放射線センター

放射線治療室

ご紹介

2017年3月に新規リニアックが稼動し始め、現在3台体制で治療(照射)を行っています。新規リニアックであるTrueBeam STxはより細かい照射野の形成が可能で、定位照射において今まで以上に小さい腫瘍に限局した治療が行えるようになりました。呼吸同期照射、VMAT(強度変調回転放射線治療)等の高精度放射線治療も実施しています。 

内部放射線治療装置(高線量率小線源治療装置)

Elekta社 マイクロセレクトロンHDR

Elekta社 マイクロセレクトロンHDR

内部放射線治療は、放射性物質を病巣の近くや内部に挿入して、体の内から放射線を照射する治療法です。主に子宮頚癌の腔内照射を行っています。

CT装置

GEヘルスケア社 Optima CT 580W

GEヘルスケア社 Optima CT 580W

放射線治療計画専用として16MDCTを所有し、治療計画に必要なCT画像の撮影を行っています。