文字サイズ変更

文字サイズの変更方法

心臓病センター[get_image]
心臓血管外科のご案内

心臓血管外科主任部長ご挨拶

小宮達彦[get_image]

 私は1985年に当院心臓血管外科に赴任して参りました。1990年から2年間フランスに留学した後、倉敷に再び帰ってまいりました。1996年に心臓血管外科部長を拝命し、今日に至っております。私の一貫した思いは、いかに良い治療を行って、患者さんに喜んでいただけるかです。そのために夜を徹して治療を行うことも、厭いませんでした。また最新の治療を行うための知識、技能の吸収には人一倍努力して参りました。中には最善の治療を行ったつもりでも残念な結果に終わることもありました。しかし、あのときこうしておけばよかった、あの判断は甘かったのではないかという思いが、次の患者さんの命を救うことにつながります。この思いは若いときから、今に至るまで常に心の真ん中にあり続けています。
20年以上の長い期間にわたり倉敷の地にとどまって心臓外科の治療に携わることができたことにより、若い医師や看護師の総力を発揮できる環境、教育システムをじっくり作り上げることができました。まさに『継続は力なり』という言葉に表されると思います。医療安全ということも、単なる掛け声に終わらず、実質的効果がある体制を確立できたのではないかと考えています。

心臓病センター 副センター長(兼)心臓血管外科主任部長 小宮 達彦


心臓血管外科概要

 当心臓血管外科は1980年に開設されました。当初より新生児から高齢者までの心臓、大血管手術に積極的に取り組んでおり、岡山県西部を中心として、山陰地方から四国に至るまで、広範囲の患者さんを対象としてきました。緊急手術は24時間完全体制で臨んでおり、近年では重症患者も続々救命できるようになりました。循環器内科との緊密な連携により、虚血性心疾患や弁膜症の治療においては、中国地方のトップレベルと自負しています。また治療レベル向上のため、積極的に海外留学を行い最先端の治療を施せるように努めており、3名が海外(フランス、オーストラリア、アメリカ)での臨床トレーニングを受けております。年々手術件数も増加しており、スタッフは現在後期研修医も含めて12名です。2011年の年間手術件数は、796例で、そのうち心臓大血管手術は401例でした。

心臓病センター

 2005年7月に、心臓病センターが開設されました。外来、検査、血管造影、CCU(内科20床、外科10床)、手術室(専用2床)、病棟、救急が心臓病の診断、治療を目的として一つの建物内に有機的につながりました。救急、血管造影室、CCU、手術室が移動のロスがなく迅速に治療を開始することができます。

新しい治療への積極的取り組み

 近年、心臓外科では技術革新が著しく、新しい治療を積極的に取り入れてきました。オフポンプ冠動脈バイパス術は1999年より積極的に開始しました。弁形成術にも早くから積極的に取り組んでおり、2000年以降は変性病変に対してはほぼ100%形成術を成功させています。また大動脈弁形成術は2001年の2尖弁に対する弁形成成功以来、通算83例に施行しています。また心不全に対する左室形成術にも1998年より積極的に取り組んできました。
2007年より胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤に対してステントグラフト治療を積極的に行っています。現在までに246例に行なっています。2010年5月からは、新設したハイブリッド手術室で治療を行うことができるようになりました。
2010年に当院を含めた日本の3施設で経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の治験が行われました。大動脈弁狭窄症の患者さんの中には、高齢で体力が落ちているため、今まであれば手術が不可能なと考えられた患者さんが対象となります。すでに欧米では良好な成績が発表されて5万例以上の手術が行われています。近い将来日本においても保険治療が開始になる見込みです。

緊急受け入れ体制

 当院には心臓外科医、麻酔科医、循環器内科医が24時間常駐しており、手術センター、集中治療センターも常時受け入れ体制ができています。何かありましたら何時でもお電話頂ければ、すぐに対処致します。当院のドクターカーの出動により、広く中四国よりの搬送が可能です。1995年より屋上ヘリポートの使用が開始され、直接手術センターへの搬送も可能となりました。 

真のチーム医療

 心臓外科の治療は心臓外科医のみで担うのではなく、循環器内科医が診断および術前治療を行い、麻酔科医、人工心肺技士、手術看護師とのチームで手術を乗りきり、術後は集中治療看護師、リハビリ技士、臨床工学技師、栄養士とのチーム医療で多数の人間がかかわります。病棟でも多くの医療スタッフがかかわることにより、安全で効率よく、なおかつ心のこもった医療が提供できると信じています。また2011年より心臓外科医師も原則としてチームでの医療体制を整えました。患者さんは若い主治医に不安を感じることがあるかもしれませんが、手術はもちろんのこと日々の治療方針の決定もチームで行い主治医単独で行うことはありません。すべての患者さんにハイレベルの治療を提供できる体制だと考えています。


診療内容

1:虚血性心疾患の治療

 最近7年間の待機的単独冠動脈バイパス術319例の手術死亡率は0.3%です。左右内胸動脈を用いたバイパスは全体の62%の患者に行っています。体外循環を使用しない心拍動下多枝冠動脈バイパス術(オフポンプ冠動脈バイパス術)を標準手技としており、待機単独手術の88%に行っています。従来手術合併症頻度の高かった、高齢者や腎不全患者、脳血管病変を有する患者に対しても、安全に手術が行われる様になりました。緊急冠動脈バイパス術の成績も近年良好で、過去5年間の単独冠動脈バイパス術は56例で死亡はゼロでした。緊急の場合は、安全優先のため75%を体外循環使用下で行っています。
(詳しくは、虚血性心疾患のページをご覧下さい。)

2:大動脈疾患

 胸部大動脈瘤の手術の成績が良くなったため、非常に増加しています。2011年の症例数は130例でした。当院での最近5年間の待機的手術359例では手術死亡率は1.4%でした。80歳以上の患者さんにも勧める事ができるようになりました。胸部下行大動脈瘤や胸腹部大動脈瘤に対してはステントグラフトを積極的に使用しています。5年間で128例に施行しています。急性大動脈解離も生命の危険が非常に高い病気ですが、ここ6年間で129例の緊急手術を施行し、手術死亡率は7.7%と本邦全体の成績(12%)より良好な成績でした。
腹部大動脈瘤では2011年には100例の手術がありました。ここ9年間の待機的手術は707例で死亡はゼロです。破裂した場合の死亡率が高いことより、80歳代でも日常生活を普通に営なまれている方には十分手術が可能です。ステントグラフトは、高齢者や開腹手術の既往がある場合などに行なっています。2011年までに112例に行っています。
(詳しくは、大動脈疾患のページをご覧下さい。)

3:弁膜症

 大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症が増加しており、2011年の弁膜症手術数は143例でした。可能な限り自己弁を温存した術式を選択する様にしています。僧帽弁形成術はこの5年間に276例施行しました。変性疾患では、弁形成術成功率は99%です。また大動脈弁形成術を行う病院は日本ではまだ少ないですが、当院では積極的に取り組んでいます。2000年以降に227例の大動脈弁閉鎖不全症に対する手術中、82例(36%)の症例で自己弁温存術式を行ないました。大動脈基部病変に対しては、バルサルバ洞形態を維持したグラフト(Valsalva graft)を用いてreimplantation法を36例に行なっています。特に若い患者さんでは可能な限り、自己弁を温存する術式を第一選択と考えています。
弁膜症手術の手術成績は良好で、単独弁膜症手術過去5年間420例の手術死亡率は1.9%です。手術成績の安定により、早期に手術を行えば心機能の悪化を防ぎ、通常人と変わらない寿命が期待できます。65歳以上の高齢者の弁置換術では原則としてワーファリンが不要となる生体弁を使用しています。
(詳しくは、心臓弁膜症のページをご覧下さい。)

5:末梢血管

 閉塞性動脈硬化症に対する、主に人工血管を用いたバイパス術を2008年には53例行っています。糖尿病や慢性腎不全の患者さんで重症虚血肢が増加しており、血管性状不良のためバイパスしても足の一部切断が必要となる場合があります。症状が不顕性の場合がありますので、足の脈が触れにくい場合は下肢圧測定が必要です。
(詳しくは、閉塞性動脈硬化症のページをご覧下さい。)

6:内シャント

 透析用の内シャント作成は、2011年は253例の手術を施行しました。 新規増設は155例で、感染のリスクを避けるためできるだけ自己静脈を用いるようにしており、人工血管の使用は12例です。
(詳しくは、シャントのページをご覧下さい。)

7:左室形成術、心房細動手術

 日本でも心臓移植が行われるようになりましたが、実施数は少なく、多くの高度心不全患者は移植の対象にすらなっていないのが現状です。左室形成術は、陳旧性心筋梗塞により左室が拡大した症例に著効することがあります。当院では76例に行っており手術死亡はありません。
また心房細動を持つ患者さんの生命予後が不良なことが知られています。各種の心房細動に対する手術が有効です。当院では2011年までに318例の手術を経験しています。

8:高齢者手術

 近年80歳代の患者さんの手術は年を追って増加傾向にあります。2011年は73例の予定心臓大血管手術が行われました。最近5年間では238例あり、待期手術の死亡率は2.1%です。高齢者といえども患者さんの活動能力、全身状態を考慮して手術適応を考えています。90歳以上の患者さんも過去25例あります。
ご高齢の患者さん「冠動脈バイパス術」治療実績年齢構成をご覧下さい。)
ご高齢の患者さん「弁膜症」治療実績年齢構成をご覧下さい。)

9:透析患者さんの手術

 透析患者の開心術は従来成績不良でしたが、手術の低侵襲化、管理方法の確立により、安全に行えるようになりました。最近5年間の手術死亡率は、待機手術(53例)で5.7%、緊急手術(4例)で25%である。

10:心臓の小切開手術:低侵襲心臓外科手術(MICS)

 心臓の小切開手術は、低侵襲心臓外科手術(Minimally Invasive Cardiac Surgery:MICS)ともよばれています。通常の心臓手術の切開より、半分以下の切開で心臓外科手術をおこなうことをいいます。通常の心臓手術は前胸部の真ん中を20cm程度切開しますが、若い女性など小さい傷を希望される場合は、右前胸部の小さな切開や、真ん中下方の小さな切開(10cm 未満)で手術を行ないます。当科ではすでに1998年より小切開手術に取り組んでおり現在までに153例の経験があります。心房中隔欠損症、大動脈弁置換術、僧帽弁形成術などの治療実績があります。
(詳しくは、小切開手術:低侵襲心臓外科手術(MICS)のページをご覧下さい。)

重要なお知らせ

standing contents

主任部長から患者のみなさまへ

主任部長から患者のみなさまへ

循環器内科ウェブサイト