MAC-PCR(マイコバクテリウムアビウム・イントラセルラー核酸増幅同定検査) 略 称
担当検査室 細菌( TEL:2424 ) 至急指定 不可
時間外 なし
結果報告時間(普通) 1~5日 結果報告時間(至急) -
検査目的 体液、組織、気管支洗浄液又はそれらの培養液中のMycobacterium avium DNA及びM. intracellulare DNA の検出(M. avium 感染症及びM. intracellulare感染症の診断の補助)。
臨床的意義 非定型抗酸菌症は、免疫不全症等において増加傾向にあり、特にM. avium及びM. intracellulareの感染は、非定型抗酸菌症の約70%を占めており、肺結核症との迅速な鑑別診断は患者の隔離と治療方針を決定する上で重要である。従来から抗酸菌症診断には分離培養検査が利用されているが、ヒトの感染症起因菌となる抗酸菌の多くは発育が遅く分離培養、同定検査に4~8週間を必要とする為、迅速診断が出来ない等の問題が指摘されていた。近年、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)等の核酸増幅法を用いた抗酸菌同定検査が開発された、迅速で感度の高い抗酸菌の検出と同定が可能となり、抗酸菌感染症の鑑別診断と治療の選択に有用な検査となっている。
保険情報 適用あり
オーター情報 入力可
採取容器名 痰容器(緑色)
サンプルの種類 喀痰、体液、組織、気管支洗浄液等
測定日情報 週2回
患者準備,採取・提出上の注意 採取量:2.0mL(最低必要量500μL)
喀痰:採取前に口腔内を清潔にするうがいをするなど採取方法を十分説明する。
   ティッシュに喀痰を採取しない。
   ティッシュに採取されていた場合や乾燥していた場合は採り直しを依頼することがある。
体液、組織、気管支洗浄液等の採取容器は、緑栓スピッツ(滅菌スピッツ)
血液、骨髄血の採取容器は、紫栓EDTA2K(2mL)、または紫栓EDTA2Na(5mL)
検査上の注意 溶血により血液成分が多量に混在する検体では、反応が阻害され偽陰性となることがあるので注意する。また、胸水検体ではフィブリンの析出により採取後凝固することが多いため、採取する際にはクエン酸ナトリウム若しくはEDTA を添加した容器を使用する。ヘパリンはPCR 反応を阻害するので、使用しない
測定に及ぼす諸因子 <干渉物質>
ヘモグロビン及び唾液の本品の測定への影響を検討した結果、ヘモグロビンは5.2 mg/mL まで、唾液は10%まで認められない。培養したM. avium 又はM. intracellulare 試料を添加したNALC 処理済みの結核菌群、M. avium 及びM. intracellulare 陰性検体に、以下の薬剤について、それぞれ最高血中濃度の3倍になるように添加し、本キットで3重測定したところ、測定値への影響は認められない。
イソニアジド、エタンブトール、リファンピシン、ピラジナミド、カナマイシン、ストレプトマイシン
<交差反応>
結核菌群4種(M.tuberculosis, M.bovis, M.microti, M.africanum)及び非結核性抗酸菌30 種から抽出した核酸試料について試験を行ったところ、標的とする菌以外の微生物との交差反応は認められない。ただし、非結核性抗酸菌は多数の新種が報告されており、それらすべてにおいて交差反応を否定できるものではない。
検体保存情報 冷蔵保存(4℃以下)で24時間保存可能
その他情報 ・MAC-PCRのみのオーダでは培養は含まれません。
 培養検査も依頼される場合は,同時に抗酸菌培養のオーダをして下さい。
・MAC-PCRのオーダは非定型抗酸菌の課金請求となります。

検査法(最新) PCR(Polymerase Chain Reaction)法:COBAS TaqMan 48(日本ロッシュ) 2009/02/17 ~ 現 在
臨床参考値(最新) (+)または(-)
検査法(前回) PCR(Polymerase Chain Reaction)法:AMPLICOR(日本ロッシュ) 1996/05/21 ~ 2009/02/16
臨床参考値(前回) (+)または(-)