赤血球抵抗試験 略 称 赤血球抵抗
担当検査室 血液( TEL:2425,2751 ) 至急指定 不可
時間外 なし
結果報告時間(普通) 2日~3日 結果報告時間(至急) -
検査目的 球状赤血球などの赤血球形態異常を認める場合のスクリーニング検査
臨床的意義 赤血球浸透圧抵抗の低下は赤血球の表面積/体積比の減少した赤血球(それ以上、容積の増す余裕が正常赤血球より少ない赤血球)の存在を意味し、亢進は赤血球の表面積/体積比の増大した赤血球すなわち菲薄赤血球や標的赤血球の存在を意味する。
異常値所見 <低下する疾患・病態>
・遺伝性球状赤血球症
・自己免疫性溶血性貧血

<亢進する疾患・病態>
・鉄欠乏性貧血
・サラセミア
保険情報 適用あり
オーター情報 入力可(要予約)
採取容器名 注射器
サンプルの種類 脱繊維素血

採取量
5mL
測定日情報 月~木曜日
測定に及ぼす諸因子 クエン酸塩やシュウ酸塩はリン酸緩衝液中の食塩濃度が変化するので使用できない。

検査法(最新) Parpart法  ~ 現 在
臨床参考値(最新)