文字サイズを変更する

文字サイズの変更方法

診療案内[get_image]
心臓病とその他循環器疾患

ペースメーカー治療

特殊なペースメーカ(ICD,CRT,CRTD)

CRT:心臓再同期療法

 現在、薬の治療によって症状の改善しない重症心不全に対しては心臓移植といった治療手段もありますが、臓器提供者の慢性的な不足等により進んでいなのが現状です。
このような状況下で重症心不全症状を改善する治療として心臓再同期療法 (CRT=Cardiac Resynchronization Therapy) があります。この治療は、(右心房と)右心室に加え、全身に血液を送り出す左心室にも、ほぼ同時に電気刺激を与えて心臓の機能を高めることで、①心不全の予防や改善、②生命予後の改善、③生活の質(QOL)の改善を目的としており、7割くらいの方で心機能の改善がみられます。

ICD:植込型除細動器

 さらにこの様な心機能が高度に低下した患者さんは、心室性不整脈を併せ持っておられることが多く、また致死的な心室性不整脈が出現することがあります。植込み型除細動器 (ICD= Implantable Cardioverter Defibrilator) は、突然死をもたらす重症の不整脈を治療するための体内植込型治療装置です。不整脈を予防するものではありませんが、自動的に不整脈を監視しすばやく発作に反応して治療を行い不整脈発作による突然死を防ぎます。

 2016年2月から皮下植込み型除細動器(S-ICD)を導入しています。従来の除細動器と異なる点は、心臓に直接触れることなく突然死の危険から身を守ることが可能になったことです。左側胸部に本体を入れ、皮下リードを前胸部に留置します。心臓に直接触れることなく、致死的不整脈を感知し、電気ショックを行います。ただし徐脈に対するペーシング機能はありません。植込み時のリード穿孔や慢性期のリード断線などのトラブルがありません。長期的にリードトラブルを経験しうる若年者の突然死予防(ブルガダ症候群やQT延長症候群)のみならず、今後は心筋梗塞や心筋症の既往のある患者さんに対する一次予防目的にさらに適応が広がることが予想されます。MRI撮像に条件付きで対応しています。

CRTD:両心室ペーシング機能付埋込型除細動器

 2006年8月より本邦でも両者の機能を持ち併せた両心室ペーシング機能付埋込型除細動器 (CRTD)の使用が可能となりました。本体は、数センチ大で(重さ約75g)電池とマイクロコンピューターが搭載されたチタンでできています。それにつながるリード線が血管(静脈)を通って心臓内にその先端が置かれ、心臓が発する電気情報を絶え間なく本体に送り、致死的不整脈の発作が起きたときには、本体からの電気刺激を心臓内に伝え治療を行います。そして正常な拍動を取り戻させる働きをします。当院ではこれらの特殊なペースメーカーの治療を現在のところ年間50例程度行っております。

検査・治療実績を見る>>

重要なお知らせ

心臓CT検査の予約方法について

地域の心不全手帳

地域の心不全手帳

standing contents

マルチスライスCT

経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI、TAVR)

西部循環器プライマリーケアの集い

倉敷ゆかりの循環器研究会

心不全地域医療連携の会

循環器内科医を目指す皆さんへ

心臓血管外科ウェブサイト