文字サイズを変更する

文字サイズの変更方法

診療案内[get_image]
心臓病とその他循環器疾患

インペラ(IMPELLA)を使用した心原性ショックの治療

IMPELLAとは?

2017年9月より本邦において補助循環用ポンプカテーテルであるインペラ(IMPELLA)が使用可能となりました。
インペラ(IMPELLA)とは先端に軸流ポンプを装着したカテーテルを経皮的に大腿動脈もしくは鎖骨下動脈から左室内に挿入し、その軸流ポンプを用いて左心室内から大動脈に血液を汲み出すことで、低下した自身の心ポンプ機能を補助する装置です(図1)。急性心筋梗塞や劇症型心筋炎など、急激な心機能の低下に伴う心原性ショックに対し循環補助のために使用します。
図1 インペラ(IMPELLA)とは?

IMPELLAの効果と手技

これまで重症の心原性ショック症例に対する補助循環機器として、従来の大動脈バルーンパンピング(IABP)や経皮的人工心肺補助装置(PCPS/VA-ECMO)を用いていましたが、大動脈バルーンパンピング(IABP)のみでは循環補助が不十分な症例も多くあります。そういった症例には経皮的人工心肺補助装置(PCPS/VA-ECMO)と大動脈バルーンパンピング(IABP)の併用を行ってきましたが、経皮的人工心肺補助装置(PCPS/VA-ECMO)の循環補助は大腿動脈の送血管から生理的血流とは逆行性に循環補助を行うため、左心室にとっては負担が増えて、心機能を増悪させることがあります。それに対してインペラ(IMPELLA)による循環補助は左室腔内から大動脈に血液を汲み出すため順行性に循環が補助され、左室拡張末期圧は低下し、心負荷軽減と心筋保護が期待できます。心肺蘇生を受け経皮的人工心肺補助装置(PCPS/VA-ECMO)が必要な患者さんに対しても、逆行性循環補助による心負荷を軽減するため、インペラ(IMPELLA)を併用することがあります。
現在IMPELLA2.5とIMPELLA5.0の2種類が使用可能です。IMPELLA2.5は2.5L/分の循環血液量の補助が可能で、動脈穿刺によりインペラカテーテル挿入用のシースを動脈に挿入し、そのシースから血管内にカテーテルを挿入します。IMPELLA5.0は5.0L/分の循環血液量の補助が可能ですが、カテーテルが太いため、外科的に鎖骨下動脈や大腿動脈に人工血管を装着し、そこからIMPELLA5.0を大動脈内に挿入します。
心エコーで適正な位置に留置し、適宜調整しながら使用します(図2)。
図2 インペラ(IMPELLA)使用中の心エコー図

当院でのインペラの使用状況

当院でも2018年1月から使用を開始し、2019年3月の時点で24人の患者さんに対して使用しており、患者さんの平均年齢は70±14歳、男性16名、女性8名でした。原疾患は急性心筋梗塞を含む急性冠症候群に対し20例、激症型心筋炎1例、薬剤性心原性ショック1例とその多くは急性冠症候群による心原性ショックに使用しています(図3)。インペラ(IMPELLA)のサイズの内訳はIMPELLA2.5が21例、IMPELLA5.0が3例となっており、超急性期での使用が多く、経皮的大腿動脈穿刺で迅速にアプローチできるIMPELLA2.5の使用が多くなっています。1例のみ大動脈弁狭窄症と大動脈の蛇行による挿入困難例があり、手技成功率は96%でした。インペラ(IMPELLA)を駆使することで、当院における心原性ショックの救命率の上昇を目指しています。

検査・治療実績を見る>>

重要なお知らせ

心臓CT検査の予約方法について

地域の心不全手帳

地域の心不全手帳

standing contents

マルチスライスCT

経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI、TAVR)

西部循環器プライマリーケアの集い

倉敷ゆかりの循環器研究会

心不全地域医療連携の会

循環器内科医を目指す皆さんへ

心臓血管外科ウェブサイト