医療従事者の方へ
採用情報 診療科・各部門の紹介 当院の取り組み
homeトップページ > 医療従事者の方へ > 救命救急センターのご紹介

救命救急センターのご紹介

 医師の紹介へ

2013年4月 岡山県5番目の救命救急センターとして認可されました。

救命救急センターとは:重症及び複数の診療科領域にわたるすべての重篤な救急患者を24時間体制で受け入れる三次救急医療施設のことです。岡山県南西部では日本でも最も歴史のある救命救急センターである川崎医科大学附属病院があります。川崎医科大学は、広範囲熱傷などのさらに特殊な患者にまで対応できる高度救命救急センターとして認可されています。

01概要


センター長
福岡 敏雄

倉敷中央病院救命救急センターでは、外来に24時間体制で医師・看護師・事務職員を配置し、救急搬送と時間外受診に対応し、当院各診療科・診療部門との協力の下、いつでもみなさまに安全で有効で満足の得られる医療が受けられることを目指しています。また、救命救急センターには救急用の病棟とICUが併設されており、より迅速な対応が可能な体制になっています。救急ICUには24時間体制で救急専従医が常駐しており、複雑で重篤な病態にも迅速に対応することができます。

また、当院の全診療科の協力を得て、軽症から重症までのすべての救急患者に、24時間365日安全で最適な医療を提供することを理念としています。

■当センター受診希望の方は
   → 救命救急センターへ時間外に受診される患者さんへ
■当センター紹介希望の医療機関の方は
   → ご紹介いただく医療機関のみなさまへ

受入数などは、以下の「 診療内容について 」の項目をご覧ください。

救急隊との連携も進み、救急現場への直接指示が可能なホットラインによるメディカルコントロール体制を整備しつつあります。また、近隣救急隊と合同の救急事例検討会も開催しております。自然災害時や多重傷病者発生時には災害拠点病院として、災害医療の要としての働きを担っています。
さらに、医療系学生、研修医、消防隊員、救急救命士など、各種医療職・関連職の教育研修の場としても活用されています。

救命救急センターへ時間外に受診される患者さんへ

倉敷中央病院救命救急センター外来では、24時間体制で医師が常駐しており、救急車の搬送や時間外受診に対応しています。
当院では、はじめて受診される方や予約外で受診される方は、平日の午前8時10分から午前11時まで(土曜日は午前10時30分まで)が受付時間となっています。この時間内の場合には原則として一般の外来での診察となります。
一部診療科では、他医療機関からの紹介患者さんのみの受付となっております。詳しくは、各診療科の受診案内を御確認ください。
救命救急センターでは、まず救急担当医・当番医が診察をする場合が多くあります。必要に応じてその他の診療科の医師に連絡をし、診察・治療に協力する体制を取っています。

救命救急センターに受診いただく場合、以下のことにご留意ください。

1)迅速な対応が必要な他の患者さんへの対応などで、お待ちいただく場合があります。
2)急性期の症状への対応が主となりますので、投薬日数は制限されます。
3)診断書などの公的な書類は、原則として次回一般外来受診時に発行いたします。
4)他の患者さんの緊急手術や緊急対応などで一時的に受け入れられないことがあります。

詳しくは、受診時にご確認ください。なお、救急外来では診療予約は受けておりません。

当院は病院を挙げて、あらゆる状況で最高の医療が提供できますように努力しております。しかしながら、時間外、特に夜間はどうしても人手が少なく可能な検査・処置も制限されます。かかりつけの方は、普段から健康状態にご留意いただいて、できるだけ平日の受付時間内に通常の診察を受けられるようにされることをおすすめします。

倉敷中央病院救命救急センター外来では、全診療科が救急診療に取り組み、17名の医師が夜間帯も診療に対応する体制をとっております。しかし、病棟での重症患者さんの処置・緊急手術などの場合、救命救急センターでの診療をお待たせしたり、あるいは対応不能でお断りしなければならない場合もあります。救急外来担当医師による初期診察の上、経過観察をしていただくか他院をご紹介することもあります。事前にお問い合わせいただけますと、その時点における診療体制が確認できます。ただ、ごくまれに状況に急激な変化がある場合があります。


救命救急センター外来にご紹介いただく医療機関のみなさまへ

いつもご紹介いただきありがとうございます。2013年度は5,603人の患者さんを救命救急センターにご紹介をいただきました。
救命救急センターにご紹介いただく場合には、救命救急センターに御一報ください。緊急で当院の受診が必要と思われる患者さんをご紹介の折には、診療時間外であっても救命救急センターに一報を入れていただけると幸いです。
また、それまでの経過や診察などで疑わしい疾患がある場合には、ぜひ疑わしい疾患名をお知らせください。担当する診療科への引継ぎが早くなりスムーズに診療を進めることができます。また、受入に際してもその時点での担当診療科の状況なども踏まえて迅速な対応ができます。紹介状とともに電話連絡をよろしくお願いします。


救命救急センターの目標

受診患者さんが、安全に適切な医療を受けられるように、まず初期対応と適切な振り分けを行うことを目標にしています。その上で、それぞれの患者さんにあった診療を行います。このようなチームの一員となる医療人を育てることも重要な目標です。
この目標を目指して、以下のような体制がとられています。
現在、救命救急センター外来には24時間体制で救急科・総合診療科の救急専従医師が常駐しています。夜間外来は当番医・当直医による対応になります。担当診療科が明確な場合には最初から専門診療科の対応となる場合があります。初期対応は当院の研修病院としての役割上、研修医が行う場合があります。その場合には必ず上級医が診療内容をチェックしています。救急ICUには救急専従医が常駐しており、複雑で重篤な病態の救急患者の診療にあたっています。さらに各専門診療科による24時間のバックアップ体制により専門的治療が速やかに行われるような体制が整備されています。
毎朝、救命救急センターではスタッフによる来院患者の振り返りやカンファレンスを行い、救命救急センターでの医療の質の向上および診療システムの改善に努めています。


救命救急センタースタッフについて

前身の救急医療センターは、この地域の医療需要に応えるべく、当院各診療科の協力のもとに診療体制を充実してきました。2006年に専従医を配置し、その後、さらに組織的な充実を図ってきました。看護スタッフは経験豊富な者が多く、事務スタッフはさまざまに移り変わる状況に対応できる者が交代で勤務にあたっています。
現在では、救命救急センター救急専従医の増員は進み、救急科と総合診療科に救急科専門医取得済みの医師は9名(2014年4月)になり、救急科専門医などを目指す若手が研修を続けています。今後も、日々の努力と精進を重ね、救命救急センターにふさわしい体制とスタッフを整えていきたいと思っています。

救命救急センターのご紹介

救命救急センターの設備には安全性・効率性を実現するためのさまざまな工夫が行われています。受診患者はトレーニングを受けた看護師により治療の優先順位を付けるトリアージが行われています。2千平方メートルの広い施設を患者さんの重症度によってゾーン分けし、それぞれに必要とされる医療をスムーズに行えるようにしました。また、同じ棟の2階には手術センター、4階には救急用ICUと病棟が設備されており、1階の救命救急センターからエレベーターで速やかに患者さんを搬送、適切な医療を提供できるようになっています。


2.救急診察室裏(一般救急受診の患者さん用)

1.救急待合(一般救急受診の患者さん用)


4.救急処置室(救急車搬送・重症の患者さん用)

3.救急観察室(救急車搬送・重症の患者さん用)


6.救急CT操作室

5.救急CT


8.救急車車寄せ

7.救急車入口(南玄関東側)


10.救急病棟個室

9.救急ICU



02診療内容について

診療圏

主として倉敷市・総社市など岡山県南西部を中心に、新見市や県北、広島県の東部や香川県を含め他県からの来院も珍しくありません。また、当院の病棟屋上にヘリポートがあり、遠隔地からのヘリ搬送も可能です。

診療実績(過去10年間)

受診患者数・紹介患者数

過去1 0 年間を振り返ると、受診患者数は2007年、2008年に7万人を超えていました。
その後徐々に減少傾向です。

  06年 07年 08年 09年 10年 11年 12年 13年
(年度)
14年
(年度)
15年
(年度)
受診患者数
68,711
71,704
66,142
70,981
66,662
66,820
63,659
64,249
63,887
65,632
紹介患者数
5,571
5,806
5,862
6,036
6,306
6,179
5,755
5,603
5,687
5,907

救急搬送数

救急搬送数は1 0 年間増加してきており、2013年の救命センター化以降、増加は顕著になりました。

  06年 07年 08年 09年 10年 11年 12年 13年
(年度)
14年
(年度)
15年
(年度)
救急車台数
6,967
7,288
7,241
7,782
8,039
7,978
7,978
8,723
9,411
9,474

院外心停止受入数

院外心停止患者の受入は、2008年から100名を超えさらに増加傾向です。

  06年 07年 08年 09年 10年 11年 12年 13年
(年度)
14年
(年度)
15年
(年度)
CPA
77
83
76
108
115
103
126
115
155
159

緊急処置数

手術件数や蘇生処置(緊急気管挿管など)が急増しています。緊急カテーテル検査も増加してきています。重症患者の受け入れが増加している結果だと思われます。

  06年 07年 08年 09年 10年 11年 12年 13年
(年度)
14年
(年度)
15年
(年度)
手 術
292
345
351
365
433
446
456
466
578
669
内視鏡
303
354
369
389
370
416
378
452
461
444
カ テ
616
564
489
593
539
591
544
587
578
674
蘇生処置
140
165
140
153
189
187
186
190
237
387

※:2013年からの集計は、事業年の変更に合わせて4月〜翌年3月末の年度集計に変更しました。

 

救急統計 2015年度


03その他

施設認定

  • 救急告示病院
  • 救命救急センター
  • 日本救急医学会救急科専門医指定施設
  • 災害拠点病院(地域災害医療センター)

カンファレンスのご案内

救急研修セミナー

院内救急研修セミナーを年2回開催しています。これは主として救急診療に携わる医師を対象に実施していますが、聴講は院外にも広く開放しており、看護師や検査技師に加えて、院外から多くの救急救命士にも聴講していただいています。講師は全国から広く募っています。

倉敷ERnet

2014年度から、重症外傷患者さんの医療連携をテーマに定期的な講演会・カンファレンスを開催しています。


ページの先頭へ