診療情報を集めて行う臨床研究(観察研究等)に関するお知らせとお願い

当院では臨床情報をもとにした、下記の臨床研究・調査を行っています。また研究によっては、他の研究機関への試料・情報の提供を行っています。

  • 患者さん個人が特定されるような情報は一切公表されません。
  • 下記一覧の研究は、医の倫理委員会の承認および、当院院長の許可を得て行っています。
  • この研究に関するお問い合わせや、カルテ情報の利用を希望されない方は、以下の問合せ先までご連絡ください。

問い合せ先

公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院

  • TEL: 086-422-0210(代表)
  • FAX: 086-421-5837(臨床研究センター)
  • E-mail:kenkyu@kchnet.or.jp

検索について

  • 診療科、疾患名等のキーワード検索が可能です。
  • 2つ以上のキーワード検索は、キーワードごとに半角スペースで区切って入力することで検索可能です。
科名研究課題名詳細情報対象となる方研究実施期間研究責任者
臨床研究センター電子診療情報を基にしたデータベース構築の取り組み詳細2003年以降に当院で診療を受けられた患者さん2016年7月5日~
徳増 裕宣
小児科川崎病様症状を呈するエルシニア感染症の検討詳細2017年4月から、2020年3月までの間に、当院小児科に入院し川崎病様症状を呈した方。2017年4月~
2023年3月
綾 邦彦
小児科正常新生児における近赤外線分光法 (時間分解分光法)を用いた脳組織酸素飽和度の評価詳細2021年2月から、2022年3月までの間に出生した正常新生児。2021年1月~
2024年3月
岩﨑 恵里子
小児科周産期母子医療センターネットワークの構築およびハイリスク児のアウトカム分析詳細2003年以降に当院に入院された在胎期間32 週未満の早産児または出生体重1500g 以下の低出生体重児となります。今後も登録は継続され、登録期間の終了時期は設定されていません。2018年2月~
高橋 章仁
小児科慢性肺疾患の診断と治療のための多施設共同前方視的コホート研究Multi center prospective cohort study of diagnosis and treatment for chronic lung disease詳細倫理委員会承認日から2023年6月30日の期間に、倉敷中央病院および共同研究機関で出生した、あるいはそれらの施設に生後24時間以内に入院した在胎週数28週以下の新生児、およびその母体2020年8月~
2028年12月
高橋 章仁
小児科小児におけるB群連鎖球菌感染症ナショナルサーベイランス詳細西暦2023年11月29日以前に、侵襲性B群連鎖球菌感染症 (血液や髄液などからB群連鎖球菌を検出した場合に診断される)により研究協力機関 (3を参照) に入院または通院された患者さん。2023年12月~
2027年3月
高橋 章仁
小児科小児内分泌疾患患者臨床情報の全国登録システムの構築詳細当施設に2010 年 1 月1日以降 2019 年 8 月末迄に下記のいずれかの小児内分泌疾患の診断で診療を受けた患者さん
低ホスファターゼ症、McCune-Albright症候群、低リン血性くる病、
先天性高インスリン血症、5αリダクターゼ欠損症
2020年9月~
2023年12月
細川 悠紀
小児科我が国における1型糖尿病の実態の解析に基づく適正治療の開発に関する研究詳細2019年11月から2019年12月までに、当院受診歴のある方。2022年5月~
2024年3月
細川 悠紀
小児科小児糖尿病サマーキャンプ中の血糖管理法の検討詳細2023年7月に行われた岡山小児糖尿病サマーキャンプの参加者のなかでミニメド770Gインスリンポンプを使用している方。2023年11月~
2025年3月
細川 悠紀
小児科Fontan患者における肝エラストグラフィーの有用性詳細2021年12月までの間に、肝エラストグラフィーを施行されたFontan術後患者さん。2022年6月~
2023年12月
土井 悠司
小児科上気道病変に対する経鼻的持続陽圧換気による長期予後評価の検討詳細2014年4月以降に上気道病変であると診断された方2016年4月~
2025年3月
徳増 智子
小児科わが国の小児がんサバイバーの健康・社会生活状況の実態解明に関する大規模調査研究詳細1990 年1 月1 日から2017 年12 月31 日までに、日本小児がん研究グループに参加している施設において、診断時18 歳未満で小児がん(悪性新生物(ただし、良性脳腫瘍を含む))の診断を受けられた方で、5 年以上生存している方。2023年1月~
2026年3月
納富 誠司郎
小児科JPLSG中央病理診断で非腫瘍性病変もしくはリンパ増殖性疾患と診断された症例の後方視的調査詳細JPLSG参加施設において、2006年から2021年の間に日本小児血液がん研究グループ(JCCG, JPLSG)の研究(JPLSG疫学研究またはCHM-14研究)に登録され、中央病理診断に検体が提出された症例のうち、非腫瘍性疾患もしくはリンパ増殖性疾患の中央診断結果が得られた方。2023年11月~
2024年3月
納富 誠司郎
小児科日本先天性心疾患インターベンション学会レジストリー(Japan Congenital Interventional Cardiology Registry, JCIC-R)へのオンライン登録詳細2012年1月移行、当院において、小児・先天性心疾患に対するカテーテル治療(アブレーションを含む)を施行された方。先天性心疾患に対する治療であれば、成人に達している方も含みます。2013年1月~
2032年1月
脇 研自
小児科日本における、重症・中等症小児COVID-19登録及びMIS-C全国調査共同研究詳細①小児COVID-19関連多系統炎症性症候群(MIS-C)
②SARS-CoV-2陽性川崎病
③重症・中等症小児COVID-19
2019年1月1日から2031年12月31日までに全国の病院(小児科もしくは集中治療教育機関)で上記と診断された患者さん
2022年8月~
2035年12月
脇 研自
小児科児童・生徒の院外心原性心停止登録研究詳細2017年1月1日~2021年12月31日の期間に、病院外で心臓が原因で心停止になった小学生、中学生、高校生2023年1月~
2025年3月
脇 研自
小児科急性血液浄化療法の実態調査詳細2015年5月20日から2016年3月31日までの間に、血液浄化療法を受けられた方2015年5月~
2024年3月
澤田 真理子
小児科低体温療法を施行した新生児低酸素性虚血性脳症における急性腎障害の検討詳細2000年6月から、2016年6月までの間に、低体温療法を施行された新生児低酸素性虚血性脳症の方2016年6月~
2024年3月
澤田 真理子
小児科極低出生体重児における尿中バイオマーカーの基準値の検討詳細2017年10月から、2020年3月までの間に、極低出生体重児(定義:出生体重1,500g未満)であると診断された方。2017年11月~
2025年3月
澤田 真理子
小児科極低出生体重児の血清クレアチニンの基準値詳細2015年1月から、2017年10月までの間に、極低出生体重児と診断された方及びその母親。2018年4月~
2024年3月
澤田 真理子
小児科体重10kg未満の急性血液浄化療法におけるVascular accessの現状詳細 2006年1月から、2021年8月までの間に、当院小児科で急性血液浄化療法を実施された体重10kg未満の方。2021年9月~
2024年3月
澤田 真理子
小児科体重10kg未満の小児の難治性川崎病に対する単純血漿交換詳細 2010年4月から、2021年6月までの間に、難治性川崎病であると診断され血漿交換療法を行われた10kg未満のお子さま。2023年2月~
2024年3月
澤田 真理子
外科Upside Down Stomachを呈する食道裂孔ヘルニアの病態と手術詳細2010年1月から、2021年12月末までの間に、Upside Down Stomachを呈する食道裂孔ヘルニアであると診断された方。2022年5月~
2022年7月
穐山 竣
外科大腸癌の治療成績の検討詳細2000年1月から、2028年7月までの間に、大腸悪性疾患(癌、肉腫など)、消化管間質腫瘍(GIST(ジスト))、神経内分泌腫瘍(NET(ネット))、大腸良性疾患(虫垂炎、憩室炎、腸閉塞など)で治療をうけられた方。2018年8月~
2028年7月
横田 満
外科結腸がんにおける漿膜弾性板浸潤の診断的有用性に関する国際共同研究詳細2006年1月から、2010年12月までの間に、根治切除が行われた結腸がんで病理組織学的にT3以深であると診断された方。2019年4月~
2022年3月
横田 満
外科右側結腸癌のリンパ節郭清に関する多施設観察研究The multi-center retrospective study on lymphadenectomy in right colon cancer.詳細2010年10月から、2017年6月までの間に、盲腸癌および上行結腸癌であると診断された方。2020年3月~
2023年9月
横田 満
外科高齢者Stage III大腸癌に対する術後補助化学療法の現状調査A multicenter observational study of adjuvant chemotherapy for elderly patients with stage III colorectal cancer (MOEST study)詳細2012年1月~2016年12月の間に根治的手術を受けられた、75歳以上のStage III大腸癌の患者さん2020年3月~
2024年12月
横田 満
外科根治的外科治療可能の結腸・直腸癌を対象としたレジストリ研究GALAXY trial(Genetic Alterations and clinical record in radically resected colorectal cancer revealed by Liquid biopsy And whole eXome analYsis)詳細2020年5月以降に根治的外科治療可能の結腸・直腸癌を対象としたレジストリ研究(GALAXY trial)に参加された方2020年5月~
2031年3月
横田 満
外科血液循環腫瘍DNA 陰性の高リスクStage II 及び低リスクStage III 結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのCAPOX 療法と手術単独を比較するランダム化第III 相比較試験 VEGA trial (Vanished ctDNA Evaluation for MRD-Guided Adjuvant chemotherapy for colon cancer)詳細2020年7月以降に血液循環腫瘍DNA陰性の高リスクStage II及び低リスクStage III結腸癌治癒切除例に対する術後補助化学療法としてのCAPOX療法と手術単独を比較するランダム化第III相比較試験(VEGA trial)に参加された方2020年5月~
2031年3月
横田 満
外科大腸癌術後サーベイランスにおける腫瘍マーカー測定意義の検討詳細2010年1月から、2016年12月までの間に大腸癌の根治手術を当院で受けられた方。2022年3月~
2024年12月
横田 満
外科BRAF V600E 変異を有する切除可能大腸癌遠隔転移患者に対する周術期化学療法としてのエンコラフェニブ+ビニメチニブ+セツキシマブ併用療法の有効性及び安全性を評価する多施設共同第 II 相臨床試験(NEXUS 試験)の長期予後に関する観察研究(NEXUS 試験-観察研究)詳細「BRAF V600E変異を有する切除可能大腸癌遠隔転移患者に対する周術期化学療法としてのエンコラフェニブ+ビニメチニブ+セツキシマブ併用療法の有効性及び安全性を評価する多施設共同第II相臨床試験」(NEXUS試験)に参加された方で、かつ、NEXUS試験で得られた情報の二次利用同意とNEXUS試験-観察研究への参加同意が得られ、同意撤回がなされていない方2022年8月~
2030年3月
横田 満
外科ロボット支援超低位前方切除術又は経肛門吻合を伴うロボット支援直腸切除術の手術成績に関する後向きコホート研究Surgical outcomes of robot-assisted super-low anterior resection or robot-assisted rectectomy with transanal anastomosis: a retrospective cohort study (ROSEMARY study)詳細2020年1月1日から2021年12月31日までに「ロボット支援超低位前方切除術」又は「経肛門吻合を伴うロボット支援直腸切除術(ロボット支援括約筋間直腸切除術又は経肛門アプローチ併用ロボット支援直腸間膜全切除術)」を受けられた方2023年1月~
2024年4月
横田 満
外科骨盤内悪性腫瘍に対するロボット支援骨盤内他臓器合併切除に関する多施設共同後ろ向き観察研究詳細2012年1月1日から2022年8月31日までの間に、20歳以上で、癌をとりきる手術として骨盤内臓全摘術、前方骨盤内臓器全摘術、後方骨盤内臓器全摘術のいずれかを受けた患者さん2023年5月~
2024年3月
横田 満
外科「ミスマッチ修復異常を認める切除可能直腸癌を対象に免疫チェックポイント阻害薬の有効性・安全性を検討する多施設共同臨床第Ⅱ相試験」の長期有効性・安全性とQuality of life (QOL)に関する観察研究 【VOLTAGE-2観察研究】詳細2023年1月~2027年3月まで倉敷中央病院にて実施される「ミスマッチ修復異常を認める切除可能直腸癌を対象に免疫チェックポイント阻害薬の有効性・安全性を検討する多施設共同臨床第Ⅱ相試験(略称:VOLTAGE-2試験)」に参加した方2024年1月~
2031年3月
横田 満
外科京都大学外科関連施設における大腸癌手術治療成績の検討(Kyoto university Surgery Network Registration Colorectal Cancer (KSNR-CC))詳細2013年1月から2024年12月に倉敷中央病院おいて、臨床診断あるいは切除標本や生検による病理診断がなされた大腸原発悪性腫瘍患者さん2023年5月~
2029年3月
河田 健二
外科National Clinical Database(NCD)への症例登録詳細2011年1月1日以降、外科、心臓血管外科、呼吸器外科で手術を受けた方
(備考)心臓血管外科、呼吸器外科も参加
2011年1月~
河本 和幸
外科肝硬変症例に対する腹腔鏡下肝切除術の安全性・有用性の検討詳細2010年1月から2017年4月までの間に、肝切除術を受けたられた方で病理検査で肝硬変が確認された方2017年8月~
2017年8月
橋田 和樹
外科肥満症例に対する腹腔鏡下肝切除術の安全性・有用性の検討詳細2010年1月から2017年5月までの間に、腹腔鏡下肝切除を受けられた方と、開腹肝切除術を受けたられた方2017年8月~
2017年8月
橋田 和樹
外科肝細胞癌患者に対する腹腔鏡下と開腹下再肝切除術術後成績比較-国際多施設後ろ向き研究 propensity score matched analysis-詳細2007年1月1日から2017年7月31日までの期間に当院で腹腔鏡下肝切除術を受けられた方と、開腹肝切除術を受けられた方の全例が対象です.2018年11月~
2020年3月
橋田 和樹
外科膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術の臨床的影響の検討詳細2014年1月1日から2019年12月31日までに膵体尾部切除術を受けられた全ての患者さん2019年5月~
2025年3月
橋田 和樹
外科National Clinical Database (NCD)における消化器外科医療水準評価術式登録 に対するリモート型監査詳細 2016 年1 月から2022 年12 月までの間に、消化器外科学会認定施設において、手術を受けられた方で、NCD事業にデータ登録を拒否されなかった方が対象2019年8月~
2023年3月
橋田 和樹
外科膵頭十二指腸切除術の短期・長期成績についての多施設共同観察研究詳細2012年1月1日から2020年12月31日の間に、膵頭十二指腸切除術を受けた患者さん2019年8月~
2026年7月
橋田 和樹
外科当院における腹腔鏡下肝左葉切除術の工夫と定型化詳細2016年4月から、2019年9月までの間に、腹腔鏡下肝左葉切除術を受けられた方。2019年10月~
2020年4月
橋田 和樹
外科胆嚢癌疑診例および早期胆嚢癌に対する鏡視下切除の有効性の検討:多施設共同後ろ向き研究詳細2000年1月から、2020年12月までの間に胆嚢癌疑診例または早期胆嚢癌の診断で、腹腔鏡下胆嚢床切除または腹腔鏡下肝切除を施行した患者さん2021年7月~
2022年12月
橋田 和樹
外科肝腫瘍に対する肝静脈再建を伴う肝切除の短期・長期成績の検討Short and long-term outcomes of liver resection with hepatic vein reconstruction for liver tumor詳細2010年1月1日~2020年12月31日の間に福山市民病院外科および共同研究機関において、肝腫瘍に対して肝静脈の合併切除再建を伴う肝切除術を受けられた方2022年10月~
2023年10月
橋田 和樹
外科pT1aの胃癌における6番リンパ節郭清の意義詳細2013年1月から、2022年10月までの間に、当院で胃切除を受けた方の中で、深達度がpT1aの早期胃癌と診断され、6番リンパ節郭清(リンパ節の切除)を受けている方。2023年10月~
2024年4月
山口 賢二
外科皮下埋め込み型中心静脈ポート留置後合併症の後方視的検討詳細2019年1月から 2021年12月までの期間に当院においてCVポートを留置された患者さん2022年10月~
2022年11月
山本 嵩
外科高齢者の進行胃癌における2次療法の検討詳細2017年4月から、2023年5月までの間に、胃癌の2次治療としてラムシルマブ(サイラムザ)を含むレジメンが施行された80歳以上の方(27名)。2023年10月~
2023年10月
山本 嵩
外科AYA世代の大腸癌の臨床的特徴および治療内容に関する検討詳細2011年1月から、2021年12月までの間に、病理学的に大腸がんであると診断された方。2023年2月~
2024年12月
上野 彩子
外科当院におけるincidental胆嚢癌の特徴と術後成績詳細2009年1月から、2019年10月までの間に、胆嚢摘出術を受けられ、術後に胆嚢癌と診断された方。2019年12月~
2022年12月
仁科 慎一
外科未治療進行又は再発胃がんを対象としたニボルマブ+化学療法の実臨床下における有効性と安全性に関する観察研究詳細未治療進行又は再発胃がん治療のため 当院でニボルマブ(オプジーボR)と化学療法の治療を
受けられた患者さん
2022年7月~
2026年9月
仁科 慎一
外科細径化腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術における術後疼痛の検討詳細2018年9月から、2021年8月までの間に、鼠径部ヘルニアであると診断され、当院でTAPP法による手術を施行された患者さん2021年10月~
2022年3月
盛田 興輔
外科大腸癌肝転移切除における、biological borderline resectableの新たな定義の可能性詳細2017年1月から2019年12月までの間に大腸癌肝転移と診断され当院で肝転移に対する手術を施行された患者さん。2022年12月~
2023年7月
盛田 興輔
外科膵頭十二指腸切除術後胆管炎の頻度と周術期因子の検討詳細2016年1月から、2020年12月までの間に、膵頭十二指腸切除を施行された18歳以上の方2023年4月~
2023年9月
増井 俊彦
外科膵体部癌に対する至適切除術式の検討詳細2012年1月~2021年12月までに京都大学医学部付属病院および共同研究機関において、膵体部癌と診断され根治を企図した手術が施行された方2023年11月~
2026年3月
増井 俊彦
外科膵頸部癌に対する至適術式の検討詳細2012年1月から、2022年7月までの間に、膵頸部癌に対して膵頭十二指腸切除もしくは膵体尾部切除を施行された18歳以上の方。2023年11月~
2024年7月
増井 俊彦
外科偶発胆嚢癌に対する多機関共同後ろ向きコホート研究詳細2005年1月1日(または各研究機関で容易に検索可能な範囲)?2021年12月31日までの胆嚢癌全手術を受けた方2023年11月~
2025年3月
増井 俊彦
外科「小児におけるカフ付き中心静脈カテーテル留置術と末梢挿入型中心静脈カテーテル留置術について」の検討詳細2020年3月から、2023年9月までの間に、カフ付き中心静脈カテーテル留置術と末梢挿入型中心静脈カテーテル留置術を外科で施行した18歳未満の方2023年12月~
2023年5月
仲田 惣一
外科閉鎖孔ヘルニア嵌頓に対する非観血的整復手技の導入と検討詳細2016年4月から、2020年9月までの間に、閉鎖孔ヘルニア嵌頓であると診断された方2020年10月~
2025年4月
長久 吉雄
外科Evaluation of Four-hand Reduction for Obturator Hernia with the Guidance of Sonography(FROGS) as a new strategy for obturator hernia: A retrospective study (嵌頓閉鎖孔ヘルニアに対する新しい還納手技FROGSの評価:後方視的研究)詳細2016年4月から2021年12月までの間に、閉鎖孔ヘルニア嵌頓であると診断された方。2022年4月~
2022年12月
長久 吉雄
外科後天性非腫瘍性消化管気道瘻の発生数や治療法に関する全国実態調査詳細2015年1月1日から2019年12月31日までに、後天性の(生まれつきでない)非腫瘍性(癌などによらない)消化管と気管や気管支との瘻孔と診断された患者さん。2023年9月~
2024年3月
長久 吉雄
外科食道癌における機械学習を用いた画像認識による術前化学療法および化学放射線療法の効果判定手法確立を目指した多施設共同後ろ向き観察研究(略称:像認識による治療効果判定に関する研究)詳細西暦2008年1月1日より2021年12月31日までの間に、【外科】にて【食道癌】の【治療】のため【入院】し、【手術】または【化学放射線療法】を受けた方2023年9月~
2025年3月
長久 吉雄
外科腹腔鏡下肝切除術における局所止血剤の使用成績の検討詳細2021年1月から、2022年7月までの間に、腹腔鏡下肝切除術を施行した方。2022年11月~
2023年3月
武藤 純
外科家族性膵癌患者に対する術後補助化学療法の効果(JON2201-P)詳細2013年1月から2019年12月までの間に、術前化学療法を行わず、初回の膵癌外科切除(肉眼的根治切除)が行われ、術後補助化学療法が実施された患者さん2023年11月~
2026年3月
武藤 純
外科先天性梨状窩瘻孔に対するトリクロロ酢酸を用いた化学的焼灼法の治療成績の検討詳細2015年1月から、2022年3月までの間に、先天性梨状窩瘻孔であると診断され、トリクロロ酢酸による化学的焼灼法を施行した16歳未満の方。2021年11月~
2024年12月
片山 修一
外科小児精巣腫瘍の臨床的検討詳細2001 年 1 月から、 2021 年 12 月までの間に、 精巣腫瘍 であると診断された 男児 1 2 歳未満 )。2022年4月~
2025年12月
片山 修一
外科術後膵液瘻高リスク群を予測する術前因子の検討詳細2010年4月から、2020年3月までの間に、膵切除を受けられた方。2018年8月~
2025年3月
北川 裕久
外科膵頭十二指腸切除後腹腔内出血に対するアンケート調査詳細2009年1月1日から2018年12月31日までに本邦で施行され、アンケート調査に参加する施設で行われた膵頭十二指腸切除術を行った症例2020年5月~
2025年3月
北川 裕久
外科膵頭部癌に対する膵外神経叢郭清が予後に与える影響の検討詳細2018年4月から、2025年3月までの間に、膵頭部癌で膵頭十二指腸切除術切除を受けられた方。2020年10月~
2026年3月
北川 裕久
外科幽門側胃切除後の尾側膵切除の安全性に関する検討詳細2009年1月から、2019年12月までの間に、幽門側胃切除術の既往があり、かつその後に膵疾患にて尾側膵切除術が施行された方。2021年6月~
2025年12月
北川 裕久
外科膵腺房細胞癌の実態調査 多施設共同研究詳細1) 2000年1月~2020年12月までに外科的手術もしくはEUS-FNAにて病理組織学的に膵腺房細胞癌と診断された患者さんで切除出来なかった患者さんも含めます。
2)膵腺房細胞癌と神経内分泌腫瘍成分、もしくは腺癌成分との混合腫瘍も対象に含めます。
2022年3月~
2025年12月
北川 裕久
外科実臨床データを用いた膵癌術後補助化学療法の至適投与期間に関する検討(2020年度 日本膵臓学会プロジェクト研究)詳細当院にて2014年1月から2018年12月までの5年間に,外科的に切除され,切除標本の病理組織診断にて通常型膵癌と診断され,S-1単独の術後補助療法を施行された患者さん2022年9月~
2024年3月
北川 裕久
外科膵頭十二指腸切除術における門脈合併切除例の検討詳細2019年1月1日から2022年6月30日までに、膵頭十二指腸切除術(PD)+門脈合併切除(PVR)を施行された方を対象とします。2023年5月~
2024年3月
北川 裕久
整形外科日本整形外科学会症例 レジストリー(JOANR)構築に関する研究詳細2020年4月~2030年3月の間に倉敷中央病院 整形外科において、運動器の手術を受けられた方を対象とします。人工関節手術、関節鏡視下手術、脊椎手術、骨折治療の手術などが対象となります。2019年12月~
伊藤 宣
整形外科筋骨格系疾患における治療の長期予後改善を目指したコホート研究詳細過去に当院で筋骨格系疾患の治療を受けた方、および2022年3月から、2027年3月までの間に、筋骨格系疾患をお持ちであると診断された方。2022年3月~
2027年3月
伊藤 宣
整形外科修復困難な腱板断裂に対する肩上方関節包再建術の治療成績と予後因子の検討:多施設共同研究詳細2007年1月から2020年3月までに当院もしくは共同研究機関にて修復困難な腱板断裂に対して手術治療(鏡視下肩上方関節包再建術)を行った患者さん2020年6月~
2025年5月
高山 和政
整形外科偽性麻痺肩患者に対する、上方関節包再建術の術後成績小円筋は治療成績に影響を及ぼし得るか詳細2014年6月から、2021年6月までの間に、偽性麻痺肩に対し、上方関節包再建術を施行された方。2023年6月~
2023年10月
高山 和政
整形外科セメントレスステムを用いたリバース型人工肩関節置換術における、上腕骨骨吸収の頻度と発生要因を調査する詳細2014年10月から、2021年10月までの間に、当院でリバース型人工肩関節置換術を受けられた方の中で、上腕骨インプラント設置に際し、セメントレスによる固定法が施行された患者さん。2023年8月~
2023年10月
高山 和政
整形外科デュピュイトラン拘縮の注射治療後長期夜間スプリントは有効であるLong-term Night Splinting After Collagenase Injection Is Effective in the Treatment of Dupuytren Contracture詳細2012年1月から、2018年12月までの間に、デュピュイトラン拘縮であると診断され、ザイヤフレックスを受けた方。2019年7月~
2022年3月
津村 卓哉
整形外科いかにradial artery superficial palmar branch(RASP) flapを簡単に挙上するか詳細2013年1月から、2020年12月までの間に、手掌からの皮弁を受けた方。2021年9月~
2022年12月
津村 卓哉
整形外科舟状骨骨折に対する従来法とTranstrapezial Approachの比較詳細2013年1月から、2021年11月までの間に、舟状骨骨折と診断された方。2021年11月~
2022年11月
津村 卓哉
整形外科皮膚欠損に対する皮弁手術の治療成績詳細2000年1月から皮弁手術を受ける方、受けた方。2023年9月~
2030年4月
津村 卓哉
整形外科人工指関節、人工肘手術の治療成績詳細2000年1月から人工指関節、人工肘手術を受ける方。2023年9月~
2030年4月
津村 卓哉
整形外科Intravascular flipping テクニックの治療成績詳細 2000年1月からマイクロサージャリー手術を受ける方、受けた方。2023年9月~
2030年4月
津村 卓哉
脳神経外科機械学習による血管内治療術前灌流画像の特徴量と臨床転帰の予測に関する研究詳細2018年1月から2022年6月までの間に、急性期脳梗塞に対する機械的脳血栓回収術を施行された方。2022年7月~
2024年3月
金子 亮介
脳神経外科機械学習による血管内治療術前灌流画像の特徴量と臨床転帰予測モデルの精度検証に関する研究詳細2022年9月から2024年83月までの間に、当院で急性期脳梗塞に対する機械的脳血栓回収術を施行される方。2022年9月~
2024年8月
金子 亮介
脳神経外科京都大学および関連施設における膠芽腫症例に関する後方視的解析詳細2010年1月から、2020年12月までの間に、膠芽腫であると診断された方。2021年6月~
2026年3月
黒﨑 義隆
脳神経外科Carotid webの頻度と外科的治療の安全性、有効性に関する後方視的多機関共同研究Retrospective Survey of Frequency and Current Management of Carotid web詳細2016年1月1日から2021年12月31日までにCarotid webと診断された患者さん2022年4月~
2024年3月
黒﨑 義隆
脳神経外科肺癌由来の転移性脳腫瘍に対する放射線治療の実態に関する後方視的研究詳細4. 研究のご参加
この研究は、2016年5月から2020年4月の4年間に研究参加施設における、初発の転移性脳腫瘍に対して、初回のSTIが実施された、または、開頭腫瘍摘出術を実施された患者さんに参加をお願いしています。
2022年4月~
2027年1月
黒﨑 義隆
脳神経外科頸動脈ステント留置術後に画像上in-stent plaque protrusionを認めた症例の調査詳細2012年1月から、2019年9月までの間に、内頸動脈狭窄症、内頸動脈閉塞症あるいは内頸動脈解離に対して頸動脈ステント留置術を行った方。2020年4月~
2025年3月
上里 弥波
脳神経外科脳卒中データバンクと多施設データベースを用いたくも膜下出血の研究:転帰予想と検証研究Predict for Outcome STudy of aneurysmal SubArachnoid Hemorrhage (POST.SAH)詳細2000年1月から、2019年12月までの間に、くも膜下出血であると診断された方。2020年7月~
2026年12月
上里 弥波
脳神経外科大型-巨大破裂脳動脈瘤の転帰予測因子と最適な治療法の解明詳細2000年1月から、2019年12月までの間に、くも膜下出血であると診断され当院に入院された方のうち、破裂動脈瘤の最大径が10mm以上の方。2021年12月~
2026年12月
上里 弥波
脳神経外科くも膜下出血の転帰に関与するデータベース研究詳細2000年 1月 1日 ~ 2021年12月31日までに各施設でくも膜下出血の診断で入院治療を行った全ての患者さん2023年6月~
2026年12月
上里 弥波
脳神経外科動脈硬化性の急性頭蓋内主幹動脈閉塞に対する血管内治療に関する後ろ向き登録調査詳細2017 年 1 月 1 日から 2019 年 12 月 31 日までの間、当院を受診され、脳卒中急性期の治療を受けられた患者さん。2021年3月~
2030年12月
池田 宏之
脳神経外科急性脳動脈閉塞に対する吸引カテーテルとステントリトリーバーを用いた血栓回収療法のlearning curveと臨床転帰の検討詳細2020年1月から、2022年12月までの間に、当院で急性脳動脈閉塞と診断された方に対して血栓回収療法を施行された患者さん2023年4月~
2025年3月
池田 宏之
脳神経外科レセプト等情報を用いた脳卒中・脳神経外科医療疫学調査J-ASPECT study (Nationwide survey of Acute Stroke care capacity for Proper dEsignation of Comprehensive stroke CenTer in Japan)詳細2010年4月1日~2025年12月31日の間に、J-ASPECT研究*参加施設に入院及び以後通院されている方2023年12月~
2026年3月
沈 正樹
泌尿器科ホルモン感受性転移性前立腺癌の治療実態に関する前向き観察研究詳細2014年5月1日から2018年3月31日の期間に京都大学医学部附属病院泌尿器科および共同研究機関で転移性前立腺癌と診断された、初診時に所属リンパ節以外のリンパ節転移、骨そのほか臓器への転移を有する方。2019年7月~
2024年12月
井上 幸治
泌尿器科早期前立腺がんにおける根治術後PSA再発における病理学的及び分子生物学的予測因子探索研究 Study of exploring pathological and molecular biological predictive factors for PSA failure after radical prostatectomy on early prostate cancer(JCOG0401A1)詳細JCOG0401試験に参加していただいた方。2020年4月~
2023年4月
井上 幸治
泌尿器科進行性腎癌に対するニボルマブ・イピリムマブの効果予測に関する多施設後ろ向き研究詳細2018年1月1日から2020年9月30日までに、進行性腎細胞癌に対して薬物治療を施行した方2022年1月~
2022年3月
井上 幸治
泌尿器科切除不能尿路上皮癌の治療に関する多機関共同観察研究詳細2020年1月1日から2021年12月31日の間に薬物治療を受けた尿路上皮がんの患者さん2023年8月~
2024年12月
井上 幸治
泌尿器科膀胱癌に対する根治的膀胱全摘除術の包括的調査:多機関共同観察研究詳細2013年1月~2019年12月に膀胱癌で根治的膀胱全摘除術を受けた患者さん2021年12月~
2025年3月
可児 尚弥
泌尿器科ロボット支援下腎部分切除後のドレーン留置の必要性に関する検討詳細2018年2月から、2022年7月までの間に、ロボット支援下腎部分切除術を施行された方。2023年9月~
2023年10月
杉山 恭平
泌尿器科当院におけるニボルマブ+イピリムマブ併用療法後の腎摘除術に関する検討詳細 2018年10月から、2023年9月までの間に、転移性腎細胞癌であると診断された方のうち、一次治療としてニボルマブ+イピリムマブ併用療法を受けられた方。2023年9月~
2024年4月
杉山 恭平
泌尿器科当院における気腫性尿路感染症に関する臨床的検討詳細 2015年3月から2023年8月の間に、気腫性腎盂腎炎または気腫性膀胱炎であると診断された方。2023年10月~
2024年4月
大西 智己
産婦人科日本産科婦人科学会腫瘍委員会 本邦における婦人科悪性腫瘍合併妊娠の調査詳細2012年1月から、2017年12月までの間に、子宮頸癌または卵巣癌合併妊娠であると診断された方。2019年3月~
2024年3月
長谷川 雅明
産婦人科「分娩後動脈性子宮出血」の疾患概念確立のための実態調査詳細2021年1月から2021年12月までに、分娩後出血のため、熊本大学病院産科婦人科、共同研究機関、研究協力機関に母体搬送された患者様
2025年3月
福原 健
産婦人科日本産婦人科内視鏡学会への手術および合併症登録詳細2014年1月1日以降に、当院産婦人科で内視鏡手術を受けられた方2017年1月~
2026年12月
福原 健
産婦人科卵巣未熟奇形腫の悪性度を判定するバイオマーカーの同定を目指した臨床研究R3-NHO(がん(一般))-01詳細手術後の組織診で卵巣未熟奇形腫と診断された患者さんで、2001年1月から2020年12月の20年間に卵巣未熟奇形腫の摘出術を受けた手術時に0歳から50歳の患者さん2023年3月~
2025年5月
福原 健
産婦人科子宮頸管ポリープ合併妊娠の後方視的検討詳細妊娠中に当院で子宮頸管ポリープと診断され、2018年1月から2022年12月までの間に出産された方。2023年10月~
2024年12月
福原 健
産婦人科子宮筋腫と子宮肉腫を術前に鑑別するアルゴリズム作成のための研究詳細術前にMRI検査を施行し,手術を施行した子宮筋腫および子宮肉腫症例2021年10月~
2024年3月
本田 徹郎
産婦人科初期卵巣明細胞癌における再発予測因子に関する後方視的検討詳細2005年1月より2019年12月までの15年間に当院で治療を受けた初期卵巣明細胞癌の患者さんを対象にしています。2022年4月~
2023年12月
本田 徹郎
産婦人科妊娠初期の血圧が妊娠転帰に及ぼす影響の検討検討詳細<妊娠20週までに登録>
●過去に高血圧症と診断された妊娠女性
●妊娠14週までに高血圧がみられる妊娠女性
<出産までに登録>
●妊娠14週までに
高血圧を呈し、
加重型妊娠高血圧腎症を発症した妊娠女性
2022年4月~
2025年3月
本田 徹郎
産婦人科経腹的子宮頸管縫縮術の実態調査詳細西暦2011年1月1日より2020年12月1日までの間に頸管無力症と診断され経腹的頸管縫縮術を受けた方2023年1月~
2024年3月
本田 徹郎
産婦人科子宮頸部胃型腺癌の実際の頻度ならびに臨床病理学的検討詳細近畿大学と共同研究機関において、2010年1月から2020年12月に日本婦人科腫瘍委員会に登録された子宮頸癌の症例2023年3月~
2026年3月
本田 徹郎
産婦人科慢性胎盤剥離、慢性胎盤剥離羊水過少症(CAOS)の周産期予後の解明詳細対象期間中に当院で慢性胎盤剥離、CAOSで分娩となった妊婦さんとその胎児(新生児)
対照群として、慢性胎盤剥離、CAOS以外の要因で分娩となった妊婦さんとその胎児(新生児)
2023年6月~
2024年3月
本田 徹郎
眼科視力、屈折、およびレセプト記載病名の関連詳細眼科を1950年1月1日以降に受診した患者さん2022年4月~
2024年2月
西田 明弘
麻酔科予定手術症例におけるMcGRATH-MACc使用時の挿管困難に関する研究詳細2017年2月から、2019年2月までの間に、予定手術のため全身麻酔を受けられる方で、気管挿管(気管という空気の通り道に管を入れる操作)を受けられる方2016年12月~
2024年3月
吉岡 俊樹
麻酔科経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)の術中低血圧と予後に関する検討詳細2022年8月から、2024年8月までの間に大動脈弁狭窄症の診断で経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)を目的とした麻酔記録に情報が登録されている患者さん2023年8月~
2028年8月
吉岡 俊樹
麻酔科急性大動脈解離手術症例における周術期の乳酸値変化と術後合併症および患者予後との関連に関する研究詳細2016年11月から、2021年10月までの間に、心臓血管外科において急性大動脈解離に対して人工血管置換術を施行された患者さん。2021年10月~
2025年3月
佐々木 敬則
麻酔科患者情報システムを用いた集中治療部の機能評価詳細日本集中治療医学会会員が在籍する施設において、特定集中治療室加算(もしくはそれに準じる救命救急入院料)を算定しているICU(集中治療室)に入室するすべての患者2013年11月~
2025年3月
入江 洋正
麻酔科非心臓手術中のニコランジル持続静注と術後の心血管イベントの発症についての検討詳細2015年1月から、2018年12月までの間に、当院で全身麻酔下に非心臓手術を受けられた19歳以上の方。2019年7月~
2025年3月
入江 洋正
麻酔科COVID-19流行下における集中治療室の医療ひっ迫と臨床転帰との関連についての検討詳細2019年1月~ 2023年2月の間に当院の集中治療室に入室した非COVID-19患者さん2023年12月~
2026年3月
入江 洋正
MR検査室消化管の蠕動運動抑制を目的とした鎮痙剤使用患者の骨盤領域における拡散強調画像に関するパラメータの検討詳細2023年8月1日から2023年11月30日までの間に、鎮痙剤を使用して婦人科骨盤を撮影された方。2024年1月~
2024年12月
高田 雅士
心臓血管外科Effectiveness of Intraoperative Endoscopic Evaluation in Aortic Valve Repair with Valve-Sparing Aortic Root Replacement : A comparison of Short- and Mid-term Results自己弁温存基部置換術を伴う大動脈弁形成術に対する手術中内視鏡評価の有用性の検討詳細2003年12月から、2022年1月までの間に、大動脈弁逆流を伴う方に大動脈弁形成術および自己弁温存基部置換術を施行された方。2023年7月~
2024年2月
山下 剛生
心臓血管外科日本成人心臓血管外科手術データベース(JACVSD)詳細当院にて心臓手術および胸部大血管の手術を受けられた方2009年1月~
小宮 達彦
心臓血管外科重度大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル的大動脈弁留置術の有効性と安全性を検討する多施設共同レジストリー詳細2013年10月より2018年9月の期間に重度大動脈弁狭窄症に対し大動脈経カテーテル的大動脈弁留置術を施行された方
(備考)循環器内科も参加
2015年10月~
2025年10月
小宮 達彦
心臓血管外科重症虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する乳頭筋に介入した僧帽弁形成術の有用性に関する多施設共同研究詳細2015年1月1日より2019年12月31日までに行われた重度虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対して、待機的に僧帽弁形成術もしくは僧帽弁置換術を施行した16歳以上の方。2021年3月~
2026年12月
小宮 達彦
心臓血管外科大動脈弁形成術に対する全国アンケート調査詳細2019年1月1日から、2019年12月31日までの間に、緊急ではないが大動脈弁もしくは大動脈基部に手術を要した16歳以上の方。2021年3月~
2024年12月
小宮 達彦
心臓血管外科僧帽弁輪におけるfibrous trigoneの非対称性についての研究詳細2015年4月から、2023年5月までの間に、僧帽弁閉鎖不全症であると診断された方。2023年10月~
2023年10月
菅谷 篤史
心臓血管外科ステントグラフト症例追跡調査への症例登録詳細当院にて胸部あるいは腹部ステントグラフト内挿術を施行された方2012年6月~
中野 穣太
運動器リハ室ロコモ健診受診者における身体機能の推移詳細 2019年6月から、2023年4月までの間に、当院附属予防医療プラザにおいてロコモ健診を受診した方。2023年5月~
2024年4月
白石 明継
精神科COVID-19入院患者に合併する精神症状に対して、倉敷中央病院精神科で行った治療の報告詳細2020年1月から、2022年5月までの間に、COVID-19陽性と診断され当院に入院となり、更に精神症状も合併していると診断された方。2022年6月~
2022年8月
小髙 辰也
精神科身体合併症を有する統合失調症患者の入院実態について-新型コロナウィルス感染症流行前後の比較-詳細2017年1月から2022年12月までの間に、当院で入院治療を受けた、統合失調症であると診断されている方。2023年3月~
2023年9月
土田 和生
精神科水中毒による低ナトリウム血症から横紋筋融解症を来たした統合失調症患者の検討詳細2018 年8 月から、2023 年7 月までの間に、統合失調症の治療中に水中毒による横紋筋融解症であると診断された入院患者の方。2023年8月~
2023年12月
土田 和生
呼吸器外科JCOG0707A1: 「病理病期I期(T1>2 cm)非小細胞肺癌完全切除例に対する術後化学 療法の臨床第III相試験」の附随研究 早期肺癌切除後の長期的転帰に関する観察研究Evaluation of long-term prognosis after resection for early-stage non-small cell lung cancer詳細JCOG0707「病理病期I期(T1>2 cm)非小細胞肺癌完全切除例に対する術後化学療法の臨床第III相試験」に参加して治療を受けられた方
2025年4月
高橋 鮎子
呼吸器外科National Clinical Database(NCD)への症例登録詳細2011年1月1日以降、外科、心臓血管外科、呼吸器外科で手術を受けた方
(備考)心臓血管外科、呼吸器外科も参加
2011年1月~
小林 正嗣
呼吸器外科胸部悪性腫瘍手術における術後合併症因子、治療効果及び予後に関わる因子の検討詳細 2010年4月~2024年12月までの間に、当院で胸部悪性疾患に対し外科治療された方。2021年9月~
2030年4月
小林 正嗣
呼吸器外科完全切除されたリンパ節転移陰性の非小細胞肺癌(>2cm)患者に対する、UFTを用いた術後補助化学療法におけるEGFR遺伝子変異の影響:CSPOR-LC03試験副次解析としての多施設共同後ろ向き観察研究( 研究略名: LC03附随研究 )詳細研究開始月(当院では2011年1月1日)から 2013年12月31日までに、参加各施設で肺葉切除を受け、 病理病期Ⅰ期(癌が2cm以上で、かつリンパ節転移陰性)と診断された肺癌患者さんで、 術後治療に関する観察研究(CSPOR-LC03試験)に参加された患者さんのうち、同時期に行われていた術後治療に関する臨床研究(JCOG0707)の適格基準を満たすものの、登録はされなかった2525名の方2022年9月~
2023年3月
小林 正嗣
呼吸器外科JCOG0802/WJOG4607L「肺野末梢小型非小細胞肺癌に対する肺葉切除と縮小切除(区域切除)の第III相試験」JCOG0804/WJOG4507L「胸部薄切CT所見に基づく肺野型早期肺癌に対する縮小切除の検証的非ランダム化試験」JCOG1211 「胸部薄切CT所見に基づくすりガラス影優位のcT1N0肺癌に対する区域切除の非ランダム化検証的試験」の附随研究JCOG2208A cIA期肺癌を対象として薄切CTと臨床所見から人工知能で病理・予後予測アルゴリズムを探索的に構築する統合解析研究詳細コホート1
下記試験に参加して治療を受けられた方
・JCOG0802/WJOG4607「肺野末梢小型非小細胞肺癌に対する肺葉切除と縮小切除(区域切除)の第Ⅲ相試験」
・JCOG0804/WJOG4507L「胸部薄切CT所見に基づく肺野型早期肺癌に対する縮小切除の検証的非ランダム化試験」
・JCOG1211「胸部薄切CT所見に基づくすりガラス影優位のcT1N0肺癌に対する区域切除の非ランダム化検証的試験」
*JCOG0802/WJOG4607とJCOG0804/WJOG4507Lは、JCOG参加施設からの登録例のみを対象とする。
コホート2
2003年1月から2014年12月までに国立がん研究センター東病院呼吸器外科で手術された臨床病期0-IB期非小細胞肺癌の完全切除をされた方
2022年11月~
2025年12月
小林 正嗣
呼吸器外科2021年に外科治療を施行された肺癌症例のデータベース研究: 肺癌登録合同委員会 第11次事業詳細2021年1月1日より2021年12月31日までの間に、当院呼吸器外科にて原発性肺悪性腫瘍(肺がん)の外科治療を受ける方2021年3月~
2029年12月
村田 祥武
循環器内科Feasibility of contrast-free left atrial appendage closure with WATCHMAN FLX device for patients with chronic kidney disease慢性腎臓病患者に対するWATCHMAN FLXデバイスを用いて行った、非造影下における左心耳閉鎖術の有用性について詳細021年5月から2023年3月までの間に、心房細動のため抗凝固療法が必要であるが出血リスクが高く、長期的な抗凝固療法の継続が困難であると診断され、WATCHMAN FLXデバイスを用いた左心耳閉鎖術を行った慢性腎不全患者さん。2023年8月~
2024年7月
岡田 あずさ
循環器内科循環器疾患診療実態調査(JROAD)のデータベースによる心臓サルコイドーシスの診療実態調査と二次調査に基づく診断・治療プロトコールの策定に関する研究Multicenter nationwide studY to assesS diagnosis and managemenT in patients with systemic and Isolated Cardiac Sarcoidosis [MYSTICS]詳細2012年4月1日~2021年3月31日の間に、心臓サルコイドーシスの診断で入院または外来受診された方2022年9月~
2025年12月
丸尾 健
循環器内科経皮的僧帽弁接合不全修復システムを用いた僧帽弁閉鎖不全に対する治療介入の有効性と安全性に関する多施設レジストリー研究詳細2018年4月以降に経皮的僧帽弁接合不全修復システム(MitraClip)にて治療を受け、既にMitraClip NTシステム使用成績調査に参加されている患者さん2019年3月~
2026年4月
久保 俊介
循環器内科僧帽弁閉鎖不全症に対する経カテーテル治療の有効性と安全性に関する多施設レジストリー研究詳細2018年4月から2024年8月の間に、僧帽弁閉鎖不全症に対する経カテーテル治療を受けられた患者さん2019年8月~
2029年8月
久保 俊介
循環器内科経皮的左心耳閉鎖システムを用いた非弁膜症性心房細動患者の塞栓予防の有効性と安全性に関する多施設レジストリー研究―J-LAAO―詳細塞栓症リスクが高いにもかかわらず長期的抗凝固療法を行うことができない非弁膜症性心房細動患者さんで、日本全国の施設で経皮的左心耳閉鎖システムを用いた治療を受けた患者さん2020年6月~
2027年8月
久保 俊介
循環器内科補助循環用ポンプカテーテルに関するレジストリ事業  J-PVADJapanese registry for Percutaneous Ventricular Assist Device詳細 倉敷中央病院において2018年1月から2025年12月までの間に、循環用ポンプカテーテルを用いて治療された患者さん2020年8月~
2025年12月
久保 俊介
循環器内科心臓弁膜症の診療・予後調査のレジストリ研究詳細倉敷中央病院において2013年4月22日から2028年4月30日の間に、心臓弁膜症の診断、治療のために入院あるいは通院し、中等度以上の心臓弁膜症(大動脈弁狭窄症・僧帽弁閉鎖不全症)を有すると診断を受けた患者さん2020年10月~
2033年4月
久保 俊介
循環器内科経皮的左心耳閉鎖術における心臓CTバーチャル経食道心エコー解析ソフトウェアの有用性に関する検討詳細2019年9月1日~2021年3月31日に当院で経皮的左心耳閉鎖術をうけられ、術前に心臓CTを撮像された方(当院は約20例の予定)2021年7月~
2024年3月
久保 俊介
循環器内科心房細動の診療・予後調査のための多施設共同レジストリ研究詳細倉敷中央病院において2019年11月5日から2029年3月31日の間に、心房細動の診断、治療のため入院、通院し、診療、手術、検査を受けた患者さん2021年7月~
2034年3月
久保 俊介
循環器内科非弁膜症性心房細動患者を対象とした左心耳閉鎖デバイスによる経皮的左心耳閉鎖術観察研究 TERMINATOR RegistryTranscathetER ModIficatioN of left ATrial appendage by ObliteRation with device詳細令和元年9月から令和3年8月までに倉敷中央病院循環器内科において、経皮的左心耳閉鎖術の治療が済んでいる方2021年8月~
2029年7月
久保 俊介
循環器内科僧帽弁及び三尖弁クリップ術のアジア太平洋地域レジストリ 2(MARS 2)詳細2022年12月?2027年6月の期間に、当院で経皮的僧帽弁接合不全修復術MitraClip(マイトラクリップ)を施行した僧帽弁閉鎖不全症の患者さん2023年11月~
2032年12月
久保 俊介
循環器内科HIF-PH阻害薬を投与した腎性貧血合併心疾患患者の前向き観察研究詳細2021年9月から、2024年12月までの間に、HIF-PH阻害薬を投与された腎性貧血を合併した心疾患の方。2021年9月~
2026年12月
山本 裕美
循環器内科高位心房中隔ペーシングによる心房細動抑制効果詳細 2017年1月から、2019年12月までの間に、発作性心房細動の既往がある洞不全症候群の患者さん2023年3月~
2023年7月
住吉 啓伸
循環器内科巨大左房を有する心房細動に対するカテーテルアブレーションの効果詳細2018年1月から、2019年12月までの間に、心房細動に対する初回カテーテルアブレーションを施行され、術前、術後に心エコー検査を受けた方。2023年8月~
2023年12月
住吉 啓伸
循環器内科術前の抗凝固療法中に生じた塞栓、出血イベントと経皮的左心耳閉鎖術の中期予後の関連詳細2019年9月から、2022年10月までの間に、経皮的左心耳閉鎖術を施行され、2023年10月まで外来へ通院されている方。2023年12月~
2024年3月
住吉 啓伸
循環器内科大動脈弁狭窄症患者に対する治療法選択とその予後を検討する多施設前向きコホート研究(CURRENT AS Registry-2)詳細当院にて重症大動脈弁狭窄症と心臓超音波で診断された患者さん2018年7月~
2031年4月
小坂田 皓平
循環器内科重度大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)前後の尿検査所見の変化と腎機能変化の関連に関する調査詳細2021年6月から、2024年6月までの間に、重症大動脈弁狭窄症であると診断され、TAVIを施行された方。2021年12月~
2025年6月
生田 旭宏
循環器内科経カテーテル的大動脈弁留置術を受けた患者の有害な転帰を予知するPredicts Adverse Outcomes in Patients Undergoing Transcatheter Aortic Valve Implantation詳細2015年1月から、2021年6月までの間に、重度大動脈弁狭窄症に対して経カテーテル的大動脈弁留置術を施行した方。2023年6月~
2024年5月
生田 旭宏
循環器内科FIB-5 indexと経カテーテル的大動脈弁留置術後の中期予後の検討詳細2015年1月~2021年6月に当院で重度大動脈弁狭窄症に対して経カテーテル的大動脈弁留置術を行った方。2023年9月~
2024年5月
生田 旭宏
循環器内科Very long-term clinical outcome after sirolimus-eluting stent implantation for more than 10 yearsシロリムス溶出性ステントによる経皮的冠動脈形成術後の長期予後に関する検討詳細2002年1月から、2005年10月までの間に、冠動脈疾患であると診断され、初回のシロリムス溶出性ステントによる経皮的冠動脈形成術を受けた患者さん2023年9月~
2024年12月
西浦 直紀
循環器内科Indications and outcomes of controlled gripper actuation system of the MitraClip G4 deviceMitraClip G4デバイスのcontrolled gripper actuationの適応と転帰詳細 2020年9月から2023年7月までの間にMitraClipによる僧帽弁逆流症の治療を受けた患者さん2023年10月~
2024年2月
西浦 直紀
循環器内科急性うっ血性心不全患者の前向き観察研究詳細2015年2月から、2020年12月までの間に、急性うっ血性心不全で入院をされた患者さん。2017年9月~
2027年12月
川瀬 裕一
循環器内科日本における経皮的冠動脈インターベンション(PCI)および冠動脈バイパス手術(CABG)のレジストリー(コホートIII)詳細2011年1月1日から2013年12月31日までの間に、冠動脈疾患に対しPCIもしくはCABGを受けられた患者さん2015年4月~
2025年3月
多田 毅
循環器内科心原性ショックにおける機械的補助循環使用下の吸入一酸化窒素の効果に関する前向き観察研究詳細倫理審査承認日から2024年6月までの間に、心原性ショックであると診断され、機械的補助循環を装着された方。2022年11月~
2024年6月
多田 毅
循環器内科透析患者の経皮的冠動脈形成術におけるOrsiroステントと臨床的予後の検討詳細2018年1月から、2022年6月までの間に、透析患者さんで、これまでステントが留置されていない冠動脈病変に対して薬剤溶出性ステントが留置された方。2024年1月~
2024年12月
谷延 成美
循環器内科Characteristics and clinical outcomes of atrial fibrillation patients undergoing both catheter ablation and left atrial appendage occlusion経皮的左心耳閉鎖術とアブレーション治療の両方を受けている心房細動患者の患者背景と臨床転帰詳細2019年9月から、2023年6月までの間に、経皮的左心耳閉鎖術を受けており、その治療の前後2年以内に心房細動アブレーションを受けている方。2023年7月~
2027年6月
茶谷 龍己
循環器内科Early ambulation and hemostasis after atrial fibrillation ablation with the vascular closure device止血デバイスを使用した心房細動アブレーション治療後の早期の止血と早期離床率詳細2022年1月から、2023年12月までの間に、心房細動アブレーションを受け、止血デバイスを使用した方。2024年1月~
2026年1月
茶谷 龍己
循環器内科初回心房細動に対するバルーンアブレーション登録研究Balloon Ablation REgistry in Associates of Kyoto University for Atrial Fibrillation (BREAK-AF)詳細2014年7月から 、2029年3月31日までの間に、初回心房細動に対してバルーンアブレーションを受けた患者さん2019年1月~
2029年3月
田坂 浩嗣
循環器内科循環器疾患診療実態調査(JROAD)のデータベースと二次調査に基づく致死性心室性不整脈患者の診断・治療・予後に関する研究詳細2012年4月1日~2021年3月31日の間に、心室細動・心室頻拍・院外心停止で入院された方で、病名に「Brugada症候群」が登録されている方2024年1月~
2026年3月
田坂 浩嗣
循環器内科日本心血管インターベンション治療学会内登録データを用いた統合的解析(2017-2019年度日本医療研究開発機構事業「冠動脈疾患に係る医療の適正化を目指した研究」の内容を包括)詳細当院でPCIを施行し、J-PCIレジストリ-に登録されている方。2018年11月~
2027年3月
田中 裕之
循環器内科複雑大動脈腸骨動脈病変へのカバードステント(VIABAHN VBX)を用いた血管内治療に関する多施設前向き研究(The optimal strategy with VIABAHN VBX covered stent for complex aort-iliac artery disease by endovascular procedure:AVOCADO-II研究)詳細2020年3月~2021年5月末の期間において各研究施設で治療した症例のうち、下記の選択基準を満たし除外基準に抵触しない患者さん2020年5月~
2025年6月
田中 裕之
循環器内科大腿膝窩動脈病変に対する薬剤溶出性バルーンと薬剤溶出性ステントの治療成績比較CAPRICORN: CompArison of contemPoRary outcomes followIng drug-Coated ballOon versus dRug-eluting steNt in femoropoliteal artery disease詳細「大腿膝窩動脈病変を有する症候性閉塞性動脈硬化症患者に対する薬剤溶出性バルーンを用いた末梢血管内治療に関する多施設前向き研究」には、2018年3月~2019年12月に大腿膝窩動脈病変に対して薬物溶出性バルーン治療を受けた成人患者さんが、「大腿膝窩動脈病変を有する閉塞性動脈硬化症患者に対するパクリタキセル薬剤溶出型末梢ステントを用いた血管内治療に関する多施設・前向き研究」には、2019年2月~2020年6月に大腿膝窩動脈病変に対して薬剤溶出性ステント治療を受けた成人患者さんが、それぞれ参加しています。2022年4月~
2025年12月
田中 裕之
循環器内科大腿膝窩動脈閉塞病変を有する症候性閉塞性動脈硬化症に対して、真腔内アプローチ後に薬剤溶出性デバイスを用いた末梢血管内治療に関する多施設前向き観察研究詳細研究機関の長の実施許可日~2023年8月に、大腿膝窩動脈に閉塞病変を有する下肢閉塞性動脈硬化症の患者さんに対して、血管内治療を行った患者さん2022年6月~
2028年8月
島 裕樹
循環器内科高出血リスク患者における大腿膝窩動脈領域への治療成績の検討詳細2018年6月から、2020年6月までの間に、大腿膝窩病変に対して初めて血管内治療を受けられた患者さん。2022年6月~
2023年6月
島 裕樹
循環器内科Japan TVT registry への情報登録と観察研究におけるデータ利活用詳細2013年1月から大動脈弁狭窄症の診断のもと、TAVIを施行された方。2020年6月~
2030年3月
福 康志
循環器内科大動脈弁狭窄症に対して経カテーテル的大動脈弁留置術が検討された患者の診療・予後調査のための前向きレジストリ研究詳細西暦2014年3月14日より2025年3月31日までの間に、倉敷中央病院循環器内科もしくは心臓血管外科にて大動脈弁狭窄症の診断、治療のために入院あるいは通院し、経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)を検討された方。2021年10月~
福 康志
循環器内科エベロリムス溶出性コバルトクロムステント留置後の抗血小板剤2剤併用療法(DAPT)期間を1ヶ月に短縮することの安全性を評価する研究詳細2016年2月から、2018年2月までの間に、冠動脈ステント治療が必要であると診断された方2016年2月~
2023年12月
門田 一繁
循環器内科急性冠症候群に対するエベロリムス溶出性コバルトクロムステント留置後の抗血小板剤2剤併用療法(DAPT)期間を1ヵ月に短縮することの安全性を評価する研究(STOPDAPT-2 ACS)詳細ザイエンスステントを用いて心臓カテーテル治療を受けられた患者さん2018年4月~
2026年3月
門田 一繁
循環器内科レセプトおよびDPCデータを用いた循環器疾患における医療の質に関する研究詳細2012年4月1日から2025年3月31日に、循環器疾患診療実態調査の対象施設(当院含む1226施設)に循環器疾患で入院されたすべての患者さん2020年12月~
2030年3月
門田 一繁
循環器内科エベロリムス溶出性コバルトクロムステント留置後の抗血小板療法をP2Y12 阻害薬単剤とすることの安全性を評価する研究詳細「エベロリムス溶出性コバルトクロムステント留置後の抗血小板療法をP2Y12阻害薬単剤とすることの安全性を評価する研究(STOPDAPT-3)」に割り付け参加されない患者さん2021年1月~
2025年1月
門田 一繁
循環器内科肥大型心筋症患者における診療の実態調査および突然死/拡張相への移行に関する新規予測プログラムの開発とその検証のための多施設後向き登録研究詳細2006/1/1-2018/12/31の間に、肥大型心筋症の診断で入院または外来受診された方2021年11月~
2026年12月
門田 一繁
循環器内科日本における閉塞性肥大型心筋症患者に対する経皮的中隔心筋焼灼後の長期予後及び周術期予測因子の検討詳細1998年1月から、2022年12月までの間に、閉塞性肥大型心筋症に対して経皮的中隔心筋焼灼術を受けた方2023年6月~
2024年3月
澤山 裕一
歯科口腔顎顔面痛がQOLやADLに与える影響に関する前向き観察研究詳細2021年10月から2026年3月までに、倉敷中央病院歯科に口腔顎顔面痛を主訴に初診で受診された患者の皆様2021年10月~
2027年3月
川瀬 明子
歯科歯科における歯科麻酔管理症例の安全性に関する観察研究詳細2017年4月1日から当院歯科で歯科麻酔管理(全身麻酔、静脈内鎮静法、または全身管理)を受けた全患者さんを対象とします。2022年4月~
2031年3月
川瀬 明子
歯科薬剤関連顎骨壊死の外科療法に関する検討詳細2017年11月から、2022年3月までの間に、倉敷中央病院歯科で薬剤関連顎骨壊死と診断された方2022年9月~
2024年3月
渡辺 禎久
歯科日本における頭頸部悪性腫瘍登録事業の実施詳細頭頸部がん(口腔、喉頭、咽頭(上・中・下)、鼻・副鼻腔、唾液腺のがん)の患者さんで、2011年1月1日から2031年12月31日までの期間中に、当院で頭頸部がんの治療を受けた方2023年6月~
2031年12月
渡辺 禎久
リハビリテーション科嚥下サポートチームからみた倉敷中央病院での嚥下障害診断、治療の臨床的検討詳細 2019年1月から、2021年6月までの間に、嚥下障害が疑われ嚥下サポートチームが関わった成人の入院症例の方。2021年6月~
2025年6月
土師 知行
消化器内科膵癌の糖尿病合併に関する多施設共同後ろ向き疫学研究詳細2015年1月から、2019年12月までの間に、膵管がんであると診断された方。2020年9月~
2025年3月
羽田 綾子
消化器内科化学療法開始後の膵癌患者に発症するがん関連血栓症(CAT)に関する後ろ向き研究詳細 2017年4月から、2022年9月までの間に、膵がんに対して当院で化学療法を受けられた18歳以上の方。2023年11月~
2026年3月
羽田 綾子
消化器内科慢性膵炎の長期予後と膵癌合併に関する多施設共同後ろ向き疫学研究詳細2011年1月から2011年12月に当科に受診歴のある慢性膵炎の患者様が対象です。2022年10月~
2027年8月
沖 健太朗
消化器内科膵体尾部切除術後膵液瘻に対する超音波内視鏡下ドレナージ術の有用性に関する検討詳細 2012年1月から、2022年8月までの間に、膵(体)尾部切除術を施行し、術後膵液瘻と診断された方。2022年12月~
2024年12月
沖 健太朗
消化器内科切除可能膵癌に対する術前化学療法中栄養・リハビリテーション療法の有用性に関する前向き研究詳細2020年1月から、2023年2月までの間に、切除可能膵癌と診断され術前化学療法後に手術を施行した患者さん2023年4月~
2027年3月
沖 健太朗
消化器内科咽喉頭の微小腫瘍に対するCold forceps biopsyの有用性と安全性に関する前向き研究詳細2012年4月から、2018年3月までの間に、胃カメラで咽喉頭微小腫瘍を指摘され、標準的な生検鉗子を用いて咽頭微小腫瘍に対する生検(組織検査)を受けた方。2018年7月~
2024年6月
下立 雄一
消化器内科小児に対する大腸内視鏡検査の現状と課題詳細2010年4月から、2021年9月までの間に当院で大腸内視鏡検査を受けた15歳以下の方2021年11月~
2024年12月
下立 雄一
消化器内科潰瘍性大腸炎合併妊娠の現状と治療経過に関する検討詳細2010年1月から、2022年9月までの間に、妊娠が判明した18歳以上の潰瘍性大腸炎(UC)の患者さんの中で、妊娠期間中に当院でUC治療を受けた患者さん2022年11月~
2025年12月
下立 雄一
消化器内科Acute Severe Ulcerative Colitis(ASUC)におけるステロイド大量静注療法後の寛解導入治療としてのタクロリムスとインフリキシマブの比較詳細2014年1月1日から2023年3月31日までに研究参加施設において入院された方2023年12月~
2028年12月
下立 雄一
消化器内科Early stage肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法および体幹部定位放射線治療の有効性・安全性に関する検討(多機関共同後ろ向き研究)詳細2010年4月から2021年3月までの間に京都大学医学部附属病院・倉敷中央病院・京都医療センターで肝細胞がんに対してラジオ波焼灼療法または放射線治療を受けられた方のうち、治療時点の年齢が18歳以上の方。2023年3月~
2025年3月
萱原 隆久
消化器内科肝細胞癌に対する薬物療法の有効性・安全性に関する多機関共同観察研究詳細2009年5月から2022年9月までの間に京都大学医学部附属病院・尼崎総合医療センター・大阪赤十字病院・京都医療センター・京都桂病院・倉敷中央病院・滋賀県立総合病院・日赤和歌山医療センター・明和病院で肝細胞がんに対してソラフェニブ・レンバチニブ・Atezo+Bev・レゴラフェニブ・ラムシルマブ・カボザンチニブのいずれかを使用した方のうち、治療時点の年齢が18歳以上の方。2023年6月~
2028年3月
萱原 隆久
消化器内科胃腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術時のボノプラザン(VPZ)内服 vsプロトンポンプ阻害薬(PPI)静注+PPI内服治療患者の臨床転帰:前向き観察研究詳細2020年1月から、2024年9月までの間に、胃腫瘍に対し内視鏡的胃粘膜下層剥離術を受けられた方2022年9月~
2024年12月
宮岡 大輔
消化器内科10mm以下の表在性非乳頭部十二指腸腫瘍(SNADET)に対する内視鏡治療法の選択に関する検討詳細2013年4月から2022年9月までに当院で10mm以下の十二指腸腫瘍に対して内視鏡的粘膜切除術を施行された方。2023年2月~
2023年5月
宮岡 大輔
消化器内科遠位悪性胆道狭窄に対するERCP関連処置における0.025inch guidewireの有用性に関する多施設共同前向き試験詳細倫理委員会承認日~2021年6月1日の間に川崎医科大学附属病院および共同研究機関で初めて遠位悪性胆道狭窄に対して0.025 inch guidewire下に内視鏡的胆管ステント留置術の治療を受けられた方100名、当院においては治療を受けられた方2021年3月~
2021年6月
金谷 崇史
消化器内科胃底腺型胃癌の臨床的特徴と内視鏡的な長期経過に関する後方視的検討詳細2012年1月から、2021年11月までの間に、胃底腺型胃癌であると診断された方。2022年3月~
2022年10月
戸川 文子
消化器内科チエノピリジン誘導体単剤内服患者に対する内視鏡的胃粘膜下層剥離術の後出血リスクの検証:多施設後ろ向き解析詳細2014年1月から、2021年12月までの間に、チエノピリジン誘導体単剤内服中で内視鏡的胃粘膜下層剥離術を受けられた方。2022年4月~
2023年3月
後藤田 達洋
消化器内科胃気腫症の臨床的特徴に関する多施設研究詳細2000年1月1日~2023年6月28日の間に岡山大学病院または共同研究機関において胃気腫症の診断を受けられた方2023年10月~
2024年3月
後藤田 達洋
消化器内科潰瘍性大腸炎患者に対する新規薬物療法の治療成績についての前向き登録試験:多施設共同研究詳細2022年12月31日までに当院消化器内科で治療予定の炎症性腸疾患患者さん2020年6月~
2027年12月
松枝 和宏
消化器内科青黛(もしくは青黛を含有している漢方薬)服用患者に対する診療体制構築に向けた多施設実態調査詳細2018年8月1日より2021年5月31日に当院を受診されていた潰瘍性大腸炎の患者さんのうち、青黛もしくは青黛を含有する漢方(広島漢方など)を2018年8月1日以降に使用していた方2021年9月~
2026年12月
松枝 和宏
消化器内科脈管侵襲陽性胃粘膜内癌の臨床病理学的特徴に関する研究詳細 倉敷中央病院の病理部データベースをもとに検索し、2005年1月1日から2023年8月31日までに内視鏡切除標本にて病理学的診断がなされた脈管侵襲陽性胃粘膜内癌10人の患者さん2023年10月~
2024年12月
松枝 和宏
消化器内科膵癌患者における「診断時からの緩和ケア」の実態 ―単施設後ろ向き研究―詳細2015年9月から、2019年12月までの間に、膵がんと診断され、当院で治療を受けられた20歳以上の方。2021年3月~
2024年12月
上野 真行
消化器内科定位放射線療法後の肝細胞癌のエコー所見に関する検討詳細2015年1月から、2020年12月までの間に、肝細胞がんであると診断され、定位放射線療法を行った患者さんのうち、治療前後に腹部エコー検査を行ったことのある方2021年12月~
2023年12月
上野 真行
消化器内科免疫賦活作用を有する新規分子標的治療後の B 型肝炎ウイルス再活性化に関する実態調査(固形腫瘍)詳細・HBs抗原陽性の方で2014年1月から2020年12月までの期間に免疫賦活作用を有する新規分子標的薬(ニボルマブ、ペンブロリズマブ、アテゾリズマブ、デュルバルマブ、イピリムマブのいずれか)にて治療を開始された方で、治療開始後に少なくとも1回以上のHBV DNAのモニタリングをうけられた、20歳以上の方
・B型肝炎ウイルス既往感染(HBs抗原陰性の方でHBc抗体陽性及び又はHBs抗体陽性)の方で
2014年1月から2020年12月までの期間に免疫賦活作用を有する新規分子標的薬(ニボルマブ、ペンブロリズマブ、アテゾリズマブ、デュルバルマブ、イピリムマブのいずれか)にて治療を開始された方で、B型肝炎ウイルスの再活性化(HBV DNAが検出感度以上への上昇あるいはHBs抗原陽性化)が起こった、20歳以上の方
2022年2月~
2024年3月
上野 真行
消化器内科急性膵炎における早期からの経腸/経口栄養や予防的抗菌薬の有無が治療経過や医療費に与える影響についての検討詳細 2013年1月から、2017年12月までの間に、急性膵炎であると診断され、当院に入院された18歳以上の方。2022年3月~
2024年3月
上野 真行
消化器内科進行期肝細胞癌患者が抱える自覚症状と「診断時からの緩和ケア」の実態詳細2015年9月から、2022年9月までの間に、当院で肝細胞がんに対する抗がん剤治療(全身化学療法、肝動注化学療法のいずれか)を初めて受けられた20歳以上(治療開始時点で)の患者さん2022年11月~
2024年12月
上野 真行
消化器内科転移性膵癌に対する2次治療におけるナノリポソーマルイリノテカン/5-FU/ロイコボリン併用療法とS-1単剤療法の比較: 傾向スコアマッチングを用いた多施設共同後ろ向きコホート研究詳細 2019年9月1日より2021年2月28日までに、当院のほか、全国約40の医療機関において、転移性膵がんまたは再発膵がんと診断された患者さんのうち、ゲムシタビンを含んだ化学療法で治療効果が認められなくなった後に、ナノリポソーマルイリノテカンと5-FUの併用療法、またはS-1による治療を受けられた、20歳以上の患者さん2023年1月~
2024年4月
上野 真行
消化器内科肝癌・胆道癌・膵癌の診療状況に関する国際共同研究Real-world investigation of the diagnosis and treatment pattern of hepatobiliary and pancreatic cancer: an international collaborative study詳細2010年1月から、2022年12月までの間に、肝がん、胆道がん、膵がんのいずれかであると診断された18歳以上の方。2023年8月~
2024年12月
上野 真行
消化器内科肝細胞癌に対する外部照射放射線療法の有効性:個別被験者データを用いたメタ解析Effectiveness of External Beam Radiation Therapy for Hepatocellular Carcinoma: Individual Patient-Level Data Meta-Analysis詳細2014年1月から、2019年2月までの間に、肝細胞がんに対して定位放射線治療を行った20歳以上の方。2023年9月~
上野 真行
消化器内科タモキシフェンによる薬物性脂肪肝の頻度や臨床経過に関する検討詳細2008年1月から、2017年12月までの間に、乳がんに対して当院でタモキシフェンを投与開始した18歳以上の方のうち、タモキシフェンを1年間以上投与した時点で血液検査や腹部エコー検査を実施した方。2023年11月~
2025年10月
上野 真行
消化器内科IgG4関連硬化性胆管炎臨床診断基準2020の検証詳細西暦2000年1月から西暦2023年6月に研究参加施設に受診歴があり、IgG4関連硬化性胆管炎あるいはその疑いと診断された方2023年12月~
2025年12月
上野 真行
消化器内科治癒切除不能HER2陰性胃癌に対するニボルマブ+化学療法の効果予測マーカーとしての生検検体によるPD-L1発現の妥当性の検討詳細HER2(ハーツー)陰性胃癌であると診断された方のうち、2021年11月から2023年6月までの間に、ニボルマブ(商品名:オプジーボR)+化学療法を受けた方。2023年12月~
2024年2月
森脇 俊和
消化器内科胃十二指腸動脈瘤の臨床的特徴と予後に関する検討詳細 2011年6月から、2021年6月までの間に、胃十二指腸動脈瘤であると診断された方。2022年3月~
2022年10月
星 綾乃
消化器内科大腸angiodysplasia活動性出血における危険因子の検討詳細2006年11月から、2015年11月までの間に、大腸angiodysplasiaであると診断された方2016年2月~
2017年12月
西村 直之
消化器内科転移性小腸腫瘍に対するダブルバルーン内視鏡の役割と治療詳細2005年6月から、2017年3月までの間に、転移性小腸腫瘍であると診断された方2017年4月~
2017年12月
西村 直之
消化器内科急性出血性直腸潰瘍における再出血リスク因子の検討詳細2006年11月から、2017年3月までの間に、下部消化管内視鏡を受けられた方で急性出血性直腸潰瘍であると診断された方。2017年12月~
2018年12月
西村 直之
消化器内科抗血栓薬の使用が大腸癌診断に与える影響詳細2010年1月から、2017年12月までの間に、大腸癌であると診断された方。2019年4月~
2020年12月
西村 直之
消化器内科HER2陽性切除不能進行・再発胃癌に対するトラスツズマブ デルクステカン の有効性・安全性を評価する後ろ向きコホート研究(EN-DEAVOR研究)詳細2020年9月25日から2021年9月30日までに、研究参加医療機関にて胃がんの治療としてトラスツズマブ デルクステカン(製品名:エンハーツ?)を初めて投薬された方2022年12月~
2024年3月
西村 直之
消化器内科IPMN手術検体の遺伝子解析によるIPMN術後残膵再発予測に関する検討詳細2010年1月1日から2020年12月31日の間に当院および共同研究機関において膵切除されたIPMN患者340名を研究対象とします。遺伝子解析については同期間に岡山大学病院消化器内科に入院された承認番号 研1602-047「消化器疾患の病態に関する遺伝子解析のための試料保存」へ同意された方約20名を対象とします。2022年6月~
2022年7月
石田 悦嗣
消化器内科膵腫瘍に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検 (EUS-FNA) 後の穿刺経路腫瘍細胞播種( Needle tract seeding )の前向き全国調査詳細 倫理委員会承認後、三年間の登録期間中に、日本膵臓学会会員所属施設において、膵悪性腫瘍を疑う腫瘍に対して、経胃的なEUS-FNAを実施したうえで外科切除あるいは術前補助化学療法後に外科切除を予定している患者さん2023年3月~
2028年8月
石田 悦嗣
消化器内科免疫チェックポイント阻害薬投与後に発症した大腸炎の臨床病理学的特徴に関する後ろ向き観察研究詳細2016年11月から、2020年3月までの間に、免疫チェックポイント阻害薬を投与され、かつその後に大腸内視鏡検査を受けられた方。2020年9月~
2024年8月
池田 有希
消化器内科消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築詳細2019年10月より2024年12月31日までに倉敷中央病院 内視鏡センターおよび予防医療プラザにおいて内視鏡検査・治療を受けた方2019年10月~
2026年12月
毛利 裕一
消化器内科肝硬変患者の上部消化管出血に対する予防的抗菌薬の有効性・安全性と医療経済的影響に関する後ろ向き研究詳細肝硬変と診断されており、2010年1月から2019年12月までの間に上部消化管出血の診断で当院に緊急入院された入院時20歳以上の方。2021年1月~
2023年12月
眞野 俊史
消化器内科全身化学療法を受けた肝細胞癌患者の予後に関する観察研究詳細2025年3月31日までに岡山大学病院および共同研究機関で肝細胞癌に対する全身化学療法を受けられた方1500名、岡山大学病院消化器内科においては治療を受けられた方300名を研究対象とします。2021年1月~
2026年3月
髙畠 弘行
消化器内科Fontan術後肝障害(FALD)の病態研究詳細先天性心疾患に対するFontan術後の患者さんで、2005年1月から、2021年12月までの間に、当院の診療歴のある方。2021年12月~
2024年3月
髙畠 弘行
呼吸器内科集中治療室入室を要する重症肺炎におけるβラクタム系抗菌薬とマクロライド系抗菌薬併用療法の有用性の検討詳細 2010年10月から2025年12月までの間に、肺炎と診断され当科に入院後24時間以内に集中治療室に入室し、初期治療としてβラクタム系抗菌薬とマクロライド系抗菌薬の併用療法を行った患者さん。2018年12月~
2026年12月
伊藤 明広
呼吸器内科肺非結核性抗酸菌症の臨床データベース研究詳細1998年4月から、2026年3月までの間に、肺非結核性抗酸菌症であると診断された方。2019年5月~
2026年3月
伊藤 明広
呼吸器内科成人市中発症肺炎(COP)における肺炎球菌性肺炎の疫学研究(Japan Pneumococcal Vaccine Effectiveness study; J-PAVE study-2)詳細 2019年6月から、2022年10月までの間に、肺炎球菌性肺炎であると診断された18歳以上の方。2019年6月~
2025年3月
伊藤 明広
呼吸器内科日本におけるレジオネラ肺炎診療の現状ならびに抗菌薬治療別の予後について詳細2005年1月から、2019年12月までの間に、レジオネラ肺炎であると診断された15歳以上の方。2019年12月~
2025年12月
伊藤 明広
呼吸器内科レジオネラ肺炎診断におけるリボテストRレジオネラとイムノキャッチR-レジオネラの有用性の比較検討 ~多施設共同前向き観察研究~詳細2020年の11月から2023年12月までの間に、肺炎と診断され当院で入院治療を行った方。2020年10月~
2029年12月
伊藤 明広
呼吸器内科レジオネラ肺炎に対するラスクフロキサシン投与の有用性の検討詳細研究開始日から、2025年12月までの間に、レジオネラ肺炎であると診断された15歳以上の方。2022年9月~
2026年12月
伊藤 明広
呼吸器内科COVID-19における重症化ならびに予後不良因子の検討詳細 2020年3月から、2021年8月までの間に、COVID-19による肺炎であると診断され当院に入院された方。2022年10月~
2023年12月
伊藤 明広
呼吸器内科非結核性抗酸菌感染症の前向き・後ろ向き観察研究詳細西暦 2001 年 (平成13年) 1 月 1 日から2020年11月30日までに防衛医科大学校病院にて胸部単純レントゲン、胸部CT検査、および肺機能検査を受けられた方。及び、共同研究実施機関で同期間に肺非結核性抗酸菌症と診断された方。2022年12月~
2032年3月
伊藤 明広
呼吸器内科非結核性抗酸菌症の診断における、液体培地を用いた喀痰培養の有用性についての検討詳細2002年1月から2021年6月までの間に、喀痰抗酸菌培養が提出され、非結核性抗酸菌症の確定診断を得た患者さん。2023年2月~
2023年12月
伊藤 明広
呼吸器内科レジオネラ肺炎における喀痰性状別培養陽性率の検討詳細 2000年11月から、2022年12月までの間に、レジオネラ肺炎であると診断され当院に入院された15歳以上の方。2023年7月~
2025年12月
伊藤 明広
呼吸器内科肺炎入院患者におけるウイルス感染の関与の検討詳細実施承認日から、2025年12月までの間に、肺炎と診断され当院に入院された15歳以上の方。2024年1月~
2028年12月
伊藤 明広
呼吸器内科気管支喘息増悪、COPD増悪患者におけるウイルス感染の関与の検討詳細承認日から、2028年12月までの間に、喘息増悪あるいはCOPD増悪と診断され当院呼吸器内科に入院された15歳以上の方。2024年1月~
2030年12月
伊藤 明広
呼吸器内科SCRUM-Japan疾患レジストリを活用した新薬承認審査時の治験対照群データ作成のための前向き多施設共同研究(SCRUM-Japan Registry)詳細LC -SCRUM SCRUM SCRUM-Japan Japan 」に参加された方のうち、将来的なデータ二次利用同意を対象としています。2018年3月~
2026年3月
横山 俊秀
呼吸器内科EGFR遺伝子変異陽性進行再発非扁平上皮非小細胞肺癌におけるEGFR?TKI治療前後のPD?L1発現状況および耐性機序との関連を検討する後向き研究詳細これまでの間に、EGFR遺伝子変異陽性の進行・再発非扁平上皮非小細胞肺癌であると診断された方。2018年5月~
2024年3月
横山 俊秀
呼吸器内科固形癌における免疫チェックポイント阻害薬の治療効果における予測因子を検討する後向き観察研究詳細 肺癌と診断され、化学療法もしくは免疫療法よる治療をうけた方。2019年3月~
2029年1月
横山 俊秀
呼吸器内科アジア人の非小細胞肺癌における個別化医療の確立を目指した、遺伝子スクリーニングとモニタリングのための多施設共同前向き観察研究:(LC-SCRUM-Asia)詳細1.研究の対象
本研究は、アジア人を対象とした肺癌遺伝子スクリーニングネットワーク(LC-SCRUM-Asia)に参加している病院で診療されている患者さんのうち、本研究への参加に同意された肺がん患者さんを対象とします。また、2013年2月~2019年8月までに全国肺癌遺伝子スクリーニングネットワーク(LC-SCRUM-Japan)で実施した「RET融合遺伝子等の低頻度の遺伝子変化陽性肺癌の臨床病理学的、分子生物学的特徴を明らかにするための前向き観察研究」(以下、「RET等遺伝子変化陽性肺癌の研究」)に登録した患者さんのうち、研究データや残余検体の二次利用に同意された方も対象とします。
2019年6月~
2041年3月
横山 俊秀
呼吸器内科進展型小細胞肺癌患者に対する初回治療カルボプラチン/エトポシド/アテゾリズマブ併用療法の実地診療における有効性、安全性を検討する多施設前向き観察研究(APOLLO trial)詳細呼吸器内科において「進展型小細胞肺癌患者に対する初回治療カルボプラチン/エトポシド/アテゾリズマブ併用療法の実地診療における有効性、安全性を検討する多施設前向き観察研究」に参加された患者さん2019年11月~
2024年9月
横山 俊秀
呼吸器内科局所進行非小細胞肺癌に対する化学放射線療法を受けた患者の後ろ向き研究「the real world survey of ChemoRadiotherapy with Immune checkpoint inhibitor for Stage III nON-small cell lung cancerHOPE-005/CRIMSON」詳細2018年5月から、2019年5月までの間に、切除不能Ⅲ期非小細胞肺癌であると診断され、化学放射線療法を施行された方。2019年12月~
2025年3月
横山 俊秀
呼吸器内科切除不能な非小細胞肺癌患者における治療パターン、治療アウトカム及び医療資源利用状況に関する多施設共同観察研究: 日本における免疫療法導入後のリアルワールド研究(JEWEL-IN)詳細2017年7月1日から2018年12月20日までに、肺がんの全身抗がん剤治療を新たに始められた患者さん2019年12月~
2024年6月
横山 俊秀
呼吸器内科EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌に対する初回治療Osimertinibの多施設実態調査詳細2018年8月1日~2019年12月31日までの間に、EGFR陽性非小細胞肺癌と診断され、Osimertinib(オシメルチニブ、商品名タグリッソR)を初回治療として投与された方。2020年6月~
2025年3月
横山 俊秀
呼吸器内科進展型小細胞肺癌患者に対する初回治療カルボプラチン/エトポシド/アテゾリズマブ併用療法の実地診療における有効性、安全性を検討する多施設前向き観察研究に付随するバイオマーカー研究 Exploratory biomarker study of APOLLO trial (APOLLO-Bio)詳細進展型小細胞肺がんの患者さんで、2019年9月から2021年9月までの期間中に「進展型小細胞肺癌患者に対する初回治療カルボプラチン/エトポシド/アテゾリズマブ併用療法の実地診療における有効性、安全性を検討する多施設前向き観察研究」に参加された患者さんのうち、このバイオマーカー研究に同意いただける方および、参加拒否のご連絡がない方。2020年6月~
2025年9月
横山 俊秀
呼吸器内科小細胞肺癌の腫瘍微小免疫環境についての後ろ向き観察研究詳細小細胞肺癌と診断された患者さん、かつ、本研究のための資料(過去の通常診療で得られ診療録内に記録された臨床情報・診療情報)ならびに検体(過去の通常診療で得られた腫瘍組織の残存検体)の提供が可能である方2020年6月~
2030年3月
横山 俊秀
呼吸器内科がん幹細胞系マーカー及びTumor mutation burden と術後再発の関連性を評価する後ろ向き観察研究(WJOG12219LTR)詳細・過去に非小細胞肺がんII-IIIA 期と診断され、WJOG4107 試験に参加いただいた患者さん
・WJOG4107 試験の際に保存された組織検体、血液検体が使用可能な患者さん
2020年10月~
2023年12月
横山 俊秀
呼吸器内科進行期肺癌に合併した慢性肺アスペルギルス症患者を対象とした後ろ向き観察研究詳細倉敷中央病院で慢性肺アスペルギルス症の診断をうけた患者さんの中で、進行期肺癌を合併し、2010年1月1日から2020年5月31日までの間に肺癌に対して全身治療が行われた方2020年12月~
2024年3月
横山 俊秀
呼吸器内科EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌に対する初回治療Osimertinibの多施設実態調査に付随する薬剤性肺障害の検討詳細EGFR陽性非小細胞肺癌の患者さんで、「EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌に対する初回治療Osimertinibの多施設実態調査」に参加された患者さん。2021年1月~
2025年3月
横山 俊秀
呼吸器内科EGFR 遺伝子変異陽性非小細胞肺癌におけるアファチニブからオシメルチニブへの逐次投与の有効性を評価する多施設共同前向き観察研究(Gio-Tag Japan)におけるCell free DNA を用いたバイオマーカー探索研究詳細Gio-Tag Japan試験に参加されている患者さんの中で、「付随研究に参加すること」、「将来の研究のための検体の保管」の両方に同意された方。2021年3月~
2025年7月
横山 俊秀
呼吸器内科非小細胞肺癌患者における免疫チェックポイント阻害薬治療と臨床的因子の関連性に関する後方視的観察研究 (OLCSG-ID)詳細2015年12月1日~2020年12月31日の間に当科で免疫チェックポイント阻害薬の投与を受けられた非小細胞肺がんの方、および2018年12月1日~2020年12月31日に、肺がんに対する初回治療として免疫チェックポイント阻害薬と抗がん剤の併用治療以外の治療を受けた非小細胞肺がんの方。2021年4月~
2023年12月
横山 俊秀
呼吸器内科EGFR 遺伝子変異陽性非小細胞肺癌におけるアファチニブからオシメルチニブへの逐次投与の有効性を評価する多施設共同前向き観察研究(Gio-Tag Japan)における附随研究詳細主研究の登録患者さんのうち、本研究の実施について各施設の倫理審査委員会の承認を受けた実施期間から登録された患者さんを対象とします。(主研究の登録期間:2019年7月31日から2020年7月30日)2021年6月~
2026年7月
横山 俊秀
呼吸器内科未治療進行または再発非小細胞肺がんを対象としたニボルマブ+イピリムマブ±化学療法併用療法の日本における治療実態および有効性と安全性に関する観察研究(LIGHT-NING)詳細非小細胞肺がん患者さんのうち、ニボルマブとイピリムマブの併用治療またはニボルマブとイピリムマブと化学療法の併用療法を受けた患者さん2021年6月~
2025年12月
横山 俊秀
呼吸器内科希少ドライバー遺伝子異常をもつ肺癌患者の後方視的調査The cohort study of lung cancer patients with rare driver gene alteration詳細2017年3月1日から2021年3月31日までにEGFR 遺伝子変異 / ALK 融合遺伝子以外のドライバー遺伝子異常が確認された患者さん2021年9月~
2025年3月
横山 俊秀
呼吸器内科肺肉腫様癌に対する抗PD-1抗体の効果予測因子の探索研究「既治療進行・再発肺多形癌など肺肉腫様に対するニボルマブの単群検証的試験(NCCH1603 試験)」と「未治療進行・再発肺多形癌など肺肉腫様癌に対するペムブロリズマブの単群検証的試験(NCCH1703 試験)」の付随研究詳細本研究は、①「既治療進行・再発肺多形癌など肺肉腫様癌に対するニボルマブの単群検証的試験」(以下、「NCCH1603試験」)あるいは未治療進行・再発肺多形癌など肺肉腫様癌に対するペムブロリズマブの単群検証的試験(以下、「NCCH1703試験」)に2017年3月~2020年3月の期間に参加された患者さんで、下記施設に保管された残余検体が十分にあり、付随研究参加に同意した方2021年9月~
2024年3月
横山 俊秀
呼吸器内科WJOG15121L IV期肺癌患者における予後を含めた実態調査:多施設後ろ向きレジストリ研究 (REAL-WIND study)詳細肺がん患者さんのうち、IV期肺がんとの診断を受けた患者さん2021年12月~
2024年3月
横山 俊秀
呼吸器内科WJOG15421L:進行・再発非小細胞肺癌のバイオマーカー検査と標的治療に関する実態調査プロジェクト A project to investigate the actual status of biomarker testing in unresectable advanced or recurrent non-small cell lung cancer.:REVEAL trial詳細2020 年 7 月 1 日~2021 年 6月 30日の期間に診断のついた、IIIB-IV期または術後・化学放射線治療後再発の非小細胞肺癌の患者さん。2022年1月~
2025年12月
横山 俊秀
呼吸器内科WJOG14420LTR: EGFR遺伝子L858R変異陽性進行再発非扁平上皮非小細胞肺癌におけるTP53 遺伝子変異の意義および治療耐性メカニズムの検討Treatment resistance mechanism and TP53 mutation in untreated advanced orrecurrent non-small cell lung cancer with EGFR L858R mutation.詳細EGFR L858R変異陽性の進行再発非扁平上皮非小細胞肺癌と診断され、WJOG 14420L試験に参加いただいた患者様のうち、がん組織・血液検体の採取・保管に同意いただいた方2022年3月~
2028年3月
横山 俊秀
呼吸器内科LC-SCRUM-Advantage/MRD:肺癌における周術期個別化医療の確立を目指した遺伝子スクリーニングと微小残存病変のモニタリングのための多施設共同前向き観察研究詳細2022 年 8 月?2023 年 9 月 15日に「肺癌における周術期個別化医療の確立を目指した
遺伝子スクリーニングと微小残存病変のモニタリングのための多施設共同前向き観察研究
(LC-SCRUM-Advantage/MRD)」に参加した方で、解析後の検体が十分残っており、かつ残った検体の二次的な研究利用について同意が得られている患者さんを対象とします。
2023年1月~
2032年3月
横山 俊秀
呼吸器内科EGFR変異陽性肺癌患者における組織転化症例における免疫微少環境と臨床経過の検討詳細2012年1月1日から2019年12月31日までにEGFRチロシンキナーゼ阻害薬が投与開始された患者さんのうち組織転化を示し、転化前後の組織もしくは転化前後どちらか一方の組織が提出できる方2023年3月~
2025年5月
横山 俊秀
呼吸器内科ALK融合遺伝子変異陽性非小細胞肺癌における早期耐性患者の特徴を明らかにするための後ろ向きコホート研究詳細2013年1月1日~2021年12月31日の間に岡山大学病院および共同研究機関においてアレクチニブを用いてALK陽性肺癌の治療を受けられた方2023年3月~
2026年12月
横山 俊秀
呼吸器内科KRAS阻害薬の耐性機序の解明と克服に関する研究詳細【30-187】「固形悪性腫瘍における解析を目的とした臨床検体の凍結保存バンキング」に同意をいただき、腫瘍検体(組織、末梢血、胸水、腹水、髄液)、血液検体を採取させていただいた患者さん2023年8月~
2028年3月
横山 俊秀
呼吸器内科PD-L1発現1-49%の進行期非小細胞肺癌に対する初回治療としての免疫チェックポイント阻害薬/プラチナ併用化学療法およびプラチナ併用化学療法の有効性および背景因子に関する多施設後ろ向き観察研究詳細以下のすべての条件を満たす患者様。
・下記の研究参加施設で臨床病期IV 期又は手術や放射線治療の根治的治療後に再発した非小細胞肺癌の方。
・22C3を用いた腫瘍組織中のPD-L1発現評価が1-49%の方。
・2017年3月1日から2022年6月30日までに1 次治療として、免疫チェックポイント阻害薬/プラチナ併用化学療法もしくはプラチナ併用化学療法が投与開始された方。
2023年12月~
2026年3月
横山 俊秀
呼吸器内科単一施設における肺炎の前向き疫学的研究詳細呼吸器内科で肺炎の診断・治療を受けられました患者さん2010年10月~
石田 直
呼吸器内科一般社団法人日本呼吸器学会「インフルエンザ・インターネット・サーベイ」の実施に関する研究詳細当院においてインフルエンザによる肺炎もしくは入院が必要と診断された15歳以上の患者さん2015年1月~
石田 直
呼吸器内科コロナウィルス肺炎(CoVP)とインフルエンザウィルス肺炎(InVP)、非ウィルス性市中肺炎(nVCAP)の臨床像に関する多施設共同研究詳細NPO法人 西日本呼吸器内科医療推進機構の研究参加病院に入院され、コロナウィルス肺炎として治療を受けられた(または、治療を受けられる)患者さんまたは,過去にインフルエンザウイルス肺炎や非ウイルス性市中肺炎で入院治療をうけられた患者さん2020年5月~
2025年4月
石田 直
呼吸器内科COVID-19の重症化予測因子の検討詳細 2020年3月から、2024年6月までの間に、COVID-19であると診断され、倉敷中央病院に入院された方。2021年8月~
2025年6月
石田 直
呼吸器内科特発性間質性肺炎の分類別の疾患背景・予後・経過に関する前向き観察研究詳細承認日から2028年3月までの間に、特発性間質性肺炎であると診断された方2018年3月~
2028年3月
田中 彩加
呼吸器内科間質性肺炎およびその急性増悪患者における血清および気管支肺胞洗浄液中のバイオマーカーの検討詳細2010年4月1日~2022年6月30日の間に岡山大学病院および共同研究機関で間質性肺炎またはその急性増悪と診断され、血液検査または気管支内視鏡検査を受けられた方2023年4月~
2028年3月
田中 彩加
呼吸器内科当院で診断した肺肉腫様癌15例の検討詳細 2017年1月から2021年7月までの間に,肺肉腫様癌と当院で診断され治療を受けた患者さん.2022年11月~
2022年12月
福田 泰
呼吸器内科当院における未治療進行・再発非小細胞肺癌に対するニボルマブ+イピリムマブ±プラチナ製剤併用療法の使用経験の検討詳細2020年12月から、2022年11月までの間に、未治療進行・再発非小細胞肺癌であると診断された方。2023年11月~
2024年3月
福田 泰
呼吸器内科皮膚筋炎・多発筋炎における抗ARS抗体測定の有用性詳細2005年以降に当院で皮膚筋炎・多発筋炎の診断を受けた患者さん2014年8月~
2025年3月
有田 真知子
呼吸器内科過敏性肺炎の全国疫学調査詳細2021年1月1日~2021年12月31日に過敏性肺炎疾患で受診した患者さん2023年9月~
2027年3月
有田 真知子
呼吸器内科間質性肺疾患の前向きレジストリの構築と疫学調査詳細承認日から、2033年12月までの間に、間質性肺疾患であると診断された方。2024年1月~
2034年12月
有田 真知子
呼吸器内科抗PD-1/PD-L1抗体と細胞障害性抗がん剤を併用した非小細胞肺癌において遺伝子発現免疫プロファイルと治療効果の関連性を検討する後向き観察研究詳細2019年1月から、2020年12月までの間に、肺癌に対して免疫チェックポイント阻害薬と殺細胞性抗がん剤の併用による治療を受けた患者さん2021年6月~
2025年3月
濱川 正光
呼吸器内科「慢性肺アスペルギルス症の予後、耐性菌に関する多施設前向きコホート研究」一般社団法人日本呼吸器学会 慢性肺アスペルギルス症インターネットサーベイランス詳細本研究承認日から、2021年12月31日の間に慢性肺アスペルギルス症と診断された方を対象とします。2019年6月~
2026年12月
濵尾 信叔
呼吸器内科肺MAC症の標準治療における副作用の検討詳細2002年9月から、2021年5月までの間に、肺MAC症であると診断された方。2023年3月~
2023年5月
髙橋 寛
糖尿病内科糖鎖プロファイリングによる糖尿病合併症における新規バイオマーカーの同定~Urinary biomarker for continuous and rapid progression of diabetic nephropathy (U-CARE) Study~詳細2012年4月~2013年3月31日の間(平成24年度)に岡山大学病院を含む8施設の病院(他:岡山医療センター、岡山済生会病院、倉敷中央病院、榊原病院、津山中央病院、岡山赤十字病院、岡山市民病院)において、「糖尿病性腎症の糖鎖プロファイリングによる新規バイオマーカーの同定」の研究に同意を得られ、血液・尿検査を施行し得た糖尿病患者さん
H30年度に新たに研究用の採血・採尿にご協力いただける人には、新たに同意を得て研究を継続しますが、この採血・採尿にご協力いただけない人または同意取得が困難な人も、本研究に対する同意撤回がなければH30年度の研究用試料を用いずに研究は継続いたします。
2018年7月~
2029年3月
亀井 信二
糖尿病内科電子カルテ情報活用型多施設症例データベースを利用した糖尿病に関する臨床情報収集に関する研究(略称:診療録直結型全国糖尿病データベース事業、Japan DiabetescompREhensive databaseproject based on an Advanced electronic Medical record System、J-DREAMS)詳細糖尿病内科に受診中あるいは受診した糖尿病患者さんのうち電子カルテに登録のある患者さん2019年8月~
2027年3月
亀井 信二
糖尿病内科糖尿病教育入院患者のクリニカルパスに基づいた糖尿病診療成績の分析詳細2021年1月から、2025年12月までの間に、糖尿病で糖尿病内科に入院された方。2020年12月~
2026年12月
亀井 信二
糖尿病内科1型糖尿病における亜鉛トランスポーター8抗体とGAD抗体、IA-2抗体との関連についての検討詳細 2008年6月から、2017年12月までの間に、1型糖尿病であると診断され、先行する臨床研究第1712号(課題名:1型糖尿病における血中亜鉛トランスポーター8抗体測定の臨床的有用性に関する研究)への参加に同意をいただいた方。2020年11月~
2028年10月
村上 和敏
糖尿病内科「多職種で構成された糖尿病治療チーム(DIST)による入院患者への能動的血糖管理の有用性」詳細2019年4月から、2023年3月までの間に、当院に入院された方。2023年5月~
2024年3月
村上 和敏
糖尿病内科「糖尿病内科と循環器内科による科科連携活動の有用性」詳細2019年4月から、2023年3月までの間に、糖尿病内科受診(外来・入院)され循環器内科紹介が必要と判断された方。同期間に、循環器内科受診(外来・入院)され糖尿病内科紹介が必要と判断された方。2023年5月~
2024年3月
村上 和敏
腎臓内科腎臓病総合レジストリー(J-KDR:JapanKidneyDiseaseRegistry)詳細2009年1月~2028年12月末までに岡山大学病院および共同研究機関(倉敷中央病院を含む)で腎生検を受けられた患者さん、腎臓病の診断を受けられた患者さん2012年3月~
2028年12月
浅野 健一郎
腎臓内科岡山県の透析患者数と分布の推移に関する調査詳細2017年4月1日から2022年1月31日までの間に,岡山県下すべての市町村の透析施設において維持透析を行う患者約5000名を研究対象とします。2018年5月~
2027年3月
浅野 健一郎
腎臓内科日本腎生検レジストリーを利用したわが国における巣状分節性糸球体硬化症のvariantの予後についての二次調査詳細2010 年1 月より2013 年12 月末までに当院で腎生検を行って巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)と診断され、「腎生検レジストリー(JRBR)」の登録の際に同意を得られた方。2018年9月~
2025年12月
浅野 健一郎
腎臓内科尿中糖鎖プロファイリングによる腎疾患の診断法の開発~ EXcreTed urinary glycans ANalysis and diagnosis of kidney disease without renal Tissue specimens-2(Extant-2)研究 -多施設共同前向き研究- ~詳細 2019年1月1日~2023年3月31日の間に「新規腎臓病診断マーカーおよび予後規定因子の開発」にご賛同・ご参加頂いた方2021年1月~
2026年3月
浅野 健一郎
腎臓内科日本腎生検レジストリーにおける抗がん剤による腎障害の臨床像に関する検討(多施設共同観察研究:横断研究、一部コホート研究)詳細2018年1月より2021年12月末までに本院で抗がん剤による腎障害と診断された方2022年5月~
2024年12月
浅野 健一郎
腎臓内科本邦の常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)患者における脳動脈瘤の発症とスクリーニングの実態調査詳細本研究の対象となる患者さんは、共同研究機関および既存情報の提供のみを行う機関に2015年4月から2021年6月の間に通院、或いは入院したADPKDの患者さんです。2022年6月~
2023年3月
浅野 健一郎
腎臓内科日本腎臓病総合レジストリーJapan Kidney Disease Registry/Japan Renal Biopsy Registry(J-KDR/J-RBR)詳細? 名古屋大学医学部附属病院と共同研究機関で2007 年1 月23 日より2032 年
3 月31 日(終了期間は延期される)までの間にの間に腎生検を受けた全ての患
者、腎生検を受けられなくても腎臓病と診断された患者さんが対象です。
? 共同研究機関は、全国の大学病院、国公立病院、基幹病院、その他の施設など
で、日本腎臓学会のホームページに掲載れ確認することができます。
さらに、下記の方も研究の対象とさせていただきます。
? 2007 年から開始された「わが国の腎臓病患者における腎生検データベース構
築」の研究に参加し、日本腎生検レジストリー[Japan Renal Biopsy Registry
(J-RBR)]に登録されている方
? 2008 年から開始された「わが国の腎臓病患者における腎生検データベース構築
ならびに腎臓病総合データベース構築に関する研究」に参加され、J-RBR 、も
しくは日本腎臓病総合レジストリー[Japan Kidney Disease Registry(J-KDR)]
に登録されている方
2023年6月~
浅野 健一郎
腎臓内科多発性肝腎嚢胞性疾患患者の実態調査詳細研究機関の長の許可日~2025年3月31日の間に当院および共同研究機関で多発性肝腎嚢胞疾患患者に関する診療を受けられた方2023年11月~
2025年6月
浅野 健一郎
腎臓内科内シャント作成前後の心機能変化と、その生命予後へ与える影響の検討詳細 2013年1月から、2017年12月までの間に、当院で血液透析を導入された方。2023年3月~
2023年9月
福岡 晃輔
血液内科同種造血幹細胞移植におけるサイトメガロウイルス感染症の検討詳細2013年1月から、2023年9月までの間に、血液疾患に対して同種造血幹細胞移植を受けられた患者さん。2023年9月~
2024年3月
岡田 直樹
血液内科末梢血アフェレーシスの最適化詳細2010年1月1日から2021年6月30日の間に、京都大学医学部附属病院、兵庫医科大学病院、倉敷中央病院で、末梢血アフェレーシスを受けた方2021年9月~
2024年8月
岡田 和也
血液内科HBs抗原陽性およびHBV既往感染のT細胞リンパ腫に対するモガムリズマブ治療後のB型肝炎ウイルス再活性化に関する多機関共同後方視的観察研究詳細HBs抗原陽性群及びHBV既往感染群における登録適格患者
2012年5月から2021年3月の間に、各参加機関においてモガムリズマブ治療が開始されたT細胞リンパ腫のうち、適格規準を全て満たし、かつ除外規準のいずれにも該当しない患者を“HBs抗原陽性群”、“HBV既往感染群”と定義し、これらの患者を登録適格患者といたします
2022年8月~
2024年3月
佐藤 貴之
血液内科キャッスルマン病およびTAFRO症候群の臨床的特徴と予後に関する調査詳細2000年1月から、2022年12月までの間に、キャッスルマン病およびTAFRO症候群であると診断された18歳以上の成人の方。2023年4月~
2024年12月
佐藤 貴之
血液内科染色体・遺伝子変異が成人急性骨髄性白血病の予後に及ぼす影響に関する観察研究-JALSG AML209 Genetic Study(AML209-GS)-詳細当院で本研究に参加された方
(備考)解析を行う遺伝子が追加されました。
2010年7月~
2027年3月
上田 恭典
血液内科血液疾患登録詳細造血器疾患の患者さん2012年1月~
2031年12月
上田 恭典
血液内科ヘパリン起因性血小板減少症発症症例の全国登録調査詳細主治医により、臨床的にHIT発症(ヘパリン投与後に、それに関連した血小板減少症や血栓症を発症)が疑われた患者さん2014年6月~
2018年3月
上田 恭典
血液内科ADAMTS13活性、抗ADAMTS13抗体価測定試験以前に血栓性血小板減少性紫班病(TTP)にて入院された際に、TTPと確定診断された方で、ADAMTS活性が著減し抗ADAMTS13抗体陽性の患者さん2014年7月~
2015年3月
上田 恭典
血液内科造血幹細胞移植後血栓性微小血管症(TA-TMA)のリスク因子の同定に関する臨床研究詳細2006年9月から2017年10月までに当院血液内科で同種造血幹細胞移植を受けられ、かつ臨床研究「同種造血幹細胞移植早期における、ADAMTS13活性の推移と移植前処置に関する前向き検討」への参加を同意された方2017年11月~
2022年3月
上田 恭典
血液内科造血幹細胞移植の末梢血WT1mRNA測定の意義に関する後方視的研究詳細2010年12月から、2018年12月までの間に、初回の同種造血幹細胞移植を受けた急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群、慢性骨髄単球性白血病の方。2019年12月~
2025年12月
上田 恭典
血液内科成人フィラデルフィア染色体陰性precursorB細胞性急性白血病に対する多剤併用化学療法による第Ⅱ相臨床試験(JALSG Ph(-)B-ALL213)登録症例を対象とした観察研究詳細「成人フィラデルフィア染色体陰性precursorB細胞性急性白血病に対する多剤併用化学療法による第Ⅱ相臨床試験(JALSG Ph(-)B-ALL213)」に参加された方。2020年5月~
2024年3月
上田 恭典
血液内科未治療移植適応多発性骨髄腫患者を対象にしたボルテゾミブを用いた寛解導入・地固め・維持療法および大量抗がん剤併用自家末梢血幹細胞移植の安全性と有効性の検討:追加後方視的研究詳細「未治療移植適応多発性骨髄腫患者を対象にしたボルテゾミブを用いた寛解導入・地固め・維持療法および大量抗がん剤併用自家末梢血幹細胞移植の安全性と有効性の検討:臨床第Ⅱ相試験」に参加された方。2020年7月~
2025年4月
上田 恭典
血液内科TKIが使用されたJALSG Ph+ALL臨床試験とTRUMPデータの統合による予後因子解析 -JALSG Ph+ALL TKI-SCT study-詳細下記の試験に参加された方
? フィラデルフィア染色体陽性成人急性リンパ性白血病(Ph+ALL)に対する臨床第II相試験(JALSG Ph+ALL202)
? フィラデルフィア染色体陽性成人急性リンパ性白血病(Ph+ALL)を対象としたimatinib併用化学療法による第Ⅱ相臨床試験(JALSG Ph+ALL208IMA)
? 初発フィラデルフィア染色体陽性成人急性リンパ性白血病を対象としたダサチニブ併用化学療法および同種造血幹細胞移植の臨床第Ⅱ相試験(JALSG Ph+ALL213)
2020年12月~
2027年3月
上田 恭典
血液内科環状鉄芽球および血小板増加症を伴う骨髄異形成/骨髄増殖性腫瘍の後方視的解析詳細本研究の対象となる患者さんは、西暦2000年1月1日から西暦2020年12月31日の間に当院血液内科でMDS/MPN-RS-TまたはRARS-Tと診断された方です。2022年6月~
2025年3月
上田 恭典
血液内科同種造血細胞移植後B型肝炎ウイルス再活性化例の後方視的解析多機関共同後方視的観察研究: HBV reset(Retrospective analysis of cases with HBV reactivation after Hematopoietic Stem Cell Transplantation)詳細2010年1月~2020年12月の間に上記の医療機関で、同種造血細胞移植後HBV再活性化と診断され、抗ウイルス剤(核酸アナログ)を投与された患者さん2022年8月~
2024年3月
上田 恭典
血液内科日本における免疫性血栓性血小板減少性紫斑病(iTTP)の前向きレジストリ研究―Japan iTTP Registry Study (JiTS)―詳細対象期間中に当院で免疫性血栓性血小板減少性紫斑病に対する治療を受けられた患者さん【対象期間:2012年11月1日 から 2022年10月31日】2022年12月~
2029年10月
上田 恭典
血液内科再発又は難治性の中枢神経系原発リンパ腫におけるチラブルチニブの有効性・安全性及び治療実態を調査する多機関共同後ろ向き観察研究(ROSETTA試験)A MULTI-CENTER RETROSPECTIVE OBSERVATIONAL STUDY OF EFFECTIVENESS, SAFETY AND TREATMENT STATUS OF TIRABRUTINIB IN RELAPSED OR REFRACTORY PCNSL (ROSETTA)詳細再発又は難治性の中枢神経系原発リンパ腫と診断されている患者さんのうち、2020年11月1日から2022年4月30日までの間に、新たににチラブルチニブ初回治療を開始し、かつ、特定使用成績調査に登録された患者さんです。加えて、チラブルチニブ初回治療開始時点で20歳以上の患者さんが対象です。2023年4月~
2027年12月
上田 恭典
血液内科本邦におけるPOEMS症候群自家移植症例の長期予後の解析詳細2010年1月から2019年12月までに造血幹細胞移植治療を受けたPOEMS症候群の患者さん2023年6月~
2025年12月
上田 恭典
血液内科本邦における原発性骨髄線維症の臨床像に関する研究詳細2023年7月~
上田 恭典
血液内科成人T細胞白血病(ATL)に対する同種移植後の予後に移植前モガムリズマブ投与が与える影響に関する研究Impact of pretransplant mogamulizumab on post-transplant outcome in patients with adult T-cell leukemia-lymphoma (ATL) on behalf of ATL-WG詳細2016年1月1日から2019年12月31日までに成人T細胞白血病リンパ腫と診断され、同種造血幹細胞移植の治療を受けた患者さん2023年9月~
2026年12月
上田 恭典
血液内科臍帯血移植直後の合併症の把握システムの構築とその対策詳細2017年1月から2021年12月までに臍帯血移植を受けた患者さん2023年11月~
2024年12月
上田 恭典
血液内科遺伝性血栓性素因による特発性血栓症のレジストリー研究「 An observational study of hereditary thrombophilia in Japan」詳細2020年1月1日以降に「特発性血栓症(遺伝性血栓性素因によるものに限る。)」と診断された患者さん2023年12月~
2027年12月
上田 恭典
血液内科血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)に生じる心筋虚血と好中球細胞外トラップ(NETs)の評価詳細対象期間中に担当医から奈良県立医科大学輸血部へ検査を依頼し、TTPと診断された方。2023年12月~
2028年3月
上田 恭典
血液内科アグレッシブNK細胞白血病に関する多機関共同後方視的研究(ANKL22)詳細2021年12月まで当院でアグレッシブNK細胞白血病と診断された全ての患者さん2021年12月~
2025年9月
前田 猛
血液内科新世代治療導入後の未治療NK/T 細胞リンパ腫における治療実態とその推移および予後に関する国内多機関共同調査研究(NKEA-Next project)詳細2014年1月1日から2021年12月31日の間までに当院でNK/T細胞リンパ腫と診断された方、および先行研究「新世代治療導入後の未治療NK/T細胞リンパ腫における治療実態把握と予後予測モデル構築を目的とした国内および東アジア多施設共同後方視的調査研究(NKEA project) 」に同意された方2022年1月~
2024年3月
前田 猛
血液内科アグレッシブリンパ腫に対する造血幹細胞移植の成績調査詳細2010年1月から、2021年12月までの間に、造血幹細胞移植を受けたアグレッシブリンパ腫の方。2023年4月~
2023年10月
村主 啓行
耳鼻咽喉科・頭頸部外科日本における頭頸部悪性腫瘍登録事業の実施詳細2011年1月1日から2031年12月31日までに頭頸部悪性腫瘍(癌・肉腫)の治療を受けられた患者さん2018年1月~
2031年12月
伊木 健浩
耳鼻咽喉科・頭頸部外科頭頸部悪性腫瘍の予後因子および治療合併症に関する研究詳細2000年1月以降に、倉敷中央病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科で頭頸部悪性腫瘍であると診断された方2018年2月~
2024年12月
伊木 健浩
耳鼻咽喉科・頭頸部外科咽喉頭悪性腫瘍に対する鏡視下経口的手術に関する多施設共同での後向き解析詳細2015年から2021年までの期間に,鏡視下経口的手術を受けた患者さん2022年9月~
2025年12月
伊木 健浩
耳鼻咽喉科・頭頸部外科急性期病院における気管切開術後症例の検討詳細 2017年1月から、2017年12月までの間に、当院で気管切開術を行われた方。2022年2月~
2023年2月
岩永 健
耳鼻咽喉科・頭頸部外科頭頸部の希少腫瘍における疫学、経過、治療成績、および予後の検証詳細2001年1月1日から2020年12月31日までの期間に倉敷中央病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科で頭頸部腫瘍と診断され、治療を受けられた患者さん2022年2月~
2027年3月
玉木 久信
耳鼻咽喉科・頭頸部外科頭頚部外科癌に対するCisplatin+5-Fluorouracil療法における輸液量と腎機能障害の関連性の検討詳細2017年1月から、2022年12月までの間に、耳鼻咽喉科・頭頚部外科でシスプラチン+フルオロウラシル療法を受けた方。2023年2月~
2024年3月
玉木 久信
耳鼻咽喉科・頭頸部外科甲状腺乳頭癌患者T1-3N1bM0における放射性ヨード治療の効果に関する多施設共同研究詳細2010年1月から、2022年4月までの間に、甲状腺乳頭癌と診断され手術を受けられた方のうち、原発巣が周囲臓器に浸潤せず、外側区域へのリンパ節転移を伴っていた方
(原発巣となる甲状腺の腫瘍が特定されなかった方も含みます)
2023年7月~
2025年3月
玉木 久信
耳鼻咽喉科・頭頸部外科喉頭希少疾患における疫学、経過、治療成績、および予後の検証詳細2003年4月1日から2023年3月31日までの期間に公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院 頭頸部外科で喉頭希少疾患と診断され、治療を受けられた患者さん2023年10月~
2028年3月
玉木 久信
耳鼻咽喉科・頭頸部外科めまい初診時における診療内容の実態調査と、めまい初診時チェックリストの作成詳細めまいの診療で耳鼻咽喉科に受診した方を対象2018年10月~
2023年3月
佐藤 進一
耳鼻咽喉科・頭頸部外科専攻医による扁桃摘出術の執刀経験と学習曲線詳細 2010年9月から、2023年3月までの間に、当院で口蓋扁桃摘出術を受けた方。2023年12月~
2024年12月
佐藤 進一
救急科墜落外傷における高さ以外の予後因子詳細2019年4月から、2022年12月までの間に当院へ搬送され入院が必要であった墜落外傷患者さんが対象となっています。2023年5月~
2023年7月
三浦 耕司
救急科救急外来に独歩受診した頭痛を主訴としない内因性くも膜下出血患者についての検討詳細2010年11月から、2016年6月までの間に、当院を独歩受診し、内因性くも膜下出血で入院となった方。もしくは心臓が止まったために当院へ救急車で搬送され、死亡確認された方で内因性クモ膜下と診断された方2019年12月~
2023年12月
山本 篤史
救急科救急外来でのpush-doseノルアドレナリンの投与と予後に関する研究詳細2019年1月から12月までの間に、救急外来に受診された18歳以上の方2022年10月~
2024年10月
山本 篤史
救急科腹痛を訴え救急外来受診した患者のトリアージ時のPain scaleと緊急入院率、手術率の関連について詳細 2021年11月から、2022年10月までの間に、腹痛を主訴に救急外来を救急車以外の方法(自家用車、公共交通機関、徒歩など)で受診された方。2023年2月~
2023年12月
市川 元啓
救急科救急医療機関における自傷・自殺未遂レジストリを用いた臨床研究詳細〔研究の期間〕
実施許可日~2025年3月31日。この期間は更新されることがあり、その場合にはあらためて告知します。
対象者:上記研究期間に自傷・自殺未遂により当院[当センター]を受診された全ての方を対象としています。
2022年12月~
2025年3月
漆谷 成悟
救急科低血糖患者におけるけいれんの発症割合詳細2017年1月から、2022年12月までの間に救急外来を受診し、低血糖であると診断された方。2023年2月~
2024年3月
漆谷 成悟
救急科小児鈍的肝損傷および脾損傷の自然経過と診療パターンの検討:多施設後ろ向き観察研究詳細2008年1月から、2019年12月までの間に、鈍的肝損傷および脾損傷で当院に入院していた16歳以下の方。2021年1月~
2024年8月
松七五三 晋
救急科ドクターカーの運用事例に関する調査研究詳細実施許可日から2025年10月31日までに日本医科大学付属病院救命救急科のドクターカー診療を受けた患者さん2023年11月~
2025年12月
池上 徹則
救急科日本外傷データバンクへの外傷患者登録と登録データを用いた臨床研究詳細本研究の対象となるのは、全国の救急医療施設を受診され、重症外傷(6段階の重症度スコアで3以上)を有する患者さん2023年2月~
2026年3月
田村 暢一朗
救急科救急外来で敗血症と診断された患者からのDNAR/DNIオーダー頻度の経年変化詳細2017年4月-2018年3月、または2022年4月-2023年3月のいずれかの期間に、倉敷中央病院 救急外来を受診し敗血症であると診断された方。2023年5月~
2024年12月
田村 暢一朗
放射線診断科脾動脈解離に関する研究詳細2011年5月から2022年11月までに脾動脈解離を生じて画像検査が撮影された患者さん2023年11月~
2026年3月
伊藤 久尊
放射線診断科Open Connectデータベース接続による読影Viewerの評価詳細 2019年12月から、2020年11月までの間に、CT、MRI、PET/CTの画像検査を行った患者さん2019年11月~
2024年6月
小山 貴
放射線診断科日本インターベンショナルラジオロジー学会における症例登録データベース事業詳細IVR学会会員が処置を行った患者さん2020年3月~
小山 貴
放射線診断科膀胱癌のBCG治療後に発生する肉芽腫性前立腺炎の画像所見の検討詳細2011年6月から、2023年9月までの間に、膀胱癌BCG注入療法後の肉芽腫性前立腺炎であると診断された方。2023年10月~
2025年3月
小山 貴
放射線治療科前立腺癌術後PSA再発に対する救済放射線治療の治療成績と有害事象の評価詳細2015年1月から、2023年9月までの間に、前立腺癌術後に救済放射線治療を受けたことがあると診断された男性の方。2023年10月~
2024年4月
境 恵輔
放射線治療科JROSG17-5 前立腺がんに対する強度変調放射線治療の多施設前向き登録 A registry of Nation Japanese Radiation Oncology Study Group: Intensity-modulated radiation therapy for prostatecancer(JROSG-IMRT-PC01)詳細2019年4月30日までに当院で強度変調放射線治療を受けた患者さん2018年9月~
2025年10月
板坂 聡
放射線治療科内胸リンパ節領域を標的に含まない領域リンパ節照射を伴う乳癌手術後放射線療法の治療成績の検討詳細2008年1月1日から 2018年12月31日の間に、京都大学医学部附属病院放射線治療科および上記共同研究機関において、遠隔転移のない乳癌に対して胸壁/全乳房照射および領域リンパ節照射(内胸リンパ節領域を標的に含まない)を開始され、治療完遂された患者さん2023年1月~
板坂 聡
放射線治療科全国放射線治療症例に基づく放射線治療の実態調査および質評価詳細2013年1月以降に全国の放射線治療施設で、放射線治療施設で放射線治療を受けられた方2023年5月~
2028年3月
板坂 聡
リハビリテーション部ロコモ健診者における新型コロナウイルス感染症流行前後の体力の変化詳細 2019年6月から、2022年5月までの間に、当院人間ドックにてロコモ健診を受診した方。2023年5月~
2024年3月
浦谷 明宏
リハビリテーション部高齢ロコモ健診者のHbA1c値から見る2年後の身体機能及び体組成との関連詳細2019年6月から、2022年5月までの間に、倉敷中央病院付属予防医療プラザ人間ドックにてロコモ健診を受診した方。2023年7月~
2024年3月
浦谷 明宏
リハビリテーション部慢性心不全患者のフレイル実態調査詳細当院医の倫理承認日から西暦2022年3月31日の間に、リハビリテーション科で理学療法を受けた65歳以上の心不全の患者さん2020年10月~
2025年3月
花田 真嘉
リハビリテーション部大腿筋膜グラフトを用いた上方関節包再建術後のグラフト断裂に術前後の運動機能が及ぼす影響詳細2016年12月から、2020年2月までの間に、修復不可能な腱板断裂と診断され、上方関節包再建術が行われた方2022年5月~
2023年12月
熊代 功児
リハビリテーション部心不全患者における入院初期の身体機能と退院時の運動耐容能の関連詳細 2022年5月から、2023年6月までの間に、心不全を発症し入院加療された方。2023年8月~
2025年4月
川上 裕貴
リハビリテーション部非小細胞肺癌患者における術後翌日の歩行可否が短期的なアウトカムに及ぼす影響詳細2021年1月から、2023年1月までの間に、肺癌(非小細胞癌)であると診断され外科的手術を施行された方。2023年2月~
2024年3月
倉田 和範
リハビリテーション部上方関節包再建術後患者における自覚的な筋力改善に影響する因子の検討詳細2018年4月から、2022年3月までの間に、広範囲腱板断裂であると診断され、上方関節包再建術をされた方。2022年4月~
2023年4月
白石 明継
リハビリテーション部上方関節包再建術後患者における小円筋肥大の有無と術後3カ月時の肩関節機能との関連詳細2018年4月から、2023年4月までの間に、上方関節包再建術を受けた方。2023年4月~
2024年4月
白石 明継
リハビリテーション部ロコモ健診を受診した中年層の女性における骨密度と身体機能・組成の関連詳細2019年6月から、2023年3月までの間に、当院予防医療プラザにおいてロコモ健診を受診した45歳~64歳の女性の方。2023年5月~
2024年4月
浜野 泰三郎
集中治療科当院の緊急気管挿管に関する前向き観察研究詳細2014年9月24日以降に当院で緊急気管挿管(=予定手術以外の気管挿管)が行われた全ての患者さん2014年9月~
2030年3月
大竹 孝尚
集中治療科患者情報システムを用いた集中治療部の機能評価(JIPAD事業)詳細日本集中治療医学会会員が在籍する施設において、特定集中治療室加算(もしくはそれに準じる救命救急入院料)を算定しているICU(集中治療室)に入室するすべての患者を対象とします。対象期間は、2022年4月1日?2025年3月31日とします。2023年4月~
2026年3月
大竹 孝尚
集中治療科集中治療室の特性や人的資源の配置と集中治療室に入室した救急患者のアウトカムの関係詳細本研究は匿名加工データベースを用いる研究です(個人は特定できない状況で研究を行います)。
2015年4月から、2022年3月までの間に集中治療室に入室した患者の医療情報を収集し、医療の質の向上および集中治療医学の発展をめざすことを目的としたJIPAD(Japanese Intensive care PAtient Database)データベースに情報が登録されている患者さんが対象となっています。
2023年12月~
2025年12月
藤永 潤
集中治療科本邦におけるCOVID-19感染患者治療の疫学的調査詳細2020年1月1日~2025年3月31日に、日本国内でCOVID-19による感染を発症し、集中治療室等で人工呼吸管理を受けた患者さん2020年11月~
2026年3月
福岡 敏雄
集中治療科心臓血管外科術後透析患者における抜管遅延とフェンタニル投与量の関係について詳細2021年8月から、2023年7月までの間に心臓血管外科で手術を受けた患者さんのうちICUに挿管のまま入室された方。2023年9月~
2024年8月
鈴木 康大
集中治療科糖尿病性ケトアシドーシス及び高血糖高浸透圧症候群に伴う髙ナトリウム血症の補正速度と神経予後について詳細2014年4月から、2023年3月までの間に、糖尿病性ケトアシドーシスまたは高血糖高浸透圧症候群であると診断された方の中で入院時の血清ナトリウムが145 mEq/Lを超えていた方。2023年9月~
2024年8月
鈴木 康大
腫瘍内科プラチナ製剤不応・不耐の消化管原発神経内分泌癌に対するラムシルマブ併用療法の多施設共同後ろ向き観察研究Multicenter retrospective study of ramucirumab-containing chemotherapy for patients with gastrointestinal neuroendocrine carcinoma who are refractory or intolerant to platinum-based chemotherapy詳細プラチナ製剤を含む1次治療を受けられた胃・大腸原発神経内分泌癌の患者さんで、西暦2015年3月1日から西暦2020年6月30日の間に2次治療を受けた方2021年6月~
2024年1月
仁科 慎一
腫瘍内科消化器神経内分泌癌の病態および治療に関する研究詳細2016年10月から、2022年9月までの間に、消化器神経内分泌癌であると診断されシスプラチンもしくはカルボプラチン含む薬物治療を受けた方。2023年8月~
2025年10月
仁科 慎一
医療技術部門放射線技術部神経膠腫に対する放射線治療計画の比較検討詳細放射線治療科において、2015年1月から2020年5月までの間に、神経膠腫で放射線治療を実施した方。2020年9月~
2024年3月
園田 泰章
医療技術部門放射線技術部小児心臓CTにおける線量評価詳細2020年1月から、2023年8月までの間に、小児科、心臓血管外科または循環器内科より心臓CT検査を施行された0から15歳までの方。2023年9月~
2024年12月
市尻 航輝
医療技術部門放射線技術部敵対生成ネットワークを用いた単純X線画像上の障害陰影となりうる異物の除去詳細2021年11月から、2023年1月までの間に、胸部および骨盤単純X線画像を撮影された方のうち,救急にてバックボード上で撮影された方および画像上に心電図のコードなどの異物の写りこみがない方2023年8月~
2025年3月
尾﨑 誠
医療技術部門放射線技術部放射線診療における医療被ばく実態調査及び線量評価と医療被ばくデータベース構築の検討詳細2018年 4月 1日 から 2027年 3月 31日 までにX線CT検査を受けられた方2019年10月~
2027年3月
福永 正明
医療技術部門放射線技術部深層学習を用いた胸部X線CTにおける肺野病変の検出Detection of Lung Lesions in Chest-CT with a Deep learning詳細2015年1月1日から、2019年9月30日までの間に、当院および予防医療プラザにおいて胸部単純X線CT検査を受けた方。2020年4月~
2025年3月
福永 正明
医療技術部門放射線技術部急性期脳卒中のAIを用いた診断補助アプリケーションの精度向上を目的とした研究詳細2015年4月から、2022年11月までの間に、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血と診断された頭部CT検査または頭部MRI検査を施行した方、および脳卒中疑いで頭部CT検査または頭部MRI検査を受けた方。2022年12月~
2024年6月
福永 正明
医療技術部門放射線技術部体幹部のAIを用いた診断補助アプリケーションの精度向上を目的とした研究詳細2018年4月から、2022年12月までの間に、X線CT検査において大動脈解離、肺塞栓症、肺がんの病変が指摘されている方。骨シンチグラフィで骨転移病変を指摘され、かつ、同日に胸部~骨盤CT検査を受けた症例のうち、2018年4月から2022年12月までの間に少なくとも胸部~骨盤CT検査を1回以上受けている症例を抽出する。2023年4月~
2024年6月
福永 正明
医療技術部門放射線技術部放射性医薬品発注をシミュレーションした至適投与量による被ばく低減詳細 2020年1月から、2023年5月までの間に、PETおよびSPECT検査を実施した方。2023年7月~
2024年12月
北川 和希
医療技術部門放射線技術部一般撮影における患者線量を用いた線量管理に関する研究詳細2023年1月から、2023年5月までの間に、診断参考レベルが公表されている下記の撮影部位の検査を受けた方。
対象撮影部位:胸部正面、腹部正面、乳児股関節、乳児胸部、頭部正面、頚椎正面、胸椎正面、胸椎側面、腰椎正面、腰椎側面、骨盤正面、大腿部、足関節、前腕部
2023年7月~
2025年12月
本田 千尋
臨床検査技術部ナノピア TARC 基本性能の検討詳細2022年3月から、2023年3月までの間に、TARC(thymus and activation-regulated chemokine)の検査を行った方。2022年4月~
2024年3月
久木 紀代美
臨床検査技術部EUS-FNA検体のマクロ所見と組織・細胞診標本との対比 ~適切な検体処理をめざして~詳細2019年1月から、2022年10月までの間に、当院でEUS-FNAの検査を受けられ病理診断が行われた方。2022年12月~
2026年3月
中村 香織
臨床検査・感染症科COVID-19 に関するレジストリ研究 (COVID-19 Registry)詳細西暦2021年1月31日までの間に、COVID-19と診断された方。2020年4月~
2026年3月
橋本 徹
病理診断科IgG4関連消化管病変・腸間膜病変の実態詳細下記のいずれかに該当される方 
1) 1985年1月から2007年12月の間に胃切除が行われ、腫瘍でないと診断された方。
2) 2000年1月から2007年12月の間に胃切除が行われ、早期胃癌と診断された方。
3) 1985年1月から2018年3月の間に腸間膜の切除あるいは生検が行われ、腫瘍でないと診断された方。
4) 1985年1月から2018年3月の間に膵切除が行われ、自己免疫性膵炎と診断された方。
5) IgG4関連疾患と診断され、1985年1月から2020年3月の間に胃生検が行われた方。
6) 2018年7月から2019年6月の間に胃生検が行われた方。
2018年4月~
2023年3月
能登原 憲司
病理診断科ゲノム、エピゲノム解析による唾液腺悪性腫瘍の病態の解明詳細2004年4月から、2019年5月までの間に、多形腺癌であると診断された方。2019年12月~
2024年4月
能登原 憲司
病理診断科胆嚢コレステロールポリープとコレステローシスにおける泡沫状組織球の意義について詳細2009年8月から、2020年12月までの間に当院で胆嚢を切除された方の中から、約150例を選択して研究を行います。コレステロールポリープを中心に、腫瘍を除く胆嚢疾患(胆石症、慢性胆嚢炎、急性胆嚢炎、腺筋腫症、過形成性ポリープなど)、異常ではないと診断された方が対象となります。最終診断が腫瘍であった場合は除外されます。2021年7月~
2023年3月
能登原 憲司
病理診断科免疫染色を用いた膵acinar-ductal metaplasia (ADM)の細胞特性の研究詳細2000年1月から、2026年3月までの間に病理解剖が行われた方、あるいは手術検体で膵炎と診断された方2022年8月~
2026年3月
能登原 憲司
病理診断科免疫チェックポイント阻害薬によるirAE胆管炎の実態調査詳細2016年4月1日から2022年10月31日の間に、京都大学医学部附属病院消化器内科及び共同研究機関、研究協力機関合計54施設の研究対象施設にてICIを投与中または投与終了後1年以内に発症したirAE胆管炎の患者さん2023年2月~
2026年7月
能登原 憲司
病理診断科非定型的な組織所見を示す自己免疫性膵炎の臨床病理学的検討詳細 当院で過去に、EUS-FNAが行われて自己免疫性膵炎、あるいは膵炎と診断された方、あるいは手術検体で自己免疫性膵炎と診断された方2023年2月~
2026年3月
能登原 憲司
病理診断科自己免疫性膵炎のacinar-ductal metaplasiaと膵管癌の鑑別における免疫染色の有用性の検討詳細2010年1月から2017年12月までにEUS-FNAが行われ、膵癌、あるいは自己免疫性膵炎(1型、2型)や腫瘤形成性膵炎などの非腫瘍性疾患と診断された患者さん2023年6月~
2025年9月
能登原 憲司
病理診断科IgG4 関連疾患の診断基準並びに診療指針の確立を目指す研究詳細1989年4月から2023年9月20日までに倉敷中央病院でIgG4関連疾患の疑いのもと診療
が行われた患者さん(最終的にIgG4関連疾患が否定された患者さんを含む)
2023年12月~
2027年3月
能登原 憲司
病理診断科頭頚部腫瘍における細胞分化バイオマーカーの開発詳細2009 年1 月より2019 年3 月までの10 年間に当院で手術された唾液腺の腫瘍、お口や喉の癌、甲状腺の腫瘍、顎の骨の中にできる腫瘍を含む頭頸部腫瘍の患者さんを対象にしています。2019年10月~
2024年3月
板倉 淳哉
人材開発センターRapid Response System(RRS)データレジストリーに関する多機関共同研究詳細承認日~2028年7月31日に当院に入院された方のデータを使用いたします。2015年9月~
2028年10月
大竹 孝尚
救命救急センターICTを用いることによる頭部外傷患者に対するCT撮像状況の実態調査詳細2022年1月から、2022年12月までの間に、頭部外傷を主訴に当院の救急外来を受診された方2021年12月~
2023年3月
福岡 敏雄
脳神経外科・脳卒中科症候性頚動脈病変に起因した脳主幹動脈閉塞を来す塞栓子についての病理学的検討詳細2020年1月から、2022年12月までの間に、当院で急性脳動脈閉塞と診断された方に対して血栓回収療法を施行された患者さんのうち、治療側に頚部内頚動脈高度狭窄症もしくは頚部内頚動脈閉塞症を認め、主幹動脈閉塞の原因と考えられた患者さん2023年6月~
2025年6月
羽田 栄信
脳神経外科・脳卒中科機械的血栓回収療法における有効再開通率および症候性頭蓋内出血が及ぼす影響の検討詳細2020年1月から、2022年12月までの間に、当院で急性脳動脈閉塞と診断された方に対して血栓回収療法を施行された患者さん2023年6月~
2025年6月
羽田 栄信
脳神経外科・脳卒中科内視鏡下脳内血腫除去術の血腫除去率に関連する因子の検討詳細2017年1月から2022年12月の6年間で当院脳神経外科にて内視鏡下脳内血腫除去術に対し入院治療を行った患者さん2023年7月~
2025年3月
沈 正樹
内分泌代謝・リウマチ内科ANCAの有無に基づく、筋血管炎の長期予後に関する研究詳細2004年1月から、2022年9月までの間に当院に入院し、筋血管炎であると診断された方2021年5月~
2025年3月
永本 匠
内分泌代謝・リウマチ内科ANCA関連血管炎患者におけるリツキシマブによる薬剤性血小板減少症に関する実態調査およびリスク因子の解析詳細 2013年1月から2022年12月までの間に、内分泌代謝・リウマチ内科、腎臓内科、呼吸器内科のいずれかでANCA関連血管炎に対してリツキシマブが投与された方。2023年3月~
2025年3月
永本 匠
内分泌代謝・リウマチ内科ベーチェット病の病態解明のための観察研究詳細2006年1月1日から2021年12月31日に京都大学医学部附属病院と倉敷中央病院に通院していたベーチェット病の患者さん2022年10月~
2027年12月
西村 啓佑
内分泌代謝・リウマチ内科IgG4関連疾患、シェーグレン症候群における顎下腺超音波検査の検討詳細 2016年4月から、2022年12月までの間に、IgG4関連疾患、シェーグレン症候群を疑われ、顎下腺超音波検査を受けた方。2023年5月~
2026年3月
西村 啓佑
内分泌代謝・リウマチ内科放射性ヨウ素内用療法における尿中ヨウ素排泄量の検討詳細 2009年1月から、2021年6月までの間に、甲状腺分化癌に対して放射性ヨウ素内用療法を施行された方。2021年7月~
2021年11月
西澤 衡
内分泌代謝・リウマチ内科甲状腺クリーゼ:多施設前向きレジストリ―研究詳細2018年2月から、2023年1月までの間に、甲状腺クリーゼであると診断された方。2019年1月~
2023年1月
村部 浩之
内分泌代謝・リウマチ内科バセドウ病における甲状腺重量変化の予測因子の検討詳細2009年11月から2023年5月までの間に、当院でバセドウ病と診断され、甲状腺超音波検査を受けた方。2023年6月~
2023年12月
浜松 圭太
内分泌代謝・リウマチ内科ANCA関連血管炎患者における下肢筋MRI検査の有用性の検討詳細2000年1月から、2020年1月までの間に、ANCA関連血管炎が疑われ入院し、筋MRI検査を受けた方2021年5月~
2023年4月
脇 大輔
薬剤部オラパリブ(リムパーザ錠)使用患者における悪心嘔吐発現状況とその予防制吐療法についての実態調査ならびに悪心嘔吐リスク要因の探索:地域医療支援病院における記述疫学研究詳細2018年6月から、2021年12月までの間に、当院でオラパリブによる治療を受けた方。2022年3月~
2023年9月
小林 芽依
薬剤部進行再発肺腺癌におけるバイオマーカーの発現とKEYNOTE-189併用療法の有効性・安全性に関する多機関共同研究詳細倉敷中央病院において、2022年12月31日までにKEYNOTE-189レジメンによる肺がん治療を受け、かつ、バイオマーカー(PD-L1及びTTF-1)の検査を含む病理組織検査を受けられた方2023年1月~
2024年3月
森谷 康志
薬剤部医師から薬剤師へ持参薬オーダ発行をタスク・シフトすることによる持参薬業務の効率化の検討詳細2022年9月から、2022年12月までの間に、循環器内科に以下の検査および治療で予定入院された方
入院心臓カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術、経皮的動脈形成術、経皮的カテーテルアブレーション(心房細動)、経皮的カテーテルアブレーション(心房細動以外)/電気生理検査
リードレスペースメーカー埋め込み、ペースメーカー植え込み術、ペースメーカー電池交換術
2023年4月~
2024年12月
菅 直恵
薬剤部腎機能低下患者に腎排泄型薬剤の投与量設計を行う際の工程に関するアンケート調査(調査対象:岡山県下の病院薬剤師)詳細2023年3月16日に、岡山県病院薬剤師会定例学術講演会に参加された病院薬剤師の方2023年6月~
2024年3月
西村 健二
薬剤部がん悪液質患者における化学療法継続に及ぼすアナモレリン塩酸塩錠の影響詳細2021年10月から、2023年7月までの間に、アナモレリン塩酸塩錠を当院にて新規に投与された方。2023年11月~
2024年12月
西田 麻以
薬剤部ロモソズマブの使用実態調査詳細2019年6月から、2022年10月までの間に、ロモソズマブを当院にて新規に投与された方。2023年11月~
2024年12月
西田 麻以
薬剤部フェンタニルの併用によるワルファリンの作用増強についての検討-多施設共同後方視的観察研究詳細2010年4月1日から2018年3月31日までの間にワルファリンを服用された患者さまのうち、フェンタニルの併用を開始された方2019年1月~
2023年3月
石原 泰子
薬剤部アベマシクリブまたはパルボシクリブにより治療を行った手術不能または再発乳癌患者における有害事象発現状況ならびに予後の実態調査:地域がん診療連携拠点病院における記述疫学研究詳細2018年3月から、2021年12月までの間に、当院でアベマシクリブまたはパルボシクリブによる治療を受けた方。2022年3月~
2023年9月
石原 泰子
薬剤部ワルファリンとリファンピシン併用による抗凝固能への影響詳細2010年4月から、2020年3月までの間に、ワルファリンとリファンピシンを併用していた方。2020年8月~
2023年12月
赤木 晋介
薬剤部倉敷中央病院における担がん患者の緊急入院の要因に関する調査詳細2021年1月から、2022年12月までの間に、がんであると診断され、当院にて点滴による抗がん剤治療を受けた方。2023年4月~
2023年11月
樋口 純一
薬剤部がん患者さんにおける呼吸困難症状の緩和に対するヒドロモルフォン注の使用状況及び有効性についての調査詳細2021年1月から、2022年12月までの間に、呼吸困難に対してヒドロモルフォン注(ナルベイン注○R)を使用したがん患者さん。2023年4月~
2023年5月
福島 さやか
臨床研究センタープロトンポンプ阻害薬に関する院内フォーミュラリ導入効果と関連する臨床アウトカムの評価:分割時系列分析詳細2020年4月から、2021年5月までの間に、当院での入退院の情報があり、抗血小板薬または非ステロイド性解熱鎮痛薬を新規に開始された18歳以上の方(※経口プロトンポンプ阻害薬のフォーミュラリ導入効果を上記の患者さんのデータから検証します)2021年10月~
2024年4月
石田 亮
臨床研究センター新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する全身ステロイド療法の実態 およびアウトカム評価に関する研究:大規模電子カルテデータベースを用いた 記述疫学研究詳細本研究は、当院も参加している匿名化医療情報データベースである、HCEI-RWDデータベースの情報を用いる研究です(個人は特定できない状況でデータが提供され、それを用いて研究を行います)。
2020年2月から、2021年12月までの間に新型コロナウイルス感染症の治療を目的として入院され、HCEI-RWDデータベースに情報が登録されている患者さんが対象となっています。(研究参加へのご意向について、下記の補足事項もご確認ください)
2022年1月~
2025年3月
石田 亮
臨床研究センター電子カルテデータベースを用いた循環器関連疾患患者における鎮痛薬使用による腎機能の安全性の検討詳細本研究は、RWD社が管理する医療情報データベースより、個人が特定できない状況でデータが提供され、それを用いて研究を行います。
 データベースに情報が登録されている患者さんの中で、2012年1月から2019年12月までの間に心不全の診断があり、診断基準となる検査の一つであるBNPまたはNT-proBNPの検査が実施されている方を対象とします。
(診断+最初の上記検査日の前28日以内に、悪性腫瘍の診断がある方、手術を受けられた方、妊婦の方は本研究の対象からは除外されます)
2022年9月~
2024年10月
徳増 裕宣
倉敷中央病院リバーサイド注意欠陥多動性障害(ADHD)の対人コミュニケーション行動の特徴と訓練効果-対人コミュニケーション行動観察フォーマット(FOSCOM)からの検討-詳細2015年4月から、2021年3月までの間に、注意欠陥多動性障害、自閉症スペクトラムなどの発達障害と診断もしくは疑われた方や、言語発達遅滞と診断された方。2017年1月~
2025年3月
松尾 基史
脳神経外科一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND)詳細2018年1月から当院脳神経外科に入院された患者さん2018年1月~
2023年9月
沈 正樹
脳神経外科脳卒中を含む循環器病対策の評価指標に基づく急性期医療体制の構築に関する研究詳細J-ASPECT ASPECT 研究に参加する施設調査期間内( 研究に参加する施設調査期間内( 研究に参加する施設調査期間内( 平成 25 年 1 月 1 日~ 令和 2 年 3 月 31 日)に退院 した 患者 さん2019年9月~
2021年3月
沈 正樹
脳神経外科未破裂脳動静脈奇形の手術適応と予後に関する全国実態調査詳細平成26年1月1日から平成30年12月31日に、当院で未破裂脳動静脈奇形に対する手術を受けた方2019年10月~
2020年6月
沈 正樹
泌尿器科National Clinical Database(日本臨床データベース機構、NCD)における症例登録事業詳細登録対象となるのは,各種の専門医制度に関係する,日本でおこなわれた手術・治療です2017年11月~
寺井 章人
形成外科National Clinical Database(日本臨床データベース機構、NCD)における症例登録事業詳細登録対象となるのは,各種の専門医制度に関係する,日本でおこなわれた手術・治療です2017年1月~
青木 久尚
消化器内科薬剤耐性Helicobacter pyloriの全国サーベイランス詳細本院でピロリ菌検査を受けられた方2017年11月~
2020年3月
水野 元夫
血液内科成人における慢性好中球減少症の病態解明に向けた予後調査詳細2010年1月から、慢性好中球減少症であると診断された16歳以上の方。2015年2月~
2026年3月
上田 恭典
血液内科後天性慢性赤芽球瘍における免疫抑制療法と予後追跡調査詳細2006年4月から、2016年3月までの間に、後天性慢性赤芽球癆であると診断された方。2017年5月~
2027年5月
上田 恭典
臨床検査・感染症科ファビビラビル等の抗ウイルス薬が投与されたCOVID-19患者の背景因子と治療効果の検討(観察研究)詳細2020年12月31日までの間に、COVID-19であると診断された方。2020年5月~
橋本 徹
血液治療センター赤血球抗原に対する小児同種免疫に関する多施設共同研究詳細2001年1月1日から2015年12月31日までに赤血球輸血を受けた19歳以下の患者さん(輸血時の満年齢)について調査を行います。2016年6月~
2022年3月
上田 恭典
看護部当院における特定行為実践看護師によるPICC挿入の実態調査詳細2021年4月から、2023年3月までの間に、医師・特定行為実践看護師によりPICC挿入された方2023年9月~
2024年4月
伊藤 大輔
看護部高齢心不全患者における介護保険サービスと再入院予防の関連詳細2020年10月~2021年9月に当院へ入院し、自宅退院となった65歳以上の心不全患者2023年11月~
2024年2月
井上 健司
看護部気管切開患者における人工呼吸器離脱後の気道浄化に関する実態調査詳細2022年4月から、2023年3月までの間に入院していた気管切開患者の内、呼吸ケアサポートチームが介入し、人工呼吸器を外すことができた方2023年8月~
2024年3月
岡﨑 智子
看護部A病院の腎代替療法選択外来の現状と課題詳細2020年1月1日~2023年3月31日の期間に「療法選択外来」を利用した方2023年6月~
2023年7月
真砂 さおり
看護部大腿骨近位骨折術後の高齢者おける院内生活プランニングとせん妄および離床状況との関連詳細2021年4月から、2023年12月までの間に、大腿骨近位部骨折であると診断された患者さん2023年11月~
2024年3月
村田 文治
看護部HCUにおける患者の興味関心に合わせたADL/IADLの支援の実態とその効果詳細2022年8月から2023年9月の間に当院HCUに3日以上入室した患者さんで、期間中に退院あるいは転院した患者さんを対象にしています。
ただし、意思疎通困難な状態の患者さんは対象外としました。
2023年11月~
2024年3月
福田 美恵
看護部急性・重症患者看護専門看護師の役割開発におけるプロセスと思考詳細2014年6月から、2022年6月までの間に、急性・重症患者看護専門看護師の介入を受けた方。2022年9月~
2023年3月
北別府 孝輔
看護部過去3年間における小児科病棟新人看護師の看護技術習得状況詳細2021年度~2023年度に小児科病棟へ配属となった新人看護師2023年9月~
2024年3月
野村 あこ