文字サイズを変更する

文字サイズの変更方法

心臓病センター[get_image]
当科のご案内

心不全地域医療連携の会

当院では平成20年7月より「心不全患者さんの再入院予防」を重点目標として、近隣の病院の先生方とともに「心不全を地域で診る」という理念のもと心不全地域連携の会を立ち上げました。

2014年5月参加者70人内訳当初は主に医師間で顔の見える連携と心不全に関する知識の深まりを目指して月1回開催し、紹介患者さんの経過の報告や心不全に関する勉強会を行っておりましたが、現在では、多職種によるチーム医療や地域での病々・病診連携の重要性から、積極的に多職種(看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、臨床心理士、ソーシャルワーカー、地域連携室)や地域の開業医の先生にご参加頂いています。

毎月第3水曜日に当院健康管理センター古久賀ホールで開催しています。医療関係者の方であれば参加は自由ですので、ご興味のある方は是非ご参加ください。


会の内容

紹介患者さんの経過報告、ミニレクチャー、多職種による心不全ケースカンファレンスを行っています。ケースカンファレンスでは治療に難渋している心不全ケースを取り上げ、また、多職種の視点から様々なテーマを選択し知識の深まりと共有を目指し月替わりのミニレクチャーを行っています。そして、年1回、心不全のチーム医療の観点からそれぞれの領域で活躍されている先生にお越しいただき特別講演を開催しています。
(過去のテーマは下記参照)


会での取り組み

多職種および施設間のスムーズな連携を図るために倉敷地区心不全地域連携の会監修で、地域の心不全手帳を作成致しました。本手帳は、心不全患者さんの自宅での管理に関する教育や指導のみならず、その患者さんに関わる全ての医療スタッフ間の連携手帳として使用できるよう構成されています。下記よりPDFで自由にダウンロードできますので、ご参照ください。また、購入をご希望の方は、下記ボタンからお進みいただき、必要事項ををご入力の上ご送信ください。

地域の心不全手帳  地域の心不全手帳


心臓リハビリ地域連携の会

「病病連携で外来心臓リハビリテーションを行い、地域全体で心疾患患者を包括的にサポートすることを目指す」との主旨で、心臓リハビリ地域連携の会が平成27年3月に発足しました。同年6月から外来心臓リハビリ地域ネットワークを導入し、患者さんの希望地区での円滑な外来心臓リハビリ導入を目指しています。理学療法士を中心に、年3回のペースで心臓リハビリ地域連携の会を開催し、心臓リハビリに関しての効果の検討や症例検討を行っています


今後の展開

心不全患者さんは今後も増加し続けることが予想されています。急性期病院のみでは診療がパンクしてしまう可能性が高く、回復期リハビリ病院、慢性期病院、かかりつけ医さんらとともに、心不全地域連携クリティカルパスの導入を検討しています。急性期病院に入院した時点から、地域で包括的に患者さんを診ていくことを説明し、早期の転院、リハビリに向けたパスの運用を目指しています



開催日 ミニレクチャーテーマ 担当講師職種
2014.1 心不全と強心薬 医師
2014.2 病棟専任薬剤師の業務内容と心不全患者への関わり 薬剤師
2014.3 心不全と心エコー所見・拡張障害も含めて 医師
2014.4 当院循環器内科における栄養教育の現状 栄養士
2014.5 特別講演「心不全をうちで見る」
ゆみのハートクリニック 院長 弓野 大先生
 
2014.6 急性心不全に対するASV(Adaptive Servo-ventilation)の使用 医師
2014.7 重症心不全患者に対する急性重症患者看護専門看護師のかかわり 看護師
2014.8 TAVI(Transcatheter Aortic Valve Implantaion)と心不全 医師
2014.9 心不全患者・家族に対する心肺蘇生教育 看護師
2014.10 心臓MRIと心不全  
2014.11 心臓リハビリの地域連携の実際 医師
理学療法士
2014.12 RAS系阻害剤 最近の話題 医師

 

2015.1 総合病院での臨床心理士の役割の紹介
~心不全チームで今後どのように生かすか~
臨床心理士
2015.2 心不全とNST ~急性期からの介入~ 医師
2015.3 βブロッカーと心不全:最近の話題 医師
2015.4 心不全における緩和医療のあり方 医師
2015.5 倉敷心不全地域連携の会 監修:心不全手帳作成について 医師
2015.6 心不全とフレイル 医師
2015.7 心不全とせん妄:集中治療室における取り組み 医師
2015.8 特別講演「外来心リハによる心不全の治療」
群馬県立心臓血管センター 
循環器内科 安達 仁 先生
 
2015.9 心臓疾患の方の在宅支援について、ケアマネとして感じていること ケアマネージャー
2015.10 肺高血圧症と心不全 医師
2015.11 成人先天性心疾患と心不全 医師
2015.12 心不全患者に対する理学療法 理学療法士
 
2016.1 心筋梗塞後の薬物治療・心不全予防の観点から 医師
2016.2 心不全の栄養管理~当院におけるNSTの取り組み~ 管理栄養士
2016.3 倉敷中央病院心不全レジストリーから見えてきたことと院内での取り組みについて 医師
2016.4 心不全患者を地域で診る心不全手帳の作成と
心不全手帳の取り組み
看護師
2016.5 心不全と心房細動 医師
2016.6 心不全と認知症 臨床心理士
2016.7 心不全と貧血 医師
2016.8 特別講演「超高齢化時代の心不全診療」
自治医科大学付属さいたま医療センター
センター長 百村 伸一先生
 

重要なお知らせ

心臓CT検査の予約方法について

地域の心不全手帳

地域の心不全手帳

standing contents

マルチスライスCT

経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI、TAVR)

西部循環器プライマリーケアの集い

倉敷ゆかりの循環器研究会

心不全地域医療連携の会

循環器内科医を目指す皆さんへ

心臓血管外科ウェブサイト