HOME > 教育制度

マンツーマンで行う1年間のきめ細かな指導と着実に成長できる教育研修体制。

薬剤部では、薬剤師としての基礎と業務を着実に身につけていくことができるカリキュラムを整えています。処方箋の流れ、調剤の基本、鑑査方法、さらには窓口業務や電話対応、電子カルテの使い方など、業務内容を網羅したチェックリストにより指導内容を共有化。新人薬剤師が確実に仕事ができるようにサポートしています。

新人薬剤師対象

新人薬剤師を対象にした教育制度を紹介します。
  • 新人集合研修

    病院全体で行う新人向けのオリエンテーションです。病院全体のシステム説明や院内見学をはじめ、社会人としての心構え、医療人としての倫理観についてレクチャーを受けます。

  • マンツーマン実務研修(師匠制度)

    新人がきめ細かな指導が受けられるように、3〜5年目の先輩が師匠となって1年間のマンツーマン指導を行います。実務はもちろん、何でも気軽に相談できる心強い味方です。

ローテーション研修

1年間を通して、すべての業務のローテーション研修を実施しています。1年目に病棟薬剤師としての業務をすべて身につけることができると新人薬剤師にも好評です。

全薬剤師対象

全薬剤師を対象にした教育制度を紹介します。

勉強会&症例報告会

個別に実施する新薬の勉強会のほか、毎月第2・第4水曜日に毎回テーマを設けて定例勉強会を実施しています。また症例報告会も月1回行っており、病棟での服薬指導によって得た情報を全員で共有・確認しています。


多職種合同研修会

多職種の新人での合同研修会が年に5回行われます。心肺蘇生の手技やコミュニケーション技術の向上などを医師、看護師、検査技師等、他の職種の人たちと合同で学びます。様々な職種の人と共に学ぶことは大きな刺激になります。


多職種合同研修会

倉敷中央病院は、がん専門薬剤師を養成する教育医療機関として認定を受けています。専門性を高めたいという希望を持つ薬剤師にとって、自分の職場で学ぶことは負担も少なく、恵まれた環境が整っています。

先輩ボイス

新人薬剤師の1年目って、どんな毎日?
詳しく知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。