当院の取り組み
当院の取り組み
homeトップページ > 当院の取り組み > 全病院的医療の質・患者安全の推進

全病院的医療の質・患者安全の推進

今日、医療の安全確保は病院運営の最も重要な課題の一つです。本院では、急性期医療を行う大病院にふさわしい、医療安全の徹底に努めています。

01医療に係る安全管理のための指針の整備

医療の安全確保のためには、事故を病院全体の問題としてとらえ、「人は誤りを犯す」を前提に、組織的対策を講じる必要があり、医療環境の整備と、安全文化の創成と定着が必須であるとういうコンセプトのもとに、患者安全推進委員会で「医療安全管理指針」を作成しました。
その他、折にふれて各種マニュアル類を見直し、その実施徹底を推進しています。

02HQM推進センターの設置と医療の質・患者安全に係る活動計画の実践

本院の医療の質と患者安全を一元管理する組織としてHQM推進センターを設置し、医療の質向上及び患者安全の確保に係る活動計画に基づいて各部門・各部署でクオリティマネージャーが中心となり、具体的な指標、目標値、スケジュールを定めて活動を展開しています。

医療の質改善・患者安全確保のための組織体制


03医療の質向上に向けた品質改善活動

QI推進支援グループが中心となり、医療の質に関するデータを作成し可視化することで改善に役立てています。共有が必要な事例については、院内に設置したQIボードに掲示し周知を行っています。




04医療の質及び患者安全に関する委員会の開催

ゼネラルリスクマネージャーを委員長に、各部門の安全管理責任者からなる患者安全推進委員会を設置しています。毎月1回、定例委員会を開催し、医療現場での調査・解析および今後の対策について検討すると共に、医療の質・患者安全のための教育・広報等に関する事項についても対応しています。


05医療に係る安全管理のための職員研修の実施

全職員を対象として春・秋年2回、院外講師をまねいて医療安全講演会を開催しています。また研修会を行い、その中で当院の医療安全に関する方針、方策などの教育を行っています。


06医療事故報告を基に、類似事象の安全確保を目的とした改善方策の実施

院内で生じた事故事例については、その報告を徹底し、患者安全リスク対策グループが中心になって評価・分析・対策立案および事例の院内共有化を図っています。


07その他の対策

  1. クリニカルパス等による標準化の推進と継続的改善
  2. 医療安全週間の実施
  3. KMC(サークル活動)での医療の質・患者安全への取り組み
  4. 新入職員への患者安全教育
  5. チーム医療研修会


ページの先頭へ