健康食レストラン「ル リエール」

漬け鮪の山かけ

まぐろは良質なタンパク質が豊富で、頭の働きをよくするDHA(ドコサヘキサエン酸)や動脈硬化を防ぐタウリン、貧血予防に効果のある鉄分などが含まれます。
山芋にはアミラーゼやジアスターゼなどの消化酵素が豊富に含まれ、胃腸の働きを活発にします。漢方では「山の薬」、日本では「山のうなぎ」と言われ、滋養強壮によいとされています。
まぐろは生で食べる方が消化吸収がよく、消化促進・疲労回復効果がある山芋と一緒に食べれば、胃に負担をかけずに効率よく栄養を摂ることができます。

野菜のパワーを摂り入れよう

野菜や果物などの「抗酸化物質(抗酸化ビタミンやポリフェノールなど)」が豊富に含まれる食品を十分に摂ると、心筋梗塞や脳卒中、糖尿病のリスクが低下することが明らかになっています。
推奨される1日の摂取量は、野菜350g、果物200gです。
この量で、食物繊維・ビタミンC・カリウムなども十分に摂れることが分かっています。