会長あいさつ

この度、第35回日本救急医学会中国四国地方会を倉敷アイビースクエアに於いて開催する運びとなりました。
今回のテーマは「つなぐ(繋ぐ)」と致しました。

救急医療には様々な「つなぐ」場面があります。病院前から病院内へ、ERから集中治療へ、医療圏を超えて、次世代に知識と技術を、命のバトンを、あるいは日常的に患者さんを申し送ることも「つなぐ」ことなのかもしれません。このような様々な「つなぐ」を、職域を超えてそして世代を超えて考える2日間になればと考えています。

特別講演は森村尚登先生に「病院前から病院内へ」つなぐことについて、また寺澤秀一先生には「ER黎明期から現在へ」つなぐ、をテーマにお話しいただく予定です。
初夏の緑溢れる倉敷で多くの救急に携わる人たちにお会いできることを楽しみにしています。


第35回日本救急医学会中国四国地方会 会長
倉敷中央病院救急科主任部長 池上 徹則