文字サイズを変更する

文字サイズの変更方法

マルチスライス心臓CT[get_image]

FFRct解析検査:狭心症を非侵襲的に検査する新たな技術

概要

FFRct解析は、冠動脈CT画像で狭窄(血管が狭くなった状態)が見つかった場所の血流ついて調べる検査です。従来の冠動脈CTでは冠動脈の形態(“見た目”)を評価することで治療が必要かどうかを判断していました。しかしながら狭窄度がボーダーライン(いわゆる中等度狭窄)である場合や狭窄を認める部分が複数ある場合にその部分が実際に症状の原因となっているか判断できない場合がありました。このような場合に、これまでは追加で別の検査を行うか、カテーテル検査を行い血流の状態を調べる必要がありました。
当院で2019年2月より使用可能となったFFRct解析検査では心臓CTの画像データをもとにコンピューター解析を行うため追加の検査は必要ありません。そのためカテーテルでの侵襲的な検査を行うことなく実際に心臓の血流が低下しているかどうかを診断することができるようになりました。

FFRct の特徴

メリット

・外来での検査が可能です。
・既に撮影されたCTデータを用いるため、新たな被ばくや造影剤使用の心配はありません。

デメリット

・心臓CT画像がよくない場合、解析ができないことがあります。

左)左前下行枝に中等度狭窄を認めるが、有意な狭窄かどうか判断が難しい。
右)FFRctによる解析結果:血流が低下した部分が黄色-赤で示されている。心臓CTで狭窄を認めた部分より先に血流低下を認めており有意な狭窄であることが分かる。

 

検査の実際

検査にあたっては、既に撮影された心臓CTの画像データを病院外の解析専門施設に送信し、その解析専門施設において解析を行います。解析結果は電子データにより病院に送信されます。そのため追加での造影剤の使用や被爆の心配なく追加の検査を受けることができます。画像データを含む個人情報を院外に送りますが、十分な安全対策を行った上で実施されます。画像解析のために追加の検査はありませんが別途料金が必要となります。

 

重要なお知らせ

心臓CT検査の予約方法について

地域の心不全手帳

地域の心不全手帳

standing contents

マルチスライスCT

経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI、TAVR)

西部循環器プライマリーケアの集い

倉敷ゆかりの循環器研究会

心不全地域医療連携の会

循環器内科医を目指す皆さんへ

心臓血管外科ウェブサイト