薬剤部門

薬品情報室

薬品情報室は、倉敷中央病院における医薬品情報の中心的役割を担っています。医薬品情報の収集、調査、整理、評価ならびに提供、院内採用医薬品の副作用情報などの収集・調査を行っています。

医薬品に関する情報の収集・評価

薬品情報室薬品に関する情報(添付文書の改訂、安全性情報など)を日々収集、調査、整理し、膨大な量の情報の中から重要性・必要性等を評価し、情報が的確に伝わるよう適宜加工して提供を行っています。

MR(医薬品情報担当者)との医薬品情報の共有にはDR.JOYシステムによるアポイント制度を導入しています。本院における医薬品情報の提供活動は常に公正に、常に良い時期に、常にもっとも適正な医薬品情報を提供・収集・伝達することを目的としています。そのため、情報通信技術(ICT)を積極的に利用し、セキュリティーレベルを高めつつ、時間をうまく使い効率を高め、より質の高い情報提供をお願いしています。

院内採用医薬品の副作用情報などの収集・調査

病棟薬剤室や調剤室などと協力して、院内採用医薬品の副作用情報などを収集・調査し、有害事象のモニタリングや、リスク最小化活動を行っています。

情報の提供

薬剤師や医師・看護師に、副作用の情報、適正使用に関する情報などを提供しています。採用薬情報、副作用情報、安全性情報などについて、院内に定期的に発信しています。

医薬品に関する問い合わせ対応

医師や看護師などの医療スタッフからの医薬品に関する問い合わせに対応しています。