縺顔衍繧峨○
homeトップページ > 院内行事・研修会一覧 >ALSO プロバイダーコース(院内限定)のご案内

公開:2017.3.22

ALSO プロバイダーコース(院内限定)のご案内


日  時 平成29年6月24日(土)8時45分~19時00分
     6月25日(日)8時45分~17時30分前後(実技試験終了次第)
会  場 3棟3階会議室6ならびにその周辺の会議室
コース名 ALSO プロバイダーコース
主  催 救急科
共  催 周生期医療専門医養成学講座
お問い合わせ 救命救急センター 秘書 貝原まで
(内線)3137
(Email) tk920729@kchnet.or.jp
※一般公募はございません。


Advanced Life Support in Obstetrics(ALSO)
Advanced Life Support in Obstetrics(ALSO)とは、医師やその他の医療プロバイダーが、周産期救急に効果的に対処できる知識や能力を発展・維持するための教育コースである。1991年にACLSとATLSに基づいて、ウィスコンシン州の一般診療医師二人がALSOを考案した。1993年にコース権利はAmerican Academyof Family Physicians(AAFP‐米国家庭医学会)によって認可され、現在全米では多 くの分娩施設において、分娩に関わる医療プロバイダーがALSOの受講を義務づけられている。またALSOコースは世界的に普及活動が行われており、現在までに、63カ国、16万人以上がALSOコースを完了した。プロバイダーコースは二日間で行われる。コースの内容は、レクチャー、症例検討、実地訓練のためのマネキンを使用したワークショップである。筆記試験とマネキンによる実技試験(メガデリバリー)がコースに含まれている。ALSOは分娩室における産科の救急的対処や医療安全を強調している。必須学習内容はマタニティケアにおける安全性、難産、妊娠初期の合併症、妊娠の内科的合併症、早産と前期破水、妊娠後期の性器出血と、症例検討を含む分娩中の胎児監視、妊娠の内科的合併症、そして(以下少人数グループによる実技トレーニングを含む)肩甲難産、補助経膣分娩、骨盤位分娩、分娩後大出血、妊婦の心肺停止である。またコースによっては、オプショナル・ワークショップとして会陰縫合、超音波検査、出産危機への対処などが追加される。プロバイダーコースを受講し試験に合格した場合受講者はAAFPの認定する5年間有効の認証を受けることができる。また、プロバイダーコースの講師になることを希望する場合、一日間のインストラクターコースを受講しなければならない。日本では2008年11月に金沢で日本初のプロバイダーコースが開催されて以来、全国35の都道府県でコースが開催され、コース修了者は5,000名を超えた(2015年12月31日現在)。参加者は産婦人科医、助産師だけでなく、プライマリケア医、救急医、麻酔科医、小児科医や他科医師、研修医、そして医学生などであり、現在あるいは近未来の日本の周産期医療体制において、分娩や産科救急に関わる可能性のあるすべての医療人が参加している。産科救急医療は、産婦人科医だけで維持し続けることが難しい状況になりつつあることは周知の事実である。日本全国のすべての地域で産科医療を維持するには、産科医療に関わりたいという志を持った人たちが教育を受けられる場所を多く提供し、最低限必要な医療チーム体制をあらゆる医療圏に確保する必要がある。まさにその足がかりとなるトレーニングコースがALSO である。

採用情報
倉敷中央病院採用情報
医師・歯科医師求人へ その他職種の求人へ 看護部HP 薬剤部リクルートHP
医師研修のご案内
医師研修情報
レジデント広場
当院のご案内
病院紹介映像
所在地
〒710-8602
岡山県倉敷市美和1-1-1
Phone086-422-0210(代表)
FAX:086-421-3424

外来受付時間
月~金 8:10~11:00
(土曜日は8:10~10:30)
土曜日外来診療体制について
紹介状をお持ちの方へ


休診日
日曜
祝日(7/17、11/23を除く)
年末年始

Mail メールでお問い合わせ
※診療に関するご質問には
  お答えできません

交通案内 当院への交通案内
駐車場 駐車場のご案内
駐輪場のご案内 駐輪場のご案内
院内施設・サービス 院内施設・サービス
赤い屋根まごころ基金のご案内 わが街健康プロジェクト。
公式Facebook
関連法人のご案内

倉敷中央天寿会
   --ケアハウスつるがた
関連ページ・相互リンク

おかやま医療情報ネット


ページの先頭へ