心臓を調べたい方へ

こんな方におすすめ

  • 家族に心臓の病気の人がいる 
  • 動脈硬化の危険因子のある方(肥満、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常、喫煙) 等
  • 心疾患は日本人の死亡原因の第2位をしめています。心不全(心臓の動きが弱った状態)は心筋梗塞などの虚血性心疾患、心臓弁膜症、高血圧症などで起こり、50歳代以降、年齢とともに増加します。症状がなくても心臓の動きが弱っていることがありますので、早期に発見して詳しい検査や治療を受けることが大切です。

心臓検査

 プレミアム心臓検査(MR・CT・エコー)  料金(税込) 
49,500円
 心臓検査(CT・エコー)          料金(税込) 
25,300円

心臓MRI検査

心臓MRIは心臓の冠動脈のほか、形態や機能を観察できるためスクリーニングに非常に有用です。
自由な方向から心臓を観察することができ、心エコーで問題となる骨や空気の影響を受けないため、最も正確とされています。 

  • 弁膜症や不整脈などがあれば、評価が不十分となることがあります。
  • 体内に金属器具を留置している方は、検査できない場合があります。

冠動脈

冠動脈の観察

機能の観察

機能の観察

心臓エコー(超音波)検査

超音波を利用して心臓の形態、動き、血流、弁を評価できる検査です。心不全、弁膜症、心筋症、先天性心疾患などの心臓の多くの疾患の評価が可能です。

冠動脈石灰化スコア検査(単純心臓CT)

冠動脈石灰化スコアは、冠動脈の動脈硬化度を測る指標です。造影剤を使用する事なく低被ばくで検査することができ、撮像時間もわずかです。心筋梗塞や狭心症など冠動脈疾患の将来的なリスクを評価する事が可能です。※現時点での冠動脈狭窄の有無を評価するものではありません。

  • 検査結果は循環器内科医が読影を行い、異常があれば倉敷中央病院で引き続き診療を受けていただきます。冠動脈の狭窄が疑わしい場合は、心臓CTやカテーテル検査など追加で検査や治療を要する場合があります。

BNP(血液検査)

料金(税込)
2,200円

BNPは心臓の動きが弱った時に心臓から分泌されるホルモンです。心臓の異常を自覚症状のない早期に発見し、より詳しい検査が必要かどうか判定するための血液検査です。心臓病に注意が必要な人は、血圧が高い方 、糖尿病の方 、タバコを吸う方 、脂質異常症と医師に言われた方 、ストレスが多いと感じている方 、近親に心臓病の人がいる方などです。

血液の検査により心不全の可能性の有無が把握できます。