当院について
当院について 当院へご来院の皆さまへ
homeトップページ > 当院について > 「患者さんの権利」と「患者さんへのお願い」

「患者さんの権利」と「患者さんへのお願い」

私たち倉敷中央病院職員は、創立者 大原孫三郎の精神をより生かし、高め、患者本位の医療を実践するためには、患者のみなさまの基本的な権利を明確にすることが重要であるとの認識の基に、現代において、当院としてふさわしいと考える「患者さんの権利」と「患者さんへのお願い」を定めました。

全職員が日々努力し、到達すべき実施目標として、「患者さんの権利」を守ってまいります。

「患者さんの権利」

01個人の尊厳

ひとりの人間として、その人格、価値観などを尊重されます。


02平等で最良の医療を受ける権利

当院で達成可能な最良の医療を誰もが平等に受ける権利があります。


03インフォームド・コンセントと自己決定権

医療の内容、治療・検査などの効果・危険性、他の治療法などについて、わかりやすい言葉や方法で説明を受け、医療の内容を十分理解し、同意した上で、適切な医療を選択し、受ける権利があります。同意できない場合は、医療を受けることを拒否することもできます。
医療行為の選択にあたっては、当院の治療方針について、他の医療機関の意見(セカンドオピニオン)を聞くことができます。
研究途上にある試験的治療を勧められる場合には、治療の内容、予想される危険性、従来の治療方法との違いなどについて、十分な説明を受け、ご自身で決定することができます。


04診療情報の提供を受ける権利

当院で行われたご自身の診療に関する情報の開示を求める権利があります。


05プライバシーの保護と秘密保持の権利

病院内での自分のプライバシーを守る権利があります。
また、医療の過程で得られた個人情報は、個人の秘密として厳正に保護され、承諾なしには開示されない権利があります。


「患者さんへのお願い」

上記宣言達成にむけて、私たちが、良質で安全かつ効率的な医療の提供を実践するために、次のことをお願いいたします。

  1. ご自身の健康に関する正しい情報の提供
  2. ご自身の医療への積極的な参加
  3. ご自身の治療に必要な診療上のルールの遵守
  4. 他の患者の皆さまの診療に支障をきたさないためのご協力
  5. 研修医による診療へのご理解とご協力
  6. 医学生、看護学生などの研修・実習・見学へのご理解とご協力
    学生の参加にご賛同いただけない場合は、職員までお申し出ください。


平成14年6月2日制定
平成19年8月1日改定
平成24年9月10日改訂
平成29年5月19日改定

ページの先頭へ