トップページ > 看護部のご紹介 > 方針、体制、目標

方針、体制、目標

患者さんのQOL向上と自立支援のために

世界水準を目指す急性期基幹病院として、地域住民の皆さんと地域の医療機関に強く支持される質の高い病院であり続けるために、当院では、「患者本位の医療」を常に念頭におき、医療倫理を徹底し、全職員の自主的、積極的参画のもと品格の高い病院づくりを推進しています。

この病院の方針を受け、看護部では次の方針を掲げています。

看護部方針

豊かな人間性と高度な専門知識・技術をもって地域の人々のニーズにあった
質の高い看護の提供に努める。

患者さんの生命・人権を尊重し、QOLの向上と自立への支援をします。患者さんにとって本当に必要な医療・看護は何なのかを常に考え、看護技術を磨き看護に専念する姿勢を怠りません。

  1. 患者の生命および人権を尊重し、生活の質の向上と自立への支援をする。
  2. 良質の看護を安全、効率的に提供し、それを可視化する。
  3. 地域、他部門、他職種の人達の価値観を尊重し、意思の疎通をはかり協働する。
  4. 自律的に職務にとりくみ、専門職としての責務を果たす。
  5. 進取の精神と変革意識を持って、変動する医療環境に柔軟に対応する。
ページTOPへ

看護体制

「入院基本料7対1」で継続受持ち制を中心としたチームナーシング方式により、継続性のある、保証された看護を目指して努力しています。

チームナーシングとは、チームに分かれてリーダーのもとに患者さん中心の看護を行う看護方式です。しかし、リーダーもメンバーも日替りであるため、個別的でかつ継続性のある看護の提供には限界があります。この点を補うため、1人の患者さんを1人の看護師が入院から退院まで、継続して受け持つ継続受持ち制を併用しています。

ページTOPへ

看護部目標(2013年4月~2018年3月)

  1. 高度化・専門分化する急性期医療に対応し、質の高い看護を提供できる人材を育成し活用する。
  2. 急性期医療に適応できる優秀な看護職員を安定的に確保する。
  3. ライフスタイルに合わせた働きやすい職場環境を整備する。
  4. 看護の質の見える化へ向けた人材・組織を充実させる。
  5. 安全な医療提供のための組織的対応を強化する。
  6. 災害拠点病院として大規模災害時の対応を整備する。
  7. 関連病院や地域との連携を強化する。
  8. 救命救急センター・集中治療部門・周術期部門の体制を充実させる。
  9. 変革に参画できる自律した組織を構築する。
  10. 経営的な指標を意識した病棟運営を実践する。
  11. 医療・看護の動向を把握し、政策提言を行う。
  12. チーム医療を推進する。
ページの先頭へ