センターのご紹介
皆様へご挨拶 センターについて
homeトップページ > センターのご紹介 > センター長よりご挨拶

センター長よりご挨拶

ひとりひとりの現在と未来のために

所長 菊辻 徹疾患の早期発見を目的として始まった「健診」や「人間ドック」は、時代とともにその目的が変化し多様化しています。
健康寿命を延ばして充実した人生を送ることは大きな幸せであり、人々の切実な願いです。近年、医科学的なアプローチにより疾病や加齢に関する研究が進み、病気になりにくい身体づくりの方法や健やかに年齢を重ねるための方法が明らかにされつつあります。
膨大な情報が入手できる現代、健康に関する正しい知識を持ち、ご自身の健康状態を正しく把握することが大切であり、「健診」や「人間ドック」により、食事・運動・メンタルヘルスといった多角的な観点から詳しく健康状態を評価することで、健康維持や健康回復が可能です。

当センターは開設から約30年間、心身ともに健やかに過ごしていただけるように健康管理を行う「保健管理センター」として、皆様の健康維持に携わって参りました。
疾患に精通した医療スタッフが、精度の高い検査結果に基づいて「健康の専門家」として、ひとりひとりに最適な情報を提供いたします。また、大切な一日を快適に過ごしていただけるように事務スタッフは日々努力と工夫を心がけております。
時代のニーズに応えた新しい検査や健康指導の理論も積極的に取り入れて、この先もずっと、皆様の幸せのためにお役に立ちたいと願っております。

倉敷中央病院 総合保健管理センター
センター長 菊辻 徹


ページの先頭へ