放射線センター

一般撮影室

検査概要

一般撮影室の検査は、胸部、腹部、四肢骨、関節、頭、鼻、耳などを主とした一般撮影と、病棟でのポータブル撮影、乳房撮影、骨塩定量、手術室でのポータブル撮影など一日に約600件の撮影をしています。効率的な運用により、可能な限り患者様の待ち時間が短縮するように日々つとめています。
X線を使用した検査になるので放射線被ばくが気になりますが、一般撮影では大変少ない線量を用いて検査を行っていますので、撮影による身体への影響はありません。
撮影についての疑問やご心配事、質問等がございましたら、どうぞ遠慮なく、診療放射線技師にお尋ねください

単純X線撮影

X線写真を撮影することで、骨や関節の状態、肺やお腹の中の様子を知ることができる検査です。

近年、画像は全て電子化されており、患者様の被ばく低減が可能となっています。撮影の際は、同じ部位に対して様々な角度・姿勢で撮影を行います。また、息止めをお願いする場合がありますのでご協力お願いします。

単純X線撮影に関するお願い・注意事項

ご注意ください

1.撮影する範囲にメガネ、ネックレス、ピアス、補聴器、入れ歯、ブラジャー、ボタン、湿布、カイロ、エレキバン、服のプリント、チャック、鍵など、画像に写りこんでしまうものがあると診断に支障をきたす恐れがあるため外していただきます。厚手の服や襟も支障をきたす恐れがありますので、撮影する部位によっては検査着に着替えていただく場合があります。円滑な検査のため、事前に撮影部位にボタン・金具等がないようにしていただけると幸いです。

【ブラジャー、服のプリントが写りこんだ胸部画像】

2. 妊娠中または妊娠の可能性がある場合は診察時にお知らせください。

マンモグラフィ

乳癌に伴う石灰化や腫瘤などの病変を診断するために、X線を用いて乳房の撮影をします。撮影する際は、乳房を圧迫固定して撮影するため、個人差はありますが痛みを伴う場合があります。正確な診断のために必要な手技ですのでご理解とご協力をお願いします。撮影はマンモグラフィ撮影認定技師が中心となり女性が担当しています。

マンモグラフィに関するお願い・注意事項

ご注意ください

ペースメーカー装着者、V-Pシャント・CVポート、豊胸術後の方、授乳中の方、めまい・貧血がある方、以前の検査時に気分不良となった方は、検査前に担当の放射線技師にお申し付けください。

骨塩定量

X線を利用して骨密度を測定する検査です。寝台に仰向けで寝ていただき、主に腰椎・股関節で測定します。骨粗しょう症の診断・経過観察や治療判定に用いられます。

骨塩定量測定に関する注意事項

ご注意ください

  1. 撮影する範囲にブラジャー、ボタン、湿布、カイロ、エレキバン、服のプリント、チャック、鍵など、写真に写りこんでしまうものがあると診断に支障をきたす恐れがあるため検査時は外していただきます。厚手の服や襟も支障をきたす恐れがありますので、検査着に着替えていただく場合があります。
  2. 身長・体重、利き手、腰椎・股関節などの撮影範囲に含まれる部位の手術歴をお尋ねする場合がありますが、検査に必要な事項ですのでご理解とご協力お願いします。
  3. 妊娠中または妊娠の可能性がある場合は診察時にお知らせください。

ポータブル撮影

撮影室まで来られない病棟の患者様のところまで、移動型の装置を持っていき主に胸部・腹部の撮影を行います。当院では、病棟別に計11台のポータブル撮影装置が稼働しています。

検査の流れ

  1. 入室
    お名前を呼ばれた検査室に入室し、受付票を担当の診療放射線技師にお渡しください。氏名、生年月日、撮影部位等を確認させていただきますのでご協力ください。

  2. 検査の様子検査
    診療放射線技師が患者様の身体を確認しながら撮影の姿勢になっていただきます。少し辛い体勢もありますが、診断に有用な画像を撮影するためですので、ご理解、ご協力お願いします。できるだけ楽に検査を受けていただけるよう努めますので、触ると痛みがある、指示された姿勢を保つのが難しい場合などは、遠慮なく担当の診療放射線技師にお伝えください。
  3. 退室
    撮影終了後、お渡しするものはございません。身支度がお済になったら、お忘れ物がないようにしてご退室ください。