薬剤部門

調剤室

外来・入院処方箋による調剤業務を行っています。あわせて外来患者さんへ薬の飲み方や注意点について説明を行ったり、飲みあわせ等の相談をお受けしたりしています。またデジタルサイネージによる薬剤情報の提供も行っています。

調剤業務

外来・入院患者さんにお渡しする薬を医師の入力した処方せんに基づいて、ここで調剤しています。
2012年10月より、電子カルテ内の情報を元に、各薬剤の処方内容の適切性を判断する、処方監査システムを独自に開発し利用したり、自動散薬調剤ロボットを導入することにより、患者さんにとってより安全で、安心して服用・使用していただけるようになりました。また、処方せんに疑問点があれば積極的に医師に確認することを行っています。

調剤室 自動散薬調剤ロボット

ISGインストラクターによる在宅自己注射指導

※ ISGインストラクターとは、当院独自の職種です。
I(Insulin:インスリン)、S(Self Monitoring Blood Glucose:自己血糖測定)、 G(Growth Hormone:成長ホルモン)

入院・外来での在宅自己注射専門に指導をする看護師として、医師の指示の元で指導を行っています。特に、初回導入時の指導を担当しています。
診察日に関係なく、平日時間内及び祝日ではない土曜日の午前中は、手技について疑問点等あれば、その都度対応を行っています。
詳しくはこちらをご覧ください。

最近は、高齢の方も多く、安全・確実にご自宅で自己注射薬をご使用いただけるように努めています。

外来患者さんへの説明・相談受付

おくすり相談室では、外来患者さんに対して、抗がん剤や医療麻薬など特に服用時注意しなければならないお薬の説明や、初めて使用する吸入薬などの使用説明、お薬に関する相談を受け付けています。また、「おくすり手帳」に貼る専用シールを発行しており、自己管理、薬歴、重複投薬、相互作用などのチェックに役立てていただいています。なお、当院では「電子版おくすり手帳」に対応し、お薬説明書にQRコードを掲載しています。

電子版おくすり手帳に関して詳しくはこちらをご覧ください。

DOTS(直接服薬確認治療)への取り組み

結核の患者さんが主治医から指示された治療を規則的に継続するために、「岡山晴れ晴れDOTS手帳」を用いたDOTSに取り組んでいます。おくすり相談室では、「岡山晴れ晴れDOTS手帳」、お薬の空シート、あれば残ったお薬を持参していただいて確認を行い、面談時に副作用モニタリングなども行っています。

デジタルサイネージによる薬剤情報の提供

患者さんに向けて、外来のお薬窓口にある液晶モニターにて、お薬の情報を提供しています。
上映しているお薬の情報の一例です。

デジタルサイネージによる薬剤情報の提供

残薬削減への取り組み

薬の飲み残し(残薬)に着目することにより、適切な薬物療法を提供するとともに医療費の適正化に取り組んでいます。お薬窓口に余った薬を持参いただき、主治医へ情報提供すると共に、なぜ薬が余るのかを患者さんと薬剤師が一緒に考え、残薬削減へ向けてご提案しています。

残薬削減への取り組みに関して詳しくはこちらをご覧ください。