倉敷中央病院 不妊治療・不育治療Webサイト
流産を繰り返す、不育症かも?という方へ

不育症検査が必要かどうかの判断

妊娠3か月頃までの初期流産では、原因の大半は胎児側にあります(染色体異常、先天奇形など)。妊娠の約2割は、初期流産になります。

これまでのご経験へのアドバイス

  • 初期流産を2回繰り返した
     →女性の約5%がこれを経験されます。ただちに不育症検査は必要ありません。
  • 初期流産を3回繰り返した
     →女性の約1%がこれを経験されます。不育症検査をしてみたらよいでしょう。
  • 妊娠10週以降の流産・死産を経験した
     →不育症検査をお勧めします。

主な検査

  • 抗リン脂質抗体などの自己抗体
  • 血栓症素因(プロテインS、プロテインC)
  • 甲状腺機能
  • 糖尿病
  • 子宮の形を調べるレントゲン検査

ごく一部を除いて、保険適用です。

ページの先頭へ


ⓒ2002-2019 Kurashiki Central Hospital  All rights reserved.