腫瘍内科

診療科、職種を超えたがん診療を

がん診療は臓器ごとに分かれて行われていることが多いですが、治療は分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬など、臓器をこえて共通の治療があり臓器横断的な診療が必要となってきています。また、患者はがんによる症状、薬物の副作用、社会的精神的な不安があり、多職種で診療にあたる全人的医療が必要であると考えられます。そのため、診療科、職種を超えてがん診療にあたる必要があります。難渋するがん診療について多診療科、多職種によるカンファレンスを行い診療方針の決定を行っています。