文字サイズを変更する

文字サイズの変更方法

診療案内[get_image]
心臓病とその他循環器疾患

カテーテル治療について

末梢動脈疾患のカテーテル治療をEVT(EndoVascular Treatment)といいます。以前は PTA (Percutaneous Transluminal Angioplasty: 経皮的血管形成術)という呼び方が主流でした。当院では、冠動脈インターベンション (PCI) で培った技術をいかしてEVTを施行しており、その症例数は年々増加傾向にあります。

症例数

対象疾患は、閉塞性下肢動脈硬化症、重症虚血肢 (Critical Limb Ischemia)、腎血管性高血圧症、透析患者さんの内シャント狭窄 等が挙げられます。
治療の実際は、X線透視装置を使用して、ワイヤーとカテーテルにより病変を治療します。局所麻酔による穿刺のみで、体に切開を入れないため、体への負担が小さいというメリットがあります。造影剤を使用して、血管を造影しながら治療を行います。

治療の種類:

風船治療

カテーテルの先端に伸びちぢむ風船がついていて、血管の病変部分で拡張させることにより血管を広げる方法です。血管が広がったら風船は抜き取ります。基本的な治療法です。

風船治療

ステント留置術

風船治療などで広げた部分に、金属製の網目筒状のものを留置する治療です。(この筒状のものをステントといいます。ステントを使うことによって、風船治療だけで治療する場合と比べ、再狭窄・再閉塞を減らすことが可能となります。)

レーザー

カテーテルの先端からレーザーを照射し、血管をふさいでいるものを焼ききることができます。血管が完全につまっていてカテーテルが病変部位を通らない場合に使用することがあります。

レーザーカテーテル01

1..病変部にガイドワイヤーを通過させ、そのガイドワイヤーの沿わせてレーザーカテーテルを挿入します。

レーザーカテーテル02

2.レーザーカテーテル先端を病変部まで運び、レーザーを照射します。

レーザーカテーテル03

3.病変部の狭窄部を除去します。


血栓吸引

血管内がやわらかい血栓でふさがれている場合に、それを吸引し除去して血行を改善します。
カテーテルを使った治療は、病変の長さが比較的短く、完全閉塞ではないものがよい適応です。当院では、通常は難しいとされる血管が完全に閉塞している部位や病変が長めの部位、細い血管の部位にも適応により治療を行っています。

総腸骨動脈の治療:右総腸骨動脈閉塞・左総腸骨動脈狭窄→ステント留置術

総腸骨動脈の治療

浅大腿動脈・膝窩動脈の治療:左浅大腿動脈・左膝窩動脈狭窄→風船治療

浅大腿動脈・膝窩動脈の治療

重要なお知らせ

心臓CT検査の予約方法について

地域の心不全手帳

地域の心不全手帳

standing contents

マルチスライスCT

経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI、TAVR)

西部循環器プライマリーケアの集い

倉敷ゆかりの循環器研究会

心不全地域医療連携の会

循環器内科医を目指す皆さんへ

心臓血管外科ウェブサイト