専攻医(2018年度)

幅広く学ぶことができ、充実した後期研修を送ることができる

私は当院で初期研修を行い、初期研修中に循環器内科医を志望し、2018年4月より循環器内科で後期研修を行っています。
最初は病棟業務から始まり、エコーや冠動脈造影、病棟往診、救急外来など、徐々に研修・業務が広がっていきます。最初は不安ですが、業務で困ったことがあれば先輩の先生が親身に相談に乗ってくださり、所作や治療方針一つ一つに論理的な、視野の広いフィードバックを得ることができ、その都度、循環器領域の奥の深さを実感しています。
また重症患者が当院は多く、ImpellaやPCPSなどを学ぶことができます。救急外来で重症患者を担当した際は、希望すれば主治医としてそのまま担当でき、CCUの先生から手厚い指導を受けながら重症管理の考え方を学ぶことができます。
またTAVIやMitraClipなど、Structure領域についても自分の担当患者さんに適応があれば主治医として多く関わることができますし、カンファに出席したり、手技を見学したり、エコー所見を確認したり、わからないことがあれば専門の先生に質問したりと積極的に勉強することも可能です。
心不全の患者さんも多く、再入院を減らすために・患者さんに合った治療のためにどのようなことを考えたらよいか、どう他職種の方と協力したらよいかも学ぶことができます。
内科専門医制度についても柔軟に対応していただいており、他科を研修しながら循環器研修を行うことが可能です。
忙しい日々ですが、上級医の働く姿をみて仕事の速度も1年前より早くなりました。
当院で多くのことを幅広く学ぶことができ、充実した後期研修を送ることができています。
是非一緒に働くことができればと思います。

松下 俊輔
2019年4月