HOME > 薬剤師を目指す皆様へ

働きやすい環境が整った最先端の高度先進医療の現場で、活躍できるフィールドがここにあります。

倉敷中央病院は、世界水準の医療を提供する地域No.1の急性期基幹病院です。その薬剤部では、薬剤師全員が正職員として仕事に携わり、最先端の高度先進医療現場をステージに活躍しています。患者さんと向き合える服薬指導、チーム医療の一員として活躍する病棟薬剤師、専門薬剤師というスペシャリストの道など、大きな病院ならではの仕事の幅広さが魅力です。働きやすい環境の中、あなたらしく薬剤師としての経験を積んでいきませんか?

スタッフが挙げる6つのポイント

「就職先として選んだ理由は?」「働いてみて思う倉敷中央病院のよさは?」など、先輩薬剤師たちの声を集めました。「ここが倉敷中央病院のいいところ!」

  • 総勢約100名の薬剤師

    頼れる先輩や同期が数多くいる薬剤部。忙しい時にはチームワークを発揮してサポートし合う風土があります。一緒に悩み、支え合える仲間がいることは働く上での大きな力になります。

  • 安心の1年間の師匠制度

    新人薬剤師には、時に厳しく、あたたかく見守ってくれる「師匠」という存在がいます。それが1年間に渡りマンツーマンで指導してくれる先輩薬剤師。疑問はその場で解決が基本です。

  • 充実の福利厚生

    職員専用のレストランやカフェ、図書室などの充実した施設に加え、きめ細やかな育児サポート、職員・家族の診療補助制度など、働きやすい福利厚生を整えています。

  • 国内最大の症例数

    症例数が多ければ、それだけ薬剤師としての知識・経験が積めることにつながります。専門薬剤師などの資格取得を目指す人にとって、症例数の多さは資格の取りやすさを意味します。

  • 病棟薬剤師、誕生!

    病棟薬剤師が多数活躍する倉敷中央病院では、ワーファリンや持参薬の代行処方を薬剤師が担当しています。医師に代わる働きが求められるなか、活躍の場はますます広がっています。

  • 専門薬剤師への道も

    電子カルテとつながった抗がん剤自動調製ロボットや自動散薬調剤ロボットを完備。さらに、抗がん剤調製用陰圧アイソレーターなどを導入し、薬剤師の安全確保と業務の効率化に取り組んでいます。