C.difficile培養同定検査 略 称
担当検査室 細菌( TEL:2424 ) 至急指定 不可
時間外 なし
結果報告時間(普通) 3~5日 結果報告時間(至急) -
検査目的 抗菌薬関連下痢症、偽膜性大腸炎の原因菌検索
臨床的意義 C.difficileは抗菌薬関連腸炎/下痢症の主要な原因菌である。本菌による下痢症にはトキシンAとトキシンBの2種類の毒素が関与している。便中トキシン検査によって2種類のトキシンの検査が可能であるが、検出感度はあまり高くない。陰性の結果が得られた場合は臨床症状を加味して総合的に解釈する必要があり、現状では培養か菌体抗原の一部であるグルタメート・デヒドロゲナーゼ(GDH)の検査を併用する必要がある。また本菌は芽胞を形成して環境中に残存し、病院感染の原因となる。保菌の検索では培養検査が行われるが、本菌は酸素に極めて鋭敏で死滅しやすいので、糞便は多量に採取して、速やかに培養する。
保険情報 適用あり
オーター情報 入力可
採取容器名 嫌気ポーター
サンプルの種類 ・糞便クロストリジウム(CD)
・その他(糞便)(CD)
測定日情報 ルーチン時間帯のみ(時間外は翌ルーチン稼働日)
患者準備,採取・提出上の注意 ブリストルスコア5(軟便)以上の下痢便を採取すること。
・患者の排便には採便用ディスポーザブル便器等を使用し、水洗便所で採取してはならない。(水道水の混入により病原微生物が死滅したり、以前の使用者が病原菌を保有していた場合、汚染が起こる可能性もある。)
・ 糞便だけで、尿は混ぜないように、患者に説明する。
・スワブによる採取は量が少ない事、乾燥により病原微生物が死滅する可能性があるため、原則として行わない。
・小指頭大から拇指頭大、水様便は採便容器7分目程度で目いっぱい入れない事。
測定に及ぼす諸因子 ・ホルマリン、チメロサールホルマリン、酢酸ホルマリンナトリウム、ポリビニルアルコールで保存した検体は使用しないこと。
・Clostridium sordelliiVPI 9048は「C.DIFF QUIK CHEK コンプリート」のトキシン検出と交差反応を示した。本菌株は各々トキシンAおよびトキシンBと相同性のあるトキシンHTとLTを産生する。
検体保存情報 冷蔵(4℃以下)で24時間保存可能。
その他情報 培養法は嫌気培養である。

検査法(最新) クロストリジウムトキシン検出キット(C. DIFF QUIK CHEK コンプリート:アリーア メディカル) 2011/10/31 ~ 現 在
臨床参考値(最新)  
検査法(前回) クロストリジウムトキシン検出キット(TOX A/B QUIK CHEK 「ニッスイ」) 2007/07/03 ~ 2011/10/30
臨床参考値(前回)  
検査法(前々回) クロストリジウムトキシンA検出キット(ユニクイック:オクソイド) 2000/08/02 ~ 2007/07/02
臨床参考値(前々回)