文字サイズを変更する

文字サイズの変更方法

診療案内[get_image]
心臓病とその他循環器疾患

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査について

 心臓カテーテル検査とは、心臓にカテーテルという細い管をすすめておこなう検査の総称です。最近では、主として心臓の血管(冠動脈)をうつす冠動脈造影のことを示すようになっています。
心臓におけるカテーテル検査の歴史は、ドイツ出身のヴェルナー・フォルスマン博士(Dr. Werner Forssmann)が発端となります。1929年、若き外科医であったフォルスマン博士は、当時心臓用のカテーテルがなかったため、尿道用カテーテル(ネラトンカテーテル)を代用とし、みずからの左上腕静脈から右心房まで挿入したままレントゲン撮影室まで歩いていき、レントゲン写真を撮って心臓にカテーテルが入っていることを確認しました。また、圧の測定やX線不透過性色素を用い可視化させることも示したといわれています。これが人に対する最初の心臓カテーテル検査となります。
彼のこの一件は、当時無謀たるものと非難され病院を解雇されます。その後、ドイツ南西部で開業医として隠棲していた52歳のとき、1956年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。彼の偉業は、25年の月日を経て認められたのでした。

重要なお知らせ

心臓CT検査の予約方法について

地域の心不全手帳

地域の心不全手帳

standing contents

マルチスライスCT

経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI、TAVR)

西部循環器プライマリーケアの集い

倉敷ゆかりの循環器研究会

心不全地域医療連携の会

循環器内科医を目指す皆さんへ

心臓血管外科ウェブサイト