場です。 精神的支援や相談、サポート、交流の場の提供のほか、医師や看護師、薬剤師、MSWなどによるミニレクチャーも行っています。
胃術後患者交流会
いーふれんず
当院の胃がん切除患者さん
年3回
当院の胃がん切除患者さんの交流の場です。患者さんによる闘病体験の発表、医師や看護師、薬剤師による療養法のミニ解説も。
乳がんサロン
なでしこ
当院の乳がん患者さん
奇数月:第3土曜日
当院の乳がん患者さんとご家族がお話をする場です。医師や看護師、薬剤師、MSWなどによるミニレクチャーも行っています。
血液内科患者交流会
二人三脚
血液疾患で外来通院中の患者さん、移植前後の患者さん、ご家族の方
年4回
自由に仲間をつくり、情報交換ができるような交流の場を企画することで闘病を支援しています。医療スタッフが参加し患者・家族の生の声を聞くことで医療者が身近な存在であることを感じてもらえ、相談しやすい存在となることを目指しています。
むつみ会 当院の糖尿病患者さん
奇数月:第3木曜日
糖尿病の治療および予防に関する正しい知識の向上・普及・啓蒙・実践をはかり、会員相互の親睦および健康・福祉の増進を目指しています。


03患者さん向け教室

名称 対象 開催日 目的
肝臓病教室 当院の肝臓病患者さん・肝臓に興味をもつ地域住民のみなさま
一般参加可能
年5回 院内多職種による講演会を定例的に開催し、最新知識の普及と相互の交流を図っています。
糖尿病教室 当院の糖尿病患者さん・ご家族 毎週水曜日 看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、糖尿病内科医師が、交替で各講義を担当。毎回4人の糖尿病療養指導士も加わり、療養のご相談をお受けします。
腎臓病教室 透析導入前の慢性腎臓病患者さん 偶数月第3土曜 病状や治療法の説明、腎臓病が進行した際の対策についての情報提供を行っています。
透析教室 透析患者さん 1~2月に1回 透析患者さんの自己管理能力向上を目指し、医師・看護婦・栄養士・薬剤師がそれぞれテーマを決めて指導します。
母親教室 当院の産科受診の妊婦 土曜日
午後

初期:第1土曜日
中期:第2土曜日
後期:第3土曜日
妊娠中、楽しい生活を送り、元気のよい赤ちゃんを産み育てるための講座を行っています(妊娠中のすごし方、妊婦・分娩の経過について、妊婦体操、沐浴の説明)。妊娠に関する知識を提供し自立的に生活する支援をします。
両親学級 当院の産科受診または分娩予約の妊婦と夫 水曜日夜
中期:第1水曜日
後期:第2水曜日
夫婦そろってよりよいお産を体験していただき、ご主人にも正しい知識をもってもらうための講座を行っています。
患者・家族対象の救急蘇生講習会 蘇生を受けたことのある患者さんや急変が予想される患者さん・ご家族 2か月に1回 循環器内科医師2~3名、心臓病センター看護師3~4名による、蘇生の体験を行っています。

04医療職向け

名称 対象 開催日 目的
西部循環器プライマリーケアの集い 医師・一般
毎月第4月曜日
「地域のカンファレンス」と位置づけ、当院循環器内科と地域の医療機関との連携深化を目指す会。常の診療方針の再確認の場としても、また新しい診療方法に対する「地域としての取り組み方」を検証して行く場として、継続しています。
心不全地域医療連携の会 医師・一般
月1回
心不全地域医療連携の会は、平成20年7月から周辺の先生方と連携して今後さらに増加してくることが予想される心不全患者のトータルケアを継続して行い、心不全患者のQOLを改善することを目的としています。医師とコメディカルの方々が参加して症例検討、心不全の勉強会、施設紹介などを行っています。
倉敷ERnet 医師・一般
年2回
一人の重症外傷患者さんに焦点をあて、かかわった機関・病院などがそれぞれの立場から発表し、経過や情報を共有します。2014年6月に第1回を開催し、毎回院内外から多くの参加を得ています。
地域がん診療拠点病院
医療従事者研修会
医師
年2回
院内外のがん医療に携わる医師等を対象とした早期診断、副作用対応を含めた放射線治療・化学療法の推進に関する研修を毎年開催しています。
岡山県緩和ケア研修会 岡山県内のがん診療に携わるすべての医師
年1回
本研修会は、「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会の開催指針」(平成20年4月1日健発0401016号)に基づき実施するものです。全日程の修了者には後日、研修会主催責任者と厚生労働省健康局長両名の記名捺印された「修了証」を交付いたします。
倉敷緩和ケアセミナー 医師、看護師、薬剤師、その他緩和ケアに興味のある方、ならびに医学生、看護学生
年2回
外部講師をお招きし、緩和ケア等に関する研修会を開催、ご参加いただく皆様とともに緩和ケアに関する幅広い話題を共有しています。
新生児蘇生法講習会 周産期医療に携わる医療者
年2回
国際蘇生連絡委員会(ILCOR)のConsensus 2005を受けて日本救急医療財団・日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会が作成した、日本版救急蘇生ガイドラインに基づくもの。
標準的な新生児蘇生法の理論と技術に習熟することにより、児の救命と重篤な障害の回避が期待されます。講習会受講後、試験に合格し所定の手続きを経て「新生児蘇生法修了認定」の資格を得ることができます。

05その他(職員派遣、ボランティアなど)

名称 対象 開催日 目的
倉敷ひまわり号 職員派遣・
ボランティア
年1回(毎年5月、4週目の日曜日) 列車に乗って旅をする機会の少ない障がいのある方とボランティアが一緒になって旅を楽しみます。医師 1人、看護師 2人ほかボランティアで臨床検査技師、事務部職員等10人程度が参加しています。
患者家族交流会 職員派遣 年1回 難病患者と家族の療養生活の質の向上を図っています。
倉敷東学区社会福祉協議会福祉講演会 職員派遣 年2回 地域住民が「看護」「介護」について理解をふかめていただくことを目的としています。
天寿会 包括支援センターから4人、訪問看護師1人が講師として参加しています。
歩いて学ぶ糖尿病
~おかやま後楽園ウォークラリー
職員派遣 年1回(4月中旬) 歩く楽しさを学びながら、糖尿病患者および患者家族と医療チームの交流を図るもので、岡山県ウォークラリー大会実行委員会、日本糖尿病協会岡山県支部等が運営。糖尿病内科と内分泌代謝科の医師、看護師、栄養師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士の有志3~7人を派遣しています。
自己血糖測定の会 職員派遣 年1回 糖尿病患者の自己管理能力を高めるための啓発活動で、NPO岡山生活習慣病啓発機構、三和化学研究所が運営。糖尿病内科医師、看護師、管理栄養士の有志 1~2人
全体で6~8人を派遣しています
「乳がんから女性をまもろう」乳がん検診無料体験・公開講座 職員派遣 年1回 乳がん検診の受診率向上を目指し、当院を含む県内医療機関および公益社団法人 岡山県診療放射線技師会が運営しているもの。診療放射線技師、当院以外の開催においても毎年5名程派遣しています。
倉敷市中心市街地活性化協議会 職員派遣 年3~4回 倉敷市、倉敷商工会議所が運営、空洞化した倉敷市中心市街地の活性化を検討する会。職員を1名程度派遣しています。
倉敷市防火協会 職員派遣 年4回程度 危険物を扱う企業、不特定多数の人々が集まる施設等で火災による災害を減少させるため、活動を行っているもの。職員を1名程度派遣しています。
岡山県消防設備協会
消防用設備等点検済表示管理委員会
職員派遣 年1回 消防設備の適正な維持管理を推進を目的としたもの。職員を1名程度派遣しています。
献血への協力 職員派遣・会場提供 年2回
※夏季2日間、冬季2日
問診担当として医師2人(2日で)派遣。会場は当院敷地を提供しています。 
職場体験(チャレンジワーク14)受け入れ 職員派遣 中学2年生の職場体験を看護部門、薬剤部門、医療技術部門等で受け入れています。
KAPPAの会(倉敷アルコール懇話会) アルコール関連問題にかかわる関係者および市民 第2金曜日 倉敷自立支援協議会が運営。アルコール関連問題にかかわる関係者および市民の相互学習の場として、事例検討や研修会を行っています。医療福祉相談室からMSWが参加しています。
ページの先頭へ