患者の皆さまへ
診療のご案内
homeトップページ > 患者の皆さまへ > 医療の質と活動の実態調査・改善事業参加について

医療の質と活動の実態調査・改善事業参加について

当法人では、より質の高い医療・公衆衛生の向上のため、私達が行っている医療の内容を客観的に評価しながら、さらに改善させてゆくことが大事だと考えております。
そこで、当法人では研究機関や各学会と協力して、お受けになった入院および外来診療に関するデータを完全に匿名化した状態で収集して客観的に分析し、医療や施設運営の質を一層向上させることをめざしております。

● 研究参加と既存情報の提供についての公開情報

  情報の利用目的及び利用方法、提供方法 提供する情報の項目 利用する者の範囲 情報の管理についての責任者 関連Webサイト
1 匿名化されたDPCデータを、医療の質と活動の実態調査を行い公衆衛生の向上に与する目的に、暗号化通信による電子的送付あるいは追跡可能な宅配等により、京都大学へ提供する 厚生労働省により規定され作成されたDPCデータ(年齢・性別、病名、手術・処置・薬剤等の種類、外来受診回数、入院期間、医療費など) 「医療の質と経済性に関する実態調査」を実施する研究者
研究責任者:京都大学大学院医学研究科医療経済学分野教授 今中雄一
倉敷中央病院
院長 山形 専
QIP事務局(京都大学)
2 DPC制度参加病院は、厚生労働省による「DPC導入の影響評価に係る調査」へのデータ提出が義務付けられており、匿名化した診療報酬やカルテ情報など(DPCデータ)を、追跡可能な宅配等により、厚生労働省へ提出する 厚生労働省により規定され作成されたDPCデータ(年齢・性別、病名、手術・処置・薬剤等の種類、外来受診回数、入院期間、医療費など) 厚生労働省
実務支援委託先:株式会社健康保険医療情報総合研究所 DPC調査事務局
倉敷中央病院
院長 山形 専
DPC調査事務局/ツール:PRRISM
3 診断群分類に関する医療情報の健全な利用を促進し、関連する研究等の活動について安全・円滑な実施を支援することを目的に、匿名化したDPCデータを、暗号化通信による電子的送付あるいは追跡可能な宅配等により、診断群分類研究支援機構へ提供する 厚生労働省により規定され作成されたDPCデータ(年齢・性別、病名、手術・処置・薬剤等の種類、外来受診回数、入院期間、医療費など) 一般社団法人 診断群分類研究支援機構
代表理事:松田晋哉
倉敷中央病院
院長 山形 専
診断群分類研究支援機構
4 脳卒中およびそれに関連する症例に絞り込んだ全国規模の大規模データベースを構築し、今後の脳卒中関連の研究等に活用するとともに、医療施設の負荷を抑えた方法で脳卒中症例データベース構築を継続していくことを目的に、匿名化したDPCデータを、暗号化通信による電子的送付あるいは追跡可能な宅配等により、九州大学へ提供する 厚生労働省により規定され作成されたDPCデータ(年齢・性別、病名、手術・処置・薬剤等の種類、外来受診回数、入院期間、医療費など) 「脳卒中の医療体制の整備のための研究」(J-ASPECT Study:厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)
研究代表者:九州大学大学院医学研究院 脳神経外科教授 飯原弘二
倉敷中央病院
院長 山形 専
J-ASPECT脳卒中救急疫学調査/ツール:PRRISM
5 全国的に循環器診療の実態調査を展開して診療実態を具体的な数で把握し、得られたデータに基づいて、会員や社会へ、さらには社会保険制度へ情報を発信し、循環器診療の質を向上させるための基本的な資料とすることを目的に、匿名化したDPCデータを、暗号化通信による電子的送付あるいは追跡可能な宅配等により、国立循環器病研究センターへ提供する 厚生労働省により規定され作成されたDPCデータ(年齢・性別、病名、手術・処置・薬剤等の種類、外来受診回数、入院期間、医療費など) 一般財団法人 日本循環器学会
「循環器疾患診療実態調査」(Jroad)
倉敷中央病院
院長 山形 専
Jroad循環器疾患診療実態調査/ツール:PRRISM

本件にご質問・ご意見がございます場合には、
ご遠慮なく個人情報相談窓口でお受けいたします。
電話:086-422-0210 まで、お問い合わせください。



ページの先頭へ