医療従事者の方へ
採用情報 診療科・各部門の紹介 当院の取り組み
homeトップページ > 医療従事者の方へ > 整形外科 人工関節センターのご紹介

整形外科 人工関節センターのご紹介

01概要


センター主任部長
塩出 速雄

股関節や膝関節の痛みのため立ち上がりや階段の上り下りなどがしにくくなってくることがあります。関節の加齢により軟骨や骨の摩耗をおこしてこのような症状になることが多く、変形性股関節症や変形性膝関節症の患者数は人口の高齢化により増加しています。このような変形性関節症のほか外傷性関節症、関節リウマチ、骨壊死などによる下肢関節障害では、人工関節置換術を行うことにより歩行が容易になって日常生活動作が大幅に改善します。

以前は、人工関節自体の耐久性や骨の中でのゆるみの問題などにより10〜20年で再手術を要する可能性があるため、60歳以上が手術対象となっていました。しかし近年は、生活の質などの価値観の変化や人工関節の改良もあり、50歳以下で手術をすることも増えてきています。また併存症のある患者でも各科との連携で手術可能となることも多くなり、90歳代で人工関節置換術を行うこともあります。当科では平成11年の人工股関節置換術46件、人工膝関節置換術55件だったのが、平成21年はそれぞれ107件、148件と2倍以上に増加しています。このような症例数の増加に対し、より専門的に充実した医療を行う目的で、平成22年4月、人工関節センターが開設されました。

平成27年の人工股関節置換術は116件、人工膝関節置換術は110件です。

対象疾患

股関節:
   変形性股関節症、外傷性股関節症、急速破壊型股関節症、大腿骨頭壊死、関節リウマチなど
膝関節:
   変形性膝関節症、外傷性膝関節症、大腿骨顆部骨壊死、関節リウマチなど

診療圏

おもに岡山県西部を中心にしていますが、兵庫県から広島県、山陰から四国にまで及んでいます。



02診療内容

股関節は塩出速雄が、膝関節は村上弘が担当します。まず、外来で手術適応と認められれば、術前検査を行い、検査結果や併存症などをチェックしたのち、入院日、手術日を決定し、入院までにリハビリ受診、必要なら自己血貯血などを行います。当院では心疾患、腎疾患、糖尿病など併存症がある場合でも、各専門科でチェックした上で手術可能とされれば手術を行っています。手術は低侵襲手術を基本とし、手術翌々日から起立開始、一般的な人工関節置換術であれば術後約3週間で退院となります。

股関節は3次元術前計画ソフトウェアを用いて術前計画を行い、当科で開発した骨盤ガイド計を使用することで人工関節の設置、脚長に正確を期すようにしています。主にセメントを使用しないセメントレスの人工関節を用いていますが、高齢、関節リウマチ、骨粗鬆症など骨質が不良の場合はセメント固定を行います。膝関節ではセメント使用の人工関節を用いています。また、膝関節では神経ブロックを併用して術後の痛みの軽減につとめ、早期可動域訓練を行っています。

一般的には人工関節置換術を行えば術前の痛みは軽減して短期的な効果が出ますが、問題はこの状態が長期的に維持できるかどうかということです。長期的に摩耗、ゆるみ、破損、脱臼、感染などの問題がなく経過するためには、手術機種選択を含めた計画、手術手技、周術期の管理、後療法などが重要で、経験を持ったスタッフが専門的にチーム医療を行う必要があります。人工関節センターとして対応することで、今後さらに長期成績の向上を目指したいと思います。


03その他

施設認定

  • 日本整形外科学会専門医制度研修施設
  • 日本手外科学会認定研修施設

ページの先頭へ