教育理念・教育目的・教育目標

学生の主体性と創造性を尊重し、
自ら判断し行動できるよう支援することを大切にしています。

教育理念

生命の尊厳・人間愛を基盤とした豊かな人間性を養うとともに、公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院の基本理念に基づき、高機能の医療に対応できるための看護の判断能力・応用能力・問題解決能力を身につけるよう教育する。また、社会の健康に関するニーズの多様化に応じられるよう、看護が主体的に実践できる看護師を育成する。

教育目的

保健師助産師看護師法及び同養成所指定規則に基づき、看護師として必要な知識、技術の修得及び徳性の涵養を図り有能な看護師を養成する。

教育目標

1 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解する能力を養う。
看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的・スピリチュアル的に統合された存在として、また生活者として総合的に理解する能力を養う。 健康と生活は環境との相互作用により成り立っていることの理解を深める。
2 人々の多様な価値観を尊重し、共感的態度をもって人間関係を築く能力を養う。
看護は対象との相互関係の中で展開される。対象の価値観を尊重し、人の痛み・苦しみや喜びを共感的に理解し、コミュニケーションを深め関係性を築く能力を養う。
3 専門職業人としての倫理に基づいて、行動できる能力を養う。
生命の尊厳・人間の尊厳を守ることを基盤とした豊かな人間性を育み、専門職として自己の行動を振り返りながら、相手の立場に立ちながら思考し、判断・行動ができる能力を養う。
4 あらゆる健康状態や生活の場に応じた看護を、科学的根拠に基づき実践できる基礎的能力を養う。
健康の保持増進、疾病予防と治療、リハビリテーション、終末期など看護の対象のあらゆる健康や障害の状態やライフサイクル・生活の場に応じた看護を実践する基礎的能力を養う。またそれらの健康上の課題に対して、科学的根拠に基づき看護実践できる基礎的知識・技術・態度を修得する。
5 保健・医療・福祉チームの一員として看護の役割と責任を自覚し、協働できる能力を養う。
保健医療福祉チームの一員として社会に貢献できるように、看護師の役割と責任を自覚し、他者とコミュニケーションを持ちながら協働できる能力を養う。
6 主体的・継続的・研究的な学習態度を身につけ、常に看護を追究する能力を養う。
医療を取り巻く環境は、少子高齢化の進展、医療技術の進歩、医療提供の場の多様化により変化している。社会の変化に伴い、多様化する健康ニーズに対して、広い視野と柔軟な思考で対応できるように、自己の課題・目標を明らかにし、主体的・継続的に自己学習できる力をつける。看護職としての生涯にわたり継続的な資質・能 力の向上を目指すことができる能力を養う。

卒業生の特性

1 看護の対象としての人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として捉えることができる。
2 一人一人の人間をかけがえのない存在として尊重し、共感的態度でかかわり、人間関係を築くことができる。
3 専門職業人として倫理観に基づいた行動ができる。
4 科学的根拠に基づいた看護実践ができる基礎的能力が身についている。
5 保健・医療・福祉チームにおける看護の役割と果たすべき責任を自覚し、多職種と協働できる。
6 自らが主体的に学ぶ態度と看護を追究する姿勢が身についている。