婦人科系を調べたい方へ

こんな方におすすめ

子宮頸がん検診

  • 20歳以上の女性
  • 一度も子宮頸がん検診を受けたことがない方

乳がん検診

  • 20~30歳代:乳腺超音波検査を中心に
  • 40~50歳代:乳腺超音波検査、マンモグラフィを交互に
  • 60歳代以上:マンモグラフィを中心に

 ※家族(特に母、姉妹)に乳がんになった方がいる場合は、併用をお勧めします。

婦人科MRI検査

検査項目 料金(税込)
婦人科MRI検査 24,200円

婦人科MRI検査

この検査は、MRIで女性の骨盤部(下腹部)を撮影し、子宮筋腫や卵巣嚢腫、卵巣腫瘍を見つけることができます(健診着を着たまま撮影します)。
また内診は行わないため、内診に抵抗がある方や痛みを伴う方は、こちらのMRI検査をお勧めします。

ただし、子宮頸部細胞診は行いませんので、子宮頸がん検診に替わるものではありません。
子宮頸がんを早期に見つける目的では、次の「子宮頸がん検診」をご受診ください。

※子宮へ医療器具(子宮内避妊具または月経過多、月経困難症、子宮脱などへの器具)を使用されている方、人工股関節置換術を受けられている方はお受けいただけません。ご了承ください。

※妊娠中、または検査当日に妊娠の可能性のある方はお受けいただけません。ご了承ください。

子宮筋腫

卵巣嚢腫

子宮頸がん検診

検査項目 料金(税込)
子宮頸がん検診(子宮頸部細胞診・経膣超音波・内診) 4,950円
子宮頸がん検診(子宮頸部細胞診・経膣超音波・内診)、ヒト・パピローマウイルス検査 9,350円
※セット価格

子宮頸部細胞診検査、経腟超音波検査、ヒト・パピローマウイルス(HPV)検査を行います。子宮頸がんの原因は、性交渉によるHPVの感染と言われています。

HPV検査はオプションです。

子宮頸部細胞診検査は、子宮の入り口である「子宮頸部」を専用のブラシでこすり、がん細胞がないか調べる検査です。痛みや出血を伴う可能性のある検査のため、不安な方はお気軽にスタッフにご相談ください。

※月経中の方はお受けいただけません。ご了承ください。

  • 不正出血・月経不順・下腹部痛などの症状がある場合はドックではなく婦人科を受診してください

検診台

乳腺超音波検査

料金(税込)
4,950円

乳房表面にゼリーを塗り検査をするため、圧迫する必要がなく、痛みはありません。
被ばくの心配もありません。小さなしこりの乳がんの検出に優れています。

乳がん

こんな方におすすめ

  • 乳腺量の多い方(マンモグラフィで高濃度・不均一高濃度の方)
    ※一般的には月経のある方。乳腺組織は年齢とともに脂肪に置き換わりますが、出産・授乳歴などにも影響されるため、年齢だけでは一概に言えず、個人差が大きいです。
  • ホルモン補充治療中の方

マンモグラフィ(乳房X線検査)

料金(税込)
4,950円

乳房を挟んでレントゲンを撮ります。乳腺をよく見えるようにするため、また被ばく量を抑えるために圧迫が必要です。そのため多少の痛みを伴うことがあります。
被ばく線量はわずかで、安全性は確立していますが、妊娠中の人は避けてください。

石灰化を伴う乳がんの検出に優れています。

こんな方におすすめ

  • 閉経後で乳腺が委縮し、乳腺の多くが脂肪に置き換わっている方
  • 乳房が大きく深部まで超音波が届かない方

※ペースメーカー装着、豊胸手術、V-Pシャント術後、妊娠中(可能性のある方含む)、授乳中の方は実施できません。