薬剤部門

当部の概要

薬剤師101名、事務職22名(パート含む)、ISGインストラクター※7名のスタッフ(2019年6月現在)で、外来・入院での調剤業務、注射薬調剤業務に加え服薬指導(病棟常駐含む)、薬歴管理、医薬品情報提供を行っています。また院内感染防止対策、薬物血中濃度モニタリングなどを通じて臨床薬剤師業務を積極的に行い、医薬品の適正な使用、供給および管理を推進し、医薬品の専門部署として、チーム医療に大きく貢献しています。また、医療の安全性については、特に、医薬品に関連した事故防止対策への積極的参画を果たしています。夜間休日の日当直体制も整え24時間体制で薬剤業務に臨み、行き届いた患者サービスに努めています。
※ ISGインストラクター:在宅自己注射手技指導インストラクター

薬剤部門 2019年度目標

  1. 国内ガイドラインや経済性を考慮してフォーミュラリーを策定し、院内及び地域の医薬品適正使用を推進する。
  2. 新規に採用した医薬品の有効性・安全性を評価し、継続採用を判断する。
  3. 医薬品採用品目数の削減、在庫の圧縮により医薬品関連コストを削減する。
  4. 薬剤交付後も継続して薬学的管理を実施し、それらの情報を医療従事者にフィードバックする。
  5. 救命救急センター、手術室、集中治療部門の業務を拡充する。
  6. 高度専門医療を実践し、地域医療を担う次世代リーダを養成する。

薬剤業務グループ

調剤室
 調剤監査・外来服薬指導
調剤室
 院内製剤・薬品試験室
調剤室
 調剤・混注・監査・外来服薬指導
臨床研究薬剤室
 治験薬管理

病棟薬剤グループ

薬務・薬品情報室
 薬務
薬務・薬品情報室
 医薬品情報
病棟薬剤室
 薬剤管理指導業務
病棟薬剤室
 病棟薬剤業務
手術薬剤室
 周術期・センター業務
手術薬剤室
 薬品管理業務

その他

医療統計

医薬情報担当者 各位

倉敷中央病院における医薬品情報提供活動について