point

シニアレジデント・インタビュー 1

指導医が多く、コンサルトしやすい!

専門修練医2年目 / 上野 真行

倉敷中央病院は規模が非常に大きな病院なので、症例数が大変豊富です。

幅広く学ぶことができるので、一緒にがんばりましょう。

初期研修も後期研修も倉敷中央病院を選んだ理由は?

当院は地域の中核病院となっており、稀な疾患や専門性の高い治療を経験できます。その一方で、コモンな疾患も数多く経験でき、初期研修や後期研修といった限られた期間内に広く経験をつみたい時期にはぴったりの研修先でした。 学生時代に当院には何度か見学に来ましたが、その度に色々な先生が丁寧に教えてくださり、病院全体として若手を教育しようという雰囲気があることを感じました。実際に初期研修医として働き出すと、頼もしくて親身になってくれる指導医ばかりで、後期研修先は迷わず当院に決めました。同期がたくさんいることも嬉しく思っています 。

成長を感じる点は? 今後の目標は?

医師になって早くも3年が経とうとしていますが、本当に濃密な3年間で、これまでにたくさんのことを経験しました。最初の頃は分からないことばかりで、教えられて学ぶことが多かったですが、今ではまずは自分で考えて行動し、自分なりのプランを立ててから指導医に相談できるようになったことに変化を感じます。
消化器内科医としてはまだ走り出したばかりで、治療に関する手技などはこれからどんどん磨いていく必要があります。幸い当院では症例が豊富なので、一例一例を大切に、技術の研鑽に励みたいと思っています。

倉敷中央病院の消化器内科を選んで良かった点は?

上に書いたとおりたくさんの症例を経験できることももちろんですが、何より人間関係が良い事が当科の売りだと思っています。同期や身近な先輩・後輩はもちろん、指導医レベルの先生も含めて、楽しい雰囲気で毎日診療に当たっています。さらに、各分野のトップレベルの先生が揃っていることにより、何事にも妥協せず、常に患者さんのベストを考えて治療にあたることができます。
当院での研修を考えられている方は是非とも気軽に見学に来ていただき、当科のこうした雰囲気を感じていただけたらと思います。