薬剤部門

手術薬剤室

手術室において使用する医療用麻薬、筋弛緩薬、特定生物由来製品など医薬品の保管、管理を行っています。
また、当院では手術決定から退院まで、安全・安楽に医療を受けていただけるよう、周術期管理を多職種で構成されたチームで取り組んでいます。手術を控えた患者さんのための薬剤師外来を行っています。

 

手術薬剤業務

手術室において使用する医薬品の保管、管理を行っています。特別な取り扱いが必要な麻薬・毒薬・向精神薬などの保管、管理に積極的に関わり、手術に使用する注射薬のセット調剤や混注業務などを行っています。
手術センターでは、薬品管理としてリテラシステムの導入、麻薬オーダーシステムの導入など新規システムの導入にも積極的に関り、安全で効率よく業務が実施できるよう努めています。

周術期管理チームで薬剤師外来を行っています

当院では手術決定から退院まで、安全・安楽に医療を受けていただけるよう、周術期管理を多職種で構成されたチームで取り組んでいます。2017年2月から病棟薬剤室、薬品情報室が連携して、手術を控えた患者さんのための薬剤師外来が始まりました。面談を行い、手術前に中止するべき薬剤の確認はもちろん、服薬状況や薬に関する質問にも対応しています。