医療従事者の方へ
採用情報 診療科・各部門の紹介 当院の取り組み
homeトップページ > 医療従事者の方へ > 小児科のご紹介

小児科のご紹介

 医師の紹介へ   診察予定表へ

01概要


主任部長   脇 研自

小児科は当院創立(1923年(大正12年)6月2日)と同時に開設。「心臓」、「腎臓」、「早産児・新生児」、「小児血液・がん」を中心に、「神経」、「代謝・内分泌」、「喘息・アレルギー」、「心身症」の各分野の診療を行っています。救命救急センターでの小児救急は総合周産期母子医療センター集中医療センターとも連携し、1次から集中治療の必要な3次救急にも24時間小児科医が対応できる体制をとっています。救急車による救急搬送も行っています。ヘリコプターでの救急搬送も受け入れており、これまでに広島や鳥取からの搬送がありました。また、夜間の診療に近隣の開業の先生方の援助を受けて、診療・教育が行われているのも特徴です。

診療圏は、東は姫路、西は尾道、北は津山・新見、さらには島根、鳥取などに及びます。2000年(平成12年)には厚生労働省の重要施策の一つである総合周産期母子医療センターの指定を受け、岡山県西部地区の新生児医療の中核となっています。一方、長期入院の患児の学習面をサポートするために、倉敷市教育委員会のご支援を得て、小学校および中学校の院内学級を併設しています。


小児科の目標

目標(1) 専門性の向上を目指します。

多くの子どもたちのご家族や周りの医療関係の方々が安心できるよう、「心臓」、「腎臓」、「早産児・新生児」、「血液・腫瘍」、「神経」、「代謝・内分泌」、「喘息・アレルギー」、「心身症」など、各分野において専門的、集中的な医療が提供できるようにします。また、臨床に関連した研究を進め、情報の発信を行います。

目標(2) 地域連携を目指します。

診療の機能分担に合わせて、"病診連携"を、診療のさらなる専門化・高度化に合わせて"病々連携"を進めていきます。

目標(3) 予防接種、乳幼児健診など、子どもの健康管理に積極的に取り組みます。

目標(4) 救急医療をさらに充実し、24時間365日対応できる体制を維持します。

目標(5) 研修制度を充実させ、良い小児科医の育成を図ります。


02診療内容

平成27年度の救急受診者数は延べ15,313名でした。感染症、喘息、痙攣性疾患などあらゆる疾患に対応できる体制としています。また、集中医療センターとも連携して、集中治療の必要な痙攣重積、喘息や乳児のRSウイルス感染症などによる重症呼吸不全など、小児の3次救急疾患にも対応しています。平成27年の小児科病棟の入院患者数は延べ1,655名(NICUを含まず)でした。


平成27年 小児病棟入院の概略(NICUを含まず)

主な疾患別入院 感染症の内訳
  件数 頻度
感染症
466
28.2
喘息
205
12.4
循環器
154
9.3
呼吸器
151
9.1
神経
149
9.0
川崎病
110
6.6
消化器
110
6.6
内分泌・代謝
70
4.2
腎臓・泌尿器
51
3.1
血液・腫瘍
43
2.6
アレルギー
29
1.8
膠原病
6
0.4
その他
111
6.7
合計
1,655
100.0
  件数 頻度
呼吸器
340
73.0
下気道
283
60.7
上気道
57
12.2
腎・泌尿器
39
8.4
消化器
27
5.8
神経
16
3.4
運動器
9
1.9
皮膚
3
0.6
循環器
0
0.0
内分泌・代謝
0
0.0
その他
32
6.9
合計
466
100.0

心疾患

心臓カテーテル検査の入院が、年間150件くらい。術前・術後、心不全、呼吸器感染などの合併症での入院も多いです。バルーンカテーテルによる血管拡張術・弁形成術やコイル塞栓術、最近はステント留置術、不整脈に対するカテーテル治療なども行っています。不整脈治療に必要な不整脈診断機(カルトシステム、EnSiteマッピングシステム)を導入しています。また、2012年より、心房中隔欠損と動脈管開存に対するカテーテル閉鎖術の施設認定を受け治療にあたっています。川崎病の心合併症については、病初期からの心エコー検査で評価を行い予防に努めます。NICUの充実で新生児・低出生体重児の心疾患も多く、術前・術後管理や、新生児の肺動脈弁閉鎖(狭窄)に対するバルーン拡大術、動脈管や垂直静脈へのステント留置などのカテーテル治療も積極的に行っています。また重症例は心臓カテーテルなしで手術を行っています。128列CT(dual source)も随時行い、また心臓MRI検査も行っています。心疾患の外来患者は年間400名を超え、紹介率は40%を超えています。火曜日の午前・午後および水曜日、金曜日に専門医が外来を受け持っています。

腎疾患

小児腎臓病全般の診療を行い、入院はネフローゼ症候群、急性ないし慢性腎炎、末期腎不全、膠原病などが主体です。1973年(昭和48年)1月に中四国地方では最も早く腎生検を導入し、2004年2月に600例となりました。現在は超音波ガイド下の腎生検を行っています。病理検査部門の充実のおかげで電顕を含めた検討が1週間で可能です。腎疾患の新患は年間200例程度で、約半数が周辺の医療機関からご紹介いただいており、その1割前後について入院検査・治療を行っています。IgA腎症のカクテル療法、自宅での腹膜透析療法にも積極的に取り組んでいます。学会・研究会での発表は年間5~10件を維持しています。腎臓内科の協力を得て、日本腎臓病学会の研修指定病院でもあります。月・木曜日の午後に専門外来を設けています。

総合周産期母子医療センター 未熟児新生児治療室・NICU

当院の特筆すべき施設の一つですが、新生児人工心肺補助装置技術の導入により、さらに重症児救命率の向上を図っています。詳細は総合周産期母子医療センターNICUの紹介をご参照ください。

血液疾患・悪性腫瘍

日本小児がん研究グループ(JCCG)日本小児白血病リンパ腫研究会(JPLSG)日本小児白血病研究会(JACLS)の参加施設として、最良の治療成果を届けるべく、小児白血病や脳腫瘍、神経芽腫などの小児がん、溶血性貧血、血小板減少症そして凝固異常症まで幅広く対応しています。広島大学、岡山大学、京都大学と連携して、造血幹細胞移植なども積極的に行っており、良好な成績が得られています。木曜日の午後に専門外来を設けています。地域の子どもたちとそのご家族を、地域の病院でより質高く安全に診させていただけるよう、力を注いでおります。※2017年春には日本小児血液がん専門医研修施設となります。

ICU入室者

小児科担当医チームを中心として、新生児・小児循環器専門医の助力、さらには麻酔科を筆頭に院内各科の協力を得て高度の集学的治療を行っています。
2009年秋の新型インフルエンザ入院100名のうち10名がICUに入室、半数が紹介症例でした。それ以前には年間50〜70名が入室していました。同時に1〜5名が在室しており、小児がICUにいないのは年間2割弱でした。過去3年間の基礎疾患がない児のICU死亡率は9%でした。ICU入院の8割は重症のため他院から紹介搬送された症例でした。

救急

救急外来受診者6.6万人/年のうち小児科受診者が1.5万人を占め、年間入院数の約6割にあたる967人が救急外来から入院しています。
2009年秋の新型インフルエンザの流行時には、地域の医療機関と連携して、集中治療を要する重症者の受け入れを担当しました。この時には、ふだん1〜2名で行う救急外来診療を4〜5名で行ったこともありました。
30年以上前から続く地域の小児科医を中心とした勉強会で顔の見える関係ができていますので、例えば喘息のお子さんであれば、退院時にかかりつけ医へ入院中の治療経過をお伝えし、「普段の長期管理薬の調整や感冒の手当はかかりつけ医で、調子が悪い時には当院で」という2本立ての受診を勧めることができています。
また、地域の小児科専門医の先生方には、救急外来での時間外診療への参加に加えて、書記係の初期研修医の教育も行っていただいています。

内分泌・代謝疾患

低身長、甲状腺・副腎・性腺疾患、糖尿病(主に1型)などの検査・治療を行っており、救命救急センターや新生児集中治療管理室では緊急性の高い代謝疾患にも対応しております。毎週木曜日に専門外来を開いております。毎月第3火曜日は川崎医科大学の松田純子教授をお迎えし、先天性代謝疾患を中心に診療しています。

神経発達

入院では熱性痙攣、痙攣重積、急性脳炎・脳症などの急性疾患の治療を、外来ではてんかんなどの診療を行っています。検査では脳波検査や頭部MRI、頭部CT検査を行っています。発達遅滞についてはリハビリテーション科と連携し、フォローしています。

喘息・アレルギー

入院では気管支喘息発作や重症のアトピー性皮膚炎の治療、食物アレルギーの緊急時対応などを行っています。外来では気管支喘息のコントロールのほか、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーの治療・管理を総合的に行っています。特に食物アレルギーでは、過剰な食物除去を避け耐性獲得を確認するために経口負荷試験を行っていますが、年々増加し、現在では1年でのべ200人以上に検査を行っています。地域と積極的に連携しています。

小児心身症・子どもの心の外来

心身症とは、頭痛や腹痛などの身体症状や疾患の発症、経過に心理社会的因子の関与が大きいと考えられるものです。そのため薬物治療のみではなかなか改善せず、日常生活に支障を来たします。当外来は予約制でゆっくりと時間をとり、お子さんやご家族が困っていることをお聞きし、環境調整・心理療法・薬物療法などを行います。担当医と臨床心理士が親子別々にお話を聞く並行面接も導入しています。
具体的な症状や疾患は、慢性の頭痛・腹痛・胸痛・四肢痛・嘔気・嘔吐・下痢・発熱など、機能性難聴、機能性視覚障害不登校、チック、起立性調節障害、夜尿、遺尿、頻尿、遺糞、摂食障害、多動、かんしゃく、抜毛症、吃音、緘黙などです。
発達の問題を併存している場合もありますので、適宜、臨床心理士による発達検査・心理検査を行い、発達評価をしています。
火・金曜日の午前・午後に予約制で専門外来を設けています。

その他

重症化をきたすことのあるRSウイルス感染症へのシナジスの投与(シナジス外来)も行っています。乳幼児健診、予防接種外来、発達外来も定期的に行っています。


03その他

施設認定

  • 総合周産期母子医療センター
  • 日本小児科学会小児科専門医制度専門医研修施設および支援施設
  • 日本腎臓学会腎臓専門医制度研修施設
  • 日本小児循環器学会認定循環器専門医修練施設
  • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医制度暫定研修施設(基幹、新生児専門医)
  • 日本Pediatric Interventional Cardiology学会ASD閉鎖栓・PDA閉鎖栓施行施設

カンファレンスのご案内

抄読会および多職種のカンファレンス
火曜日17:30より
病棟入院カンファレンス
月~金曜8:00より
主任部長回診
小児科病棟:金曜日9:00より
心臓グループ
抄読会(金曜日7:30より)
心エコー・カンファレンス(水曜日16:30頃より)
心カテ前カンファレンス(月曜日、木曜日7:45頃より)
KIDS HEART LECTURE(第3月曜日17:30より)
腎臓グループ
カルテ・カンファレンス(水曜日16:00頃より)
新生児グループ
別記
血液グループ
カンファレンス(火曜日13:30より)
心身症グループ
カンファレンス(月曜日15:30より)

ページの先頭へ