HOME > 部署と仕事紹介

最新の設備が整う薬剤部。医薬品を扱う専門部署として、チーム医療に大きく貢献しています。

調剤業務をサポートする最新の設備と合理化システムを導入し、働きやすい環境を整えている薬剤部。外来・入院の調剤業務や注射薬調剤業務をはじめ、服薬指導、薬歴管理、医薬品の情報提供などを行っています。4つの部署に分かれていますが、薬剤師の基本である「調剤」「処方・調剤鑑査」「服薬指導」はいずれの部署でも担当します。

薬剤部・4つの部署と仕事

4つの部署を紹介します。また、それぞれの仕事内容について先輩薬剤師が詳しく紹介します。

  • 病棟薬剤・手術薬剤・薬品情報グループ

    病棟に常駐し、患者さんの薬物療法の確認・病棟の薬品管理・服薬指導を行っています。患者さんの訴えや症状に基づき、医師や看護師へ薬物療法の提案をしています。また、医薬品情報の収集や提供を行っています。

  • 注射薬調剤グループ

    抗がん剤・TPN等の注射薬調剤を行う注射薬調剤グループです。化学療法センターでの服薬指導やレジメン管理など医師、看護師と協力し患者さんが安心して治療を受けられるよう支援しています。

  • 製剤・薬品管理グループ(製剤室、薬品管理室)

    外来・入院処方箋による調剤業務を行っています。外来患者さんへの服薬指導や副作用アセスメントを行うほか、院内製剤の調製や評価を行う製剤業務や、薬物の血中濃度の評価・解析を行う薬品試験業務を行っています。

  • 情報管理グループ(薬剤指導室、薬務室)

    薬事委員会の事務局として医薬品の採用可否の検討、後発医薬品の選定などを行っています。また、臨床研究においてGCP及び治験薬管理手順書に規定された治験薬の保管・管理を行っています。

薬剤部・4つの部署と仕事

薬剤部では、抗がん剤などのリスクの高い注射薬剤の混合業務を安全に行うために、無菌調剤用陰圧アイソレーターを完備しています。また様々なタイプの自動調剤ロボットを導入する事により、業務の合理化やヒューマンエラーを防止。更には、電子カルテ内の患者データを利用し、処方内容をチェックする国内初となる処方鑑査システムを導入し、薬剤師の負担軽減を図っています。

  • 抗がん剤調製用陰圧アイソレーター

  • 抗がん剤自動調製ロボット

  • 自動散薬調剤ロボット

  • 処方鑑査システム