文字サイズを変更する

文字サイズの変更方法

診療案内[get_image]

心臓病とその他循環器疾患

末梢動脈疾患(PAD)

以前は閉塞性動脈硬化症(Arteriosclerosis Obliterans;ASO)」と呼ばれていましたが、最近では、「末梢動脈疾患(Peripheral Arterial Disease;PAD)」という呼び方が一般的となってきています。

専門外来はじめました。

毎週金曜日午前に、専門医により動脈硬化専門外来を開設しています。
足が冷たい、足先の色が悪い、歩くと足がだるくなる(痛くなる)、足の傷が治らない、といった症状が気になったらぜひご相談ください。

末梢動脈疾患(PAD)は、動脈硬化によって動脈の内腔が狭くなったり、つまったりすることで血液の流れが悪くなり、「足の色が悪い」「歩くと足が痛くなる」といった症状が出現する病気です。高齢化や食生活の欧米化に伴い末梢動脈疾患の患者さんは増加しています。放置していると、下肢の壊死から下肢を切断しないといけなくなることもあり、早期の診断、治療が重要です。

末梢動脈疾患の患者さんは体全体(心臓・脳血管)の動脈硬化が進行していることも多く、足の血管だけでなく、全身の他の血管の動脈硬化の進行がないかを調べることが重要です。

【症 状】

 はじめは歩いた時に足の痛みやしびれを伴うようになりますが、歩くのをやめると症状はよくなります。ひどくなると、安静にしていても、しびれや痛みが出現するようになり、さらに潰瘍ができたり、壊死したりすることもあります。

【診断方法】

 足の動脈(そけい部、ひざ裏、足背)の脈を触れることで分かる場合もありますが、専門的には、下肢エコー検査、ABI検査、SPP検査、CT検査、MRI検査で総合的に評価を行います。

● 下肢エコー検査
● ABI
● SPP
造影CT
MRI

PTMC:経皮経静脈的僧帽弁交連切開術症例数

造影CT画像:左浅大腿動脈閉塞症例

【治 療】

 治療の基本となるのは薬物療法です。薬物療法としては、血管を拡張したり、血液を固まりにくくしたりすることで血液の流れの改善を期待する薬が使用されます。
 しかしながら、重度のPADに対しては、カテーテル治療またはバイパス治療が選択されます。

カテーテル治療についてはこちら

 末梢動脈疾患の患者さんは体全体(心臓・脳血管)の動脈硬化が進行していることが多く、これらの合併疾患が原因で死に至る場合が多いといわれています。そのため、当院では、足の血管だけでなく、全身の他の血管の動脈硬化進行がないか精査を行い、他の疾患(狭心症、心筋梗塞等)が見つかればそれらの治療を行い、また、動脈硬化進行予防のための生活習慣病コントロールを行っております。

重要なお知らせ

心臓CT検査の予約方法について

地域の心不全手帳

地域の心不全手帳

standing contents

マルチスライスCT

経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI、TAVR)

西部循環器プライマリーケアの集い

倉敷ゆかりの循環器研究会

心不全地域医療連携の会

循環器内科医を目指す皆さんへ

心臓血管外科ウェブサイト