抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPO抗体),TPOAb

臨床的意義
甲状腺ペルオキシダーゼ(thyroid petoxidase;TPO)は分子量約100kDaのヘム蛋白で甲状腺ホルモン合成過程における主要な酵素である。
抗Tg抗体と抗TPO抗体はともに、自己免疫性甲状腺疾患(AITD)である橋本病(慢性甲状腺炎)だけでなく、同じくAITDであるバセドウ病においても高率に検出される。
日本甲状腺学会の橋本病の診断ガイドラインにおいて必須の検査所見となっている。
バセドウ病などの他の原因が認められないびまん性甲状腺腫大があり、抗Tg抗体あるいは抗TPO抗体が陽性であれば橋本病と診断する。


異常値所見
高値:橋本病、バセドウ病、無痛性甲状腺炎、潜在性甲状腺自己免疫疾患


検査法(最新) ECLIA法 2012/03/01 ~ 最 新
臨床参考値(最新) 16 IU/mL 未満
従来法との相関(y:本法、X:外注法)
n = 60
r = 0.9984
y = 1.015x + 3.761