ここにしかない学び

ここにしかない学び

  • 1大原孫三郎の『DNA』

  • 2急性期地域中核病院として

  • 3多彩な領域と自由度の高いプログラム

  • 4先進的医療環境と支援体制

  • 5多職種協働『横断的研修』/『屋根瓦式』サポート体制

  • 6全国から集まる意識の高い仲間

1大原 孫三郎の『DNA』

倉敷中央病院は、1923 年(大正12 年)大原孫三郎により創立されました。
実業家でもあった大原は、誰もが平等で患者全体を診る『患者本位』の医療を掲げ、設立当初より最高水準を見据えた先進医療を行うと同時に、地域医療連携に努め、説明ある医療による患者参画の治療を実践しました。アメニティへの十分な配慮、温室・ギャラリー等の癒しの空間の提供、緑と光のあふれる病院らしくない病院として、他院とは一線を画したものでした。
大原の精神は、教育方針にも引き継がれ、多職種を機能させる協働でのチーム医療、各診療科間の風通しの良さ、各科にコンサルトしやすい環境など、当院ならではのフレキシブルな体制が確立されています。

2急性期地域中核病院として

当院は、岡山県西部圏域約80 万人の医療圏内で総合医療機能をもつ1,172 床(一般1157 床、精神5 床、第二種感染症10 床)の完全独立採算民間病院です。37 の診療科を有し、救急医療の分野はICU・HCU・SCU・MFICU も対象とし、十分なER 環境が整っています。
平成28 年度は、救急搬入10,134 件、救急車搬送入院4,465 件、救急患者65,376 名を受け入れ救急車搬送入院件数は国内最多となりました。病棟業務と初期研修の大きな柱である救急医療の両側面から基本的臨床能力を身につけることができる国内有数規模の医療機関です。
また、地域における拠点病院として地域医療計画(5 疾病5 事業)へ積極的に参画し、急性期医療のみでなく多病で身体精神心理障害を抱える高齢者に対する慢性期医療や在宅医療など、地域住民に信頼される病院づくりを目指しています。

3多彩な領域と自由度の高いプログラム

初期研修プログラムでは、多様化を続ける医療に対応できる人材の育成と、キャリアパスの個別性へ配慮し、自由度の高いプログラムを提供しています。2 年間のプログラムのうち、選択研修期間については、将来専攻を希望する診療科などを考慮し、内科系・外科系診療科のほか、感染症科、病理診断科等の幅広い選択肢の中から希望に合った研修を組むことが出来ます。
また、当院では19領域中16の基本領域において基幹型専門研修プログラムを有しており、初期研修修了後も引き続き研修を行う体制を整えています。専門研修プログラムでは、公募により、院内の研修修了者から20名前後、院外の研修修了者から20~25名の専攻医を毎年受け入れています。基本領域・サブスペシャルティ領域ともに充実しており、サブスペシャルティ領域を視野に入れた専門研修が可能となっています。

4先進的医療環境と支援体制

医療新技術の導入や臨床研究への参画によって日本の臨床医療をリードする医療の実践し、特定機能病院として高度な先進医療を実践しています。医師や職員の専門知識を積極的に深めながら、AI の導入、ハイブリッド手術室やDaVinci システム、四肢MRI など、先進的な治療を行うための設備の充実を行っており、最先端の医療を体験できる研修環境が整っています。また、専任担当者がいる医学図書室を有し、英語が堪能なスタッフが、海外学会発表、英語論文校正、英語文献検索などのアドバイスをします。

5多職種協働『横断的研修』/
『屋根瓦式』サポート体制

新入職員オリエンテーションには、多職種協働横断的研修を取り入れています。チーム医療の現場と同様に医師含め全職種が参加し、さまざまなキャリア・職種が入り混じってのワークショップが行われます。相互のパラダイムを認識しながら、組織が潤沢に機能するよう、全人医療を包括的にカバーする「協働」を重要視する姿勢は、当院ならではの考え方であると言えます。

研修プログラムで重要なことの一つに、指導医の意欲・能力があります。当院には優れた臨床能力、圧倒的な見地をもったロールモデルとなる上級医が揃っています。そういった上級医の指導の下、少しずつ重なり合うことで強度が増す屋根瓦のように、研修1 年目は2 年目の研修医が教え、2 年目は3 年目が教えるという屋根瓦式サポート体制で指導が行われます。 長年、臨床研修指定病院として研修医を受け入れてきた当院では、高いポテンシャルを持って後輩を教えることは当然のことになっています。上級医の指導のもと経験をつみ、知見を広げてください。

6全国から集まる意識の高い仲間

当院では例年、概ね30 名程度の初期臨床研修医を採用し、全国各地から研修医が集まります。専攻医は40 から50 名を採用しています。当院出身者と院外からの採用はほぼ同じ割合となっています。
当院には、common disease を中心に幅広く対応できる総合臨床医から、高度先進医療・高度な難治性疾患に取り組む専門医まで、さまざまなスタッフが揃っています。
全国から集る意識の高い同期に刺激を受けながら切磋琢磨し、指導医たちのもと、皆さん一人一人のキャリアプランに応じた研修を行うことができます。