point

シニアレジデント・インタビュー 2

やりたい!がすべて経験できる環境

専門修練医1年目 / 平井 亮佑

指導体制、症例数、臨床や学術的活動など、どれをとっても常に自分の期待のはるか上を提供してくれる職場です。『もうあきたな』なんて感じる暇は全くないです。

後期臨床研修先として倉敷中央病院を選んだ理由は?

初期研修を終え消化器内科医としてスタートするにあたり、特定の分野に偏ることなく幅広く学び、今後の医師としての基礎をしっかり学ばせていただける環境を探していました。偶然声をかけていただいた当院では、各部門に市中病院としては充実しすぎているほどの百戦錬磨の指導医の先生方がおり、自らが主体となって診療しながらも困ったときにはいつも気さくにコンサルトさせていただける体制は非常に魅力的でした。また、臨床医として手技も知識も身につけなければならない消化器内科医として事欠かない豊富な症例が経験でき、ある意味頭脳も肉体もまんべんなく鍛えられる環境は他になかなかないのではと思います。

成長を感じる点は? 今後の目標は?

まだまだ日々驚きと新しい発見の毎日で、ピンチに陥ることもしばしばですが、ようやく消化器内科として自分で考え行動できるようになったことが増えたことは間違いないと思います。今はたくさんの症例を経験して自分の引き出しをもっと増やすことができるよう診療にあたっていますが、後期研修も終盤に入り今後自分が興味をもって特に突き詰めていきたいと思える領域についても少しずつ探していければと思っています。消化器内科である以上は知識だけでなくたくさんの手技を身につけなければならないので、今まで見学して学ばせていただいていた侵襲的な治療についても自分で手が出せるように技術を磨いていきたいと思っています。

倉敷中央病院の消化器内科を選んで良かった点は?

ここまでの大病院でありながら、上級医や同世代の先生方と密な関係が築けていること、とにかくこれに尽きると思います。症例は十分すぎるほどあるので、自分のモチベーション次第でどこまでも能力を高める機会をいただけますし、独りよがりにならず多くの先生方のアドバイスや指導の下でベストな方向性を見つけていけることができ、バタバタすることも多い科ではありますがストレスなく日常診療にあたらせていただいています。臨床はもちろんですが、研究や論文、学会発表など学術的活動にも積極的に取り組ませていただけるので、常に自分の期待以上のことを与えていただいていることを実感しながら過ごしています。やる気がありすぎて持て余すようなことは決してない環境です。是非一緒に頑張りましょう。