7月開始 新規オプション検査 簡易認知機能検査「あたまの健康チェック」のご案内

2020年7月より簡易認知機能検査「あたまの健康チェック」が新しく検査項目として追加されます。

簡易認知機能検査「あたまの健康チェック」

私たちの認知機能は、生活習慣病などの影響で低下をもよおし、そのまま放置すると認知症の発症リスクが上がることが最新の研究で分かっています。微細な認知機能低下のみられる状態をMCIと呼び、MCIの状態であっても、生活習慣病の改善により認知機能を正常な状態に改善することができるといわれています。 「あたまの健康チェック」は、いわゆる『認知症チェック』とは異なり、認知機能低下の訴えのない健康な方の認知機能の状態把握や微細な変化をとらえることができる新しい検査です。30歳から受検いただける10分の対話式の記憶力チェック検査です。 年に1-2回の定期チェックを心がけましょう。

以下の検査・ドックメニューでは、標準項目として含まれています。
● 脳ドック  ● 脳MRI・MRA検査  ● 宿泊ドック

【主なチェック内容】
1. 対面で行う10分間の記憶検査です
2. 10の単語を復唱して覚え、すぐに思いだす
3. 同じことを3回繰り返し行います
4. 3つの動物の中から仲間外れを選ぶ
5. 最初に覚えた10の単語をもう一度、思い出す

以下に該当の方におすすめです(オプションでの受検をご検討ください)
・ 糖尿病、高血圧、脂質異常等の生活習慣病、高コレステロール、メタボ・肥満
・ 不規則な食生活、運動不足、ストレスや不安、喫煙歴、聴力低下
・ 運転業務、重機操作、経営、法律業務に携われる方
・ 物忘れが気になる、あるいは、周囲から指摘を受けたことがある方