トピックス
homeトップページ > トピックス一覧
   > 「わが街健康プロジェクト。」第3回サポーターズミーティングを開催しました

公開:2015.10.24

「わが街健康プロジェクト。」第3回サポーターズミーティング

わが街健康プロジェクト。


なぜ「かかりつけ医」を持つことが大切なの?皆で意見交換

-「わが街健康プロジェクト。」第3回サポーターズミーティング開催

倉敷リハビリテーション病院 総合相談・地域支援部 地域連携室 課長 岡本 典子 氏地域住民の皆さまに、地域医療連携について学び広めていただくことを目指す「わが街健康プロジェクト。」。倉敷市を中心に当院含め17病院が共催しています。講演会参加通算3回を経てブロンズクラスに認定されたサポーターは、第8回講演会終了現在、206名です。

10月22日、対話型企画「サポーターズミーティング」第3回を開催しました。この企画の参加対象はブロンズクラス以上に認定されているサポーター、構成はミニレクチャー2題とグループ討議(ファシリテーターとして医療職、プロジイマイクリニック 院長 今井 博之 先生ェクト事務局スタッフが加わる)としています。テーマは「かかりつけ医」とし、事務局スタッフ 倉敷リハビリテーション病院 総合相談・地域支援部 地域連携室 課長 岡本 典子 氏からは「かかりつけ医を持ちましょう」、イマイクリニック 院長 今井 博之 先生からは「かかりつけ医 現在とこれから」と題して、それぞれお話しいただきました。

ミニレクチャーでは、かかりつけ医と総合病院の違いを「森全体をみる」「木 1本をみる」とたとえ、全身状態を把握して体調が悪いときも総合的に診てもらえるメリットを紹介しました。日常の体調管理についてはかかりつけ医を受診し、専門的な治療が必要になった際には総合病院へスムーズに紹介してもらう、といった上手な医療機関との付き合い方を提案しました。また、今井先生からは、在宅の患者さんに寄り添う思いや平素の診療活動についてご紹介いただいたほか、医療機関・介護機関との連携や地域包括ケアシステムについてもお話しいただき、在宅での看取りを希望する患者さんを支援する体制作りが進んでいることを会場に伝えられました。さらに「伝えたいことはメモして準備」「よりよい関係づくりはあなたにも責任がある。相互努力が必要で、求めるだけではダメ」等、医療機関にかかる時のアドバイスもいただきました。ご趣味のスポーツ吹き矢のお話も交えていただき、会場の皆さんも興味津々で聴講されました。

各グループでの自己紹介や、ミニレクチャーに関するクイズで会場の雰囲気が和んだところで、サポーターの皆さんに①本日のミニレクチャーを聴いてあらためて考えること②なぜ、かかりつけ医をもつことが必要なのか③サポーターとして何ができるか と呼びかけ、グループでの意見交換が行われました。

議題①については「今日は○○の検査のをしますか?、しませんか?と聞かれるよりも、先生主導で進めてくれる
ようなかかりつけが好い。気楽に何でも話せて、適切にアドバイスしてくれる先生が好い。」「自宅近くの開業医で診てもらっていて、満足している。緊急時のことを考えると、やはり近い所が好ましい」など、身近な相談役としてかかりつけ医と良好な関係を築いていく必要性をミニレクチャーから感じ取られたご意見がありました。

議題②については、「かかりつけ医に電話で相談したら、以前の情報があったのですぐにわかってもらえた。覚えていてくれてうれしかったし、頼もしかった。安心できた。」「かかりつけ医と上手に付き合うにはメモをとっておくことが大事。家族全員で記録(薬など)を共有できることが大事。」「サポーター同士でかかりつけ医の情報交換ができた。教えてもらったクリニックに行ってみようと思う。」と、かかりつけ医との付き合い方や見つけ方についても様々な意見交換がありました。

議題③については「お稽古仲間などわが街の活動を知らない人に声をかけ広げていくのが私の仕事だと思っている」「かかりつけ医を自分が持っていたら、良い点をみんなに伝えたい。今は、健康だから、今日の話は今後の参考にしたい。周りにも伝えていきたい。」「家族や親せき、まわりにも、なんでも倉中と言う人が多い。なんでも倉中は違うよと教えてあげている。」など、心強い言葉があがりました。

アンケートでは「グループで話をすることで、自分で考えている以外に勉強ができた」「皆さんの意見を聞けてよかった」「いろんな意見を聞いてみたい」「直接医療スタッフの声を聴く事ができる」「これまで知らなかったことを学び、知人に教えてあげたい」「ディスカッションして相互理解と知識を深めたい」等、前向きな声をいただきました。また、「かかりつけ医を見つけたいが、見つけ方がわからない。詳しい情報を掲載した一覧などあれば」というご意見もいただきました。

今回のサポーターズミーティング参加で、「考える」ステップを修了された45名がゴールドサポーター認定のはこびとなりました。11月6日に開催される第9回講演会参加にて認定される方は11名おられます。合わせて56名の方を対象に、第9回講演会にてゴールドサポーター認定式を開催、プラチナサポーターを目指す次の「広める」活動に役立つグッズを贈呈します。新たなステップに進まれる皆さんとともに地域医療について広めていけることを、共催病院スタッフ一堂、楽しみにしております。


(共催病院)
あずま会倉敷病院 倉敷紀念病院 倉敷市立児島市民病院 倉敷スイートホスピタル
倉敷成人病センター 倉敷第一病院 倉敷中央病院  倉敷平成病院
倉敷リハビリテーション病院 倉敷リバーサイド病院 児島中央病院
重井医学研究所附属病院 しげい病院 玉島中央病院 チクバ外科・胃腸科・肛門科病院
松田病院 水島中央病院
倉敷市 倉敷商工会議所 倉敷市保健所

(後援)
倉敷市 倉敷商工会議所 倉敷市保健所

当院のご案内
病院紹介映像
所在地
〒710-8602
岡山県倉敷市美和1-1-1
Phone086-422-0210(代表)
FAX:086-421-3424

外来受付時間
月~金 8:10~11:00
(土曜日は8:10~10:30)
土曜日外来診療体制について
紹介状をお持ちの方へ


休診日
日曜
祝日(7/17、11/23を除く)
年末年始

Mail メールでお問い合わせ
※診療に関するご質問には
  お答えできません

交通案内 当院への交通案内
駐車場 駐車場のご案内
駐輪場のご案内 駐輪場のご案内
院内施設・サービス 院内施設・サービス
ご寄付について
赤い屋根まごころ基金のご案内
公式Facebook
関連法人のご案内

倉敷中央天寿会
   --ケアハウスつるがた
関連ページ・相互リンク

おかやま医療情報ネット
ivy alumn
わが街健康プロジェクト。

ページの先頭へ