血液内科

血液を通して疾患を診るを理念に

血液内科では血液を通して疾患を診るという理念のもと、造血器腫瘍の治療、止血系の異常等すべての血液疾患に対して、造血幹細胞移植を含む診療に当たるとともに、アフェレシス治療に取り組み、輸血管理においても中心的な役割を果たしています。