文字サイズを変更する

文字サイズの変更方法

診療案内[get_image]
心臓病とその他循環器疾患

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査の概要

 心臓病の検査には心電図、胸部レントゲン写真、心エコー、心筋シンチグラフィーなどがありますが、より詳しい検査をするために、『心臓カテーテル検査』があります。この検査は、血管内や心臓の各部屋の圧力を測定したり、レントゲンにうつる特殊な薬剤(造影剤)を注入し、心臓の血管(冠動脈)の状態や心臓のポンプの部屋の動き(左室造影)、弁の働きを調べたりすることができます。また、心臓の筋肉である心筋を病理学的に検査するための、心筋生検(心筋バイオプシー)と呼ばれる検査も行っています。これらの検査を総称して『心臓カテーテル検査』と呼んでいます。
当科では、ご入院されることなく日帰りで検査を受けることができる日帰り(外来)心臓カテーテル検査と、検査後ゆっくり落ち着いていただける(入院)心臓カテーテル検査の2つをご用意しています(※患者さまの病態に応じて、検査方法を変更させていただく場合があります)。

カテーテル室

 心臓カテーテル検査は、血管造影室という特殊なレントゲン室で行います。当心臓病センターの血管造影室は全部で6室あります。
検査室へのこだわり:2008年12月には、木を基調とした温かみのある検査室をコンセプトとしたカテーテル検査2室のリニューアルを行いました。

血管撮影装置

 血管撮影装置は、一度の撮影で2方向からの撮影が可能な『バイプレーン装置』を完備していますので、単方向撮影での心臓カテーテル検査より、造影剤を低減することができ、さらにより短い時間で検査をすることが可能です。また、画像を立体的に解析することができるので、より正確な情報を得ることができます。現在では、最新フラットパネルディテクタを採用したバイプレーン装置が主流となっています。

造影剤について

 心臓カテーテル検査では、ヨード造影剤という薬剤を冠動脈に注入し、X線検査で病気の有無や病気の性質、範囲といったことをより正確に評価するために用いています。造影剤を冠動脈に注入すると、体が熱く感じられますが直接の反応であり心配ありません。また、まれに副作用が起きることがありますが、カテーテル検査中は、スタッフが患者様の様子を観察しており、万一の副作用に対してもすばやく対応が出来るようにした上で検査を行っています。
造影剤は、数時間すれば尿とともに対外に排出されます。検査後は十分水分摂取していただいて、体外排出促進を行っていただいています。

  1. 軽い副作用
    吐き気、かゆみ、くしゃみ、咳、咽喉頭(のど)違和感、動悸、頭痛、発疹などです。
    造影剤投与直後に現れることが多いですが、検査の 1〜2 日後に発疹が現れることもあります。
    これらは治療を要さないか、1〜2 回の投薬や注射で回復するものです。
    このような副作用の起こる確率は約100 人につき1〜1.5 人、約1〜1.5%です。
  2. 重い副作用
    呼吸困難、ショック、意識障害、血圧低下、腎不全などです。
    このような副作用は、入院の上での治療が必要で、場合によっては後遺症が残る可能性があります。
    このような副作用の起こる確率は、約6,000〜9,000 人につき1 人、約0.01〜0.02%です。
    病状・体質によっては 10〜20 万人に1人の割合(0.0005〜0.001%)で命にかかわる場合もあります。

監修:細木 信吾(医師)

次へ(穿刺部位について)>>

  • 心臓カテーテル検査の概要
    カテーテル室、血管撮影装置、造影剤について
  • 穿刺部位について
    穿刺とは、心臓カテーテル検査をするにあたり、体外から血管にシースやカテーテルなどを体内に挿入させるための入口のことをいいます。
  • 心臓カテーテル検査の目的
    冠動脈造影、左心室造影、エルゴメトリン負荷テスト(エルゴメトリン負荷試験)、心筋生検(心筋バイオプシー)、右心カテーテル検査
重要なお知らせ

求人のご案内

standing contents

マルチスライスCT

マルチスライスCT

レジデント募集のお知らせ

西部循環器プライマリーケアの集い

倉敷ゆかりの循環器研究会

心臓血管外科ウェブサイト