医療従事者の方へ
採用情報 診療科・各部門の紹介 当院の取り組み
homeトップページ > 医療従事者の方へ > リハビリテーション科

リハビリテーション科のご紹介

 医師の紹介へ   診察予定表へ

01概要


主任部長   秋山 仁美

リハビリテーション科は、「運動機能障害および精神障害等の障害を持つ人」を対象として医学的リハを実施する診療科です。障害を持つ人が実用的な諸動作を獲得し、その人らしい生活を実現していただくために、医師の処方の下に理学療法、作業療法及び言語聴覚療法等の治療を行っています。


対象疾患

「障害を持つ人」を対象としていますので対象とする疾患は広範囲におよび、以下のように挙げられます。

  • 脳血管障害、その他の脳疾患(頭部外傷、脳炎など)
  • 脊髄損傷、その他の脊髄疾患(二分脊髄など)
  • 脳性麻痺、その他の小児疾患
  • 神経および筋疾患(筋ジストロフィー、多発性硬化症、パーキンソン病など)
  • 関節リウマチ、その他の骨・関節疾患(外傷を含む)
  • 切断
  • 呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)
  • 循環器疾患(心筋梗塞など)
  • 代謝疾患(糖尿病など)
  • 開胸・開腹術後
  • 悪性腫瘍の治療中・後や熱傷後

診療圏

倉敷市内在住の方を中心として、岡山県西部域が診療圏となっています。

科基本方針と特徴

「障害を持つ人が回復能力(回復機能、残存機能、代償機能)を生かしてその人らしい生活を獲得するためには、障害を理解し熱意と専門技能を持ち適切な指導を受けたものによる治療でなければできない」というリハ治療の活動の原則に則り、リハ科医師、各科医師、各科病棟看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等の専門スタッフが各々の専門知識と技術を最大限に活用して、「障害を持つ人」の院内および地域でのノーマライゼーションを行っています。

急性期先進医療基幹病院のリハ科・リハセンターとして、急性期リハを以下の目的と方法にて運営しています。

目的 各科における原疾患の治療効果を向上するために、可能な限り早く自動運動を促し、運動・生活機能を維持・改善して不用意な安静を排除する。
方法
1.
入院診療計画にリハプログラムを導入し、院内各科主治医によるリハ処方により、早期座位を原疾患の治療の一環として病棟内で積極的に行う。
2.
リハスタッフは、摂食・嚥下/栄養サポート/褥創・転倒予防等の院内の医療チームの一員として、急性期医療の質の向上に貢献する。
3.
連携パス等を通して地域の医療施設との連携医療態勢を構築し、地域のリハ医療の質の維持・向上と継続を図る。

治療においては、安全性を重視し「理学・作業・言語聴覚療法実施上の内規」を定めて治療の実施・中止基準に基づいて行っています。また、人工膝・股関節置換術、大腿骨頚部骨折術、開胸術などの術前・後プログラムや呼吸・糖尿病の運動療法プログラムなどを作成して、救急ICU、ICU、CCU、NCU、NICUなどの集中治療センターから効果的・効率的な治療を行い、さらに整形外科病棟や脳神経外科・脳卒中科病棟にはリハルームを設置して、早期離床を可能にしています。また、治療の即時性と継続性を重視する目的で、疾患の特異性や治療の専門性に応じたリハビリテーション治療効果の向上が望める患者を対象に、土、日曜日、祝日の365日の稼動を実施しています。

治療機器としては、筋力強化が困難な場合にパワーリハ機器を用いた活動性の向上、各種の電気刺激装置による麻痺の改善や筋力低下の予防、自立動作支援ロボットの治療への導入などを行っています。さらに、退院後も充実した日常・社会生活を営むために必要な継続的で均質なリハ医療を受けることが可能となるように、近隣の病院、診療所、施設との治療実施経過報告書による情報の伝達やカンファレンスによる交流を行い、連携を深めています。

将来構想

今後は、高品質の急性期リハ医療を適切・的確・適時に投与ができる世界水準のリハ科・リハセンターを目指します。それには、まず、①現在行われているリハ医療の機能の分化と包括化をさらに充実させ、リハ医療の品質とリハスタッフの品位の向上を行い、つぎに、②地域の医療機関との教育研修ユニット構築による人材の育成と確保を行います。さらに、③現在行われている地域連携の効率化と連続化をより強化して、地域とのボーダーレスリハ医療が行われるように努力いたします。

実際には、急性期先進医療基幹病院のリハ科・リハセンターとして、日常生活活動の早期獲得・早期自宅退院を目的に集中治療センターにおける専門リハスタッフの技能をより強化し、病棟でのリハプログラムを充実してより効果的に行います。また、「障害を持つ人」が地域でのノーマライゼーションを実現できるように、地域での継続的で均一で高品質なリハ診療圏の構築に協力していきます。


02診療内容

リハビリテーション科・リハセンターでは、「障害を持つ人の日常生活活動の質の向上と入院期間の短縮及び自宅復帰率の向上」を具体的目標として臨床業務を行っています。理学療法士48名、作業療法士29名、言語聴覚士12名、看護師1名、リハ専門医2名を擁し県下でも有数のリハスタッフ数です。2014年4月よりリハスタッフは病院の医療技術部門のリハビリテーション部として独立して運営され、各科の専門性に対応するために新たに再編された5室の体制を採り、運動器リハ室、脳神経リハ室、呼吸循環リハ室、内部障害リハ室、小児リハ室でリハスタッフを15〜20名を割り当てています。各室のリハスタッフの増員と治療の品質の向上により、関係各科主治医からの直接処方も徐々に拡大して適切・的確・適時に投与されるようになり、各科主治医・看護師との情報交換を緊密に行うことができ、問題の解決が迅速・適切に行えて創造的活動を行うことができています。

 各室担当の治療の特徴は以下のとおりです。

運動器リハ室

2013年の入院中外来の総患者数は1347名。代表的疾患は脊椎および脊髄疾患377名、大腿骨近位部骨折を除く四肢の骨折244名、膝もしくは股関節の変形性関節症177名、大腿骨近位部骨折142名、の順です。

受傷後、手術前後の廃用症候群の発生を最小限にとどめることが重要となり、そのためには術後早期より運動を開始し段階的にその量・質を高めていく必要があります。整形外科医師による療法士への直接処方システムを導入し、手術翌日もしくは術前より関わることでより早い段階での動作練習を開始でき、早期離床、ADLの改善、在院日数の短縮に努めています。2011年より整形外科病棟内に整形外科リハルームを設置し、患者の移動・搬送が少なくなり、より安全かつ効率的に治療が行えるようになりました。また、外傷による手の機能障害に対して術直後より積極的にハンドセラピーを行い、退院後も外来フォローを行っています。

脳神経リハ室

2013年のリハビリテーション処方患者数は、脳外科と脳卒中科では、773名(疾患内訳:脳梗塞49%、脳出血18%、クモ膜下出血8%、腫瘍4%、その他の脳神経外科疾患20%)神経内科では217名(内訳は脳梗塞、パーキンソン病、運動ニューロン疾患、筋疾患など)でした。脳神経リハビリテーション室には、理学療法士7名、作業療法士8名、言語聴覚士4名を配置し、リハ医療を原疾患の治療の一環として位置づけ、祝祭日も含めて365日体制で急性期リハビリテーションを提供しています。 病棟内に屋上を利用した屋外治療場を含む215㎡の脳卒中リハビリテーション室を併設し、発症早期より実施基準・治療計画に基づいて、早期離床を行い、日常生活活動能力の向上を目標に治療を実施しています。また、治療的電気刺激や自立動作支援ロボット、促通反復療法などの新規治療なども積極的に導入しています。

呼吸循環リハ室

呼吸循環リハ室は、呼吸器センター、心臓病センターの患者さんを主な対象としています。2013年の入院中外来の総患者数は約2000名で、疾患内訳は開胸・開腹術後、心疾患、呼吸器疾患、脳血管疾患、癌、熱傷、切断などです。

治療の特徴としては、主科の医師による療法士への直接処方システムを導入し、EICU、ICU、CCU(集中治療室)の患者さんを含めてベッドサイドより早期から関わり、心臓リハビリテーション、呼吸理学療法、全身調整訓練などを実施し、廃用症候群の予防・ADLの改善を行い、在院日数の短縮に努めています。

内部障害リハ室

内部障害リハ室は、内科系に加えて外科の手術後の患者さんを対象としています。2013年の入院中外来の総患者数は約2000名で、代表的疾患は、肺炎、血液疾患、慢性閉塞性肺疾患、膠原病、癌、糖尿病などです。治療の特徴としては、ハイリスク・体力消耗状態の急性期の患者さんから、高齢者、長期臥床が予測される患者さんに対し、呼吸理学療法、全身調整、運動指導、ADL指導を行い、廃用症候群の予防、ADL能力の向上、2次合併症の予防を目的に治療しています。また、間質性肺炎・慢性関節リウマチ・糖尿病教育入院患者さんも支援しています。さらに、緩和ケア病棟の患者さんにも対応しています。

小児リハ室

2013年の入院中外来の紹介総患者数は361名で、うち40%がNICU(新生児集中治療室)からの紹介となっています。疾患の内訳では低出生体重児(超・極)が、20%を占め、次いで低酸素性脳症、呼吸器疾患となっています。低出生体重児およびハイリスク児、あるいは中枢神経系疾患を持つ子ども、さらに呼吸器疾患をもつ子どもの早期治療が中心で、急性期対応の理学療法、作業療法を実施しています。
NICUでは、デベロップメンタルケアを基に、早産児の環境への適応能力の評価(NIDCAP)や、神経学的予後予測評価(GMs評価)を行い、これらをもとに、外来での理学療法、作業療法、言語聴覚療法プログラムの継続と発達フォローアッププログラムを実践しています。
またNICUにおける治療では、人工呼吸器管理が必要な重症心身障害児への在宅への移行支援にも積極的に関与しています。一般病棟では、気管支喘息に対する呼吸理学療法、心疾患術後や小児糖尿病に対する運動療法の依頼にも対応しています。外来では、自閉症スペクトラム障害、注意欠陥多動性障害などの治療が増えてきています。小児科主治医による療法士への直接処方システムにより、早期治療の実施・治療の効率化・在院日数の短縮をはかっています。

言語聴覚療法

2013年の入院中外来の総患者数は約2200名で、紹介の内訳は、脳外・卒中科35%、神経内科7%、心外・循環器系10%、外科17%、内科系29%、耳鼻科1%、小児科1%となり、全科対応で言語聴覚療法を実施しています。言語障害の内訳は、摂食・嚥下障害が半数近くを占め、失語症・高次脳機能障害、言語発達障害の順になっています。ほとんどの科で主科からの直接処方となり、摂食・嚥下障害を中心に入院直後より早期介入が可能となったため、早期離床・退院へとつなげることができています。また、嚥下造影検査や耳鼻科医との嚥下内視鏡検査往診にて詳細に嚥下機能評価を行うことができ、各職種との密な連携が可能になっています。外来では、小児科からの紹介が90%以上を占め、言語発達遅滞、広範性発達障害、学習障害などの言語評価及び治療が増えています。言語聴覚士は上記の5つのリハ室のいずれかに所属し、担当科の患者さんの治療を行っています。

リハビリテーション科 治療統計 (入院中外来のみ)

    患者数(人)
    患者数
    科別退院患者数に占めるリハビリテーション科患者数の割合(%)
    科別退院患者数に占めるリハビリテーション科患者数の割合

    在院日数(リハビリテーション科患者の平均)
    在院日数

    入院から処方までの日数(リハビリテーション科患者の平均)
    入院から処方までの日数

    治療日数(リハビリテーション科患者の平均)
    治療日数

    リハビリテーション科患者の自宅復帰率(%)
    自宅復帰率


03その他

施設認定

  • 日本リハビリテーション医学会研修施設
  • 日本医療機能評価機構付加機能リハビリテーション

カンファレンスのご案内

各科担当ごとに毎月1回、勉強会を実施しています。各科ごとに年間スケジュールを計画し、症例検討会、テーマ学習等を行っています。

お問い合せは、学術委員会勉強会担当者までお願いいたします。


ページの先頭へ