一般細菌塗抹鏡検検査(腫瘍・組織) 略 称 腫瘍・組織
担当検査室 細菌( TEL:2424 ) 至急指定
時間外 なし
結果報告時間(普通) 1日 結果報告時間(至急) 30分
検査目的 腫瘍・組織は、様々な検体が提出されるが、塗抹鏡検は感染症診断において重要な情報を提供できる検査である。腫瘍・組織は、常在菌の混入を防止して、無菌的に採取した検体から塗抹で菌が検出されたならば起炎菌として推定できる。胃粘膜組織はHelicobacter pyloriを推定する。その他腫瘍・組織(眼材料含む)は、常在菌の混入を防止して、無菌的に採取した検体から塗抹で菌が検出されたならば起炎菌として推定できる。
臨床的意義 腫瘍・組織の感染症診療における塗抹鏡検の意義は高い。
1) 腫瘍・組織は、無菌的に採取された検体であれば起炎菌として推定できる。
2) 胃粘膜組織は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎などの原因となるH.pyloriを検出する目的で採取する。ラセン状のグラム陰性桿菌を認めた場合にH.pyloriを起炎菌として推定する。
3) 眼材料(結膜、角膜、涙器、硝子体、房水など)は無菌的に採取された検体であれば起炎菌として推定できる。その背景にある好中球の有無も確認する。
保険情報 適用あり
オーター情報 入力可
採取容器名 緑栓スピッツ(滅菌スピッツ)
サンプルの種類 組織(1臓器)、組織、試験切除組織、手術組織、組織内容物、腫瘍内容物、骨髄、骨、リンパ節、爪、皮膚、毛、胎盤、結石、胃粘膜、胃粘膜 ヘリコバクター、角膜擦過物、結膜擦過物、前房水、硝子体、その他(腫瘍)、その他(組織)、解剖組織。
測定日情報 ルーチン時間帯のみ(時間外は翌ルーチン稼働日)
患者準備,採取・提出上の注意 1) 患者に採取方法を十分説明する。
2) 胃粘膜組織は、内視鏡を用いて胃体部や胃前庭部の組織を採取する。
3) 組織(胃粘膜以外)は、手術時、処置時、内視鏡時に採取する。
4)眼材料は、炎症部の擦過、スリットランプまたは手術顕微鏡下での潰瘍や病変部の擦過、25-27G注射針付き注射器で検体を採取する。
5)緑栓スピッツ(滅菌スピッツ)、滅菌シャーレ、滅菌綿棒プレインシステム・P、好気性菌・嫌気性菌が目標の場合は、嫌気ポーターに採取する。
6) 病棟、外来で採取された腫瘍、組織は、速やかに細菌ウイルス検査室に提出する。
7) 休日、夜間に採取された場合には時間外検査室に提出するか、直ぐに提出できない場合は、乾燥を防ぎ、直ちに4℃で保存し、24時間以内に、細菌ウイルス検査室に提出する。
7)検体量は腫瘍・組織1~2mm塊以上を採取する。胃粘膜は胃体部や胃前庭部の組織1~2mm塊を採取する。眼材料は1mL以下または滅菌綿棒で検体を採取する。
測定に及ぼす諸因子 1)抗菌薬投与中の患者からの採取
2)常在菌の混入
3)スライドグラスの汚染
検体保存情報 乾燥を防ぎ冷蔵庫4℃で指定容器の保存

検査法(最新) ①グラム染色 :Bartholomew & Mittwer法の変法(グラム染色用試薬「バーミーM 染色キット」)②KOH法 (皮膚糸状菌の塗抹) 2014/07/29 ~ 現 在
臨床参考値(最新)  
検査法(前回) ①グラム染色:Bartholomew and mittwer法②KOH法 (皮膚糸状菌の塗抹)  ~ 2014/07/28
臨床参考値(前回)