倉敷国際ホテルのご紹介

歴史と風格香る空間

1階ロビー
メインロビー 棟方志功作「大世界の作〔坤〕―人類より神々へ―」

倉敷国際ホテルの、ロビー吹き抜けの壁面を飾る大版画「大世界の作」は、1963年に倉敷国際ホテルのために大原總一郎の依頼によって制作したものです。はじめ「乾坤頌―人類より神々へ―」と名づけましたが、のち自ら「大世界の作〔坤〕―人類より神々へ―」と改題したものです。その名の示すとおり、大世界の人類の幸福と平和を願う意思を込めて制作したもので、1970年の万国博民芸館に展示された「大世界の作〔坤〕―神々より人類へ―」と対を成します。

小ロビー

ロビーには北城貴子氏の作品も展示

作品はベートーベンの第九、情熱、皇帝等の韻律を裸体の中に響かせ、神々の芸術への讃歌を版画化したといわれています。また、ピカソの「ゲルニカ」を見た感動をモチーフに作ったともいわれています。 棟方の版画のなかでは最も大きな作品です。

当プラザとのコラボメニューを提供

選べる和・洋のコラボメニュー

予防医療プラザと倉敷国際ホテルのコラボメニューをご用意しています(メニューは毎年見直し)。

MENU
スモークサーモンのサラダ仕立て
本日のスープ
スズキのワイン蒸し 黄にらのせ 海藻ソース
牛フィレ肉の網焼き
赤ワインソース
特製デザート フルーツ添え
コーヒー または 紅茶
パン または ライス

合 計
60kcal
80kcal
230kcal
260kcal

130kcal
35kcal
163kcal
958kcal

コラボメニュードック当日、朝は絶食、昼のうどん定食は約600kcal。コースメニューの958kcalと合わせて約1600kcal(成人1日の必要エネルギー1600~2100kcal)と決して多すぎるエネルギーではありませんので、安心してお召し上がりください(飲み物のエネルギーは含みません)。
メイン料理である牛肉に脂肪分の少ないフィレ肉を使い、さらに網焼きにすることで、通常のサーロインステーキと比べて約半分のエネルギーに抑えています。魚料理には、ワインと香草野菜である黄ニラを使って蒸すことで、臭みを抑え、食べやすく仕上げています。海藻ソースにはオリーブ油で香りと風味を加え、料理の味を引き立てています。デザートのブラマンジェは豆乳を使って脂肪分を抑え、甘さも控えめに作っております。

料理旅館 鶴形和食をお好みの方には、倉敷国際ホテル直営 料理旅館 鶴形(つるがた)でお食事をご提供しています。こちらは倉敷国際ホテルから徒歩4分ほど、倉敷美観地区 倉敷川沿いの立地で、景観を楽しみつつお食事していただけます(※月曜日は休業)。

ご宿泊いただくお部屋のご紹介

 

シングルルーム

  • ルームサイズ | 18.8㎡
  • ベッドサイズ | 160×195㎝

ダブルルーム

  • ルームサイズ | 21.8㎡
  • ベッドサイズ | 110×195㎝
チェックイン・
チェックアウト
チェックイン…14:00
チェックアウト…11:00
客室設備 バス・トイレ
シャワー
冷暖房
テレビ
衛星放送
冷蔵庫
ズボンプレッサー
無料高速LAN接続(有線)
アメニティ ハンドタオル・バスタオル
ボディソープ
シャンプー・リンス
シャワーキャップ
温水洗浄トイレ
歯ブラシ・歯磨き粉
パジャマ
髭剃り
ドライヤー
くし・ブラシ
マッサージ
クリーニングサービス(00:00~24:00)